風雲児たち~蘭学革命篇(ドラマ)のキャストと登場人物は?配役も気になる!



三谷幸喜さんのドラマが、
NHKで制作されます!!

パチパチパチ〜!!

題名は
『風雲児たち~蘭学革命(れぼりゅうし)篇~』です。

原作は、
みなもと太郎さんのギャグ漫画です。

三谷さんの笑いのエッセンスで、
原作の笑いがどのように昇華するのか
楽しみです〜

キャストは、
『真田丸』で重要な役を演じた俳優さんたちが、
並んでいます!

登場人物と配役が、
とっても気になります〜!!

ものすごい期待しているので、
絶対それ以上のものを見せて欲しい!!

ハードルをあげまくります!

ブブカが飛ぶ
高飛びのバーくらいに!!

スポンサーリンク



風雲児たち蘭学革命のキャストと登場人物


原作の漫画
『風雲児たち~蘭学革命(れぼりゅうし)篇~』は、
歴史に登場する人物を
ステレオタイプなイメージから
逸脱した描き方をしています〜


ギャグ漫画ですしね〜


世間のイメージを打ち破る
登場人物とキャストには、
注目せざるを得ません!!!


今回は蘭学書「解体新書」の刊行にまつわるお話になるようです〜


前野良沢:片岡愛之助


前野良沢(まえの りょうたく)は、
1723年(享保8年)に生まれ、
1803年11月30日(享和3年10月17日)に没した
蘭学者です。


1774年(安永3年)に刊行した
「解体新書」の翻訳者です。


演じるのは、
片岡愛之助さん。


真田丸では、
石田三成の唯一の忠実な友であった
大谷刑部を熱演しました。


真田幸村の義理の父でした〜


杉田玄白:新納慎也


杉田玄白(すぎた げんぱく)は、
1733年10月20日(享保18年9月13日)に生まれ、
1817年6月1日(文化14年4月17日)に没しました。


蘭学医で、
若狭国小浜藩医でした。


「解体新書」の刊行したことで、
超有名です!


江戸時代のスタードクターなんでしょうね、たぶん。


演じるのは、
新納慎也さんです。


『真田丸』では、
叔父から認められたいという重圧に負けてしまった
豊臣秀次役でした。


今回は、
ちゃっかりした役??


楽しみです〜


関連記事: 新納慎也の出身地や高校は?彼女や結婚は?ブログは?先祖は武士!


平賀源内:山本耕史


平賀源内(ひらが げんない)は、
1728年〈享保13年〉に生まれ、
1780年1月24日〈安永8年12月18日〉に没しました。

平賀源内は、
江戸時代の大スターです。


彼の職業は、
本草学者(薬学者の一種)、
地質学者、
蘭学者、
医者、
殖産事業家、
戯作者、
浄瑠璃作者、
俳人、
蘭画家、
発明家
です。。。


どんだけ〜!

何でもできる人ですね!


演じるのは、
山本耕史さんです。


・・・・平賀源内の何でもできちゃうところが、
山本さんと重なる・・・


『真田丸』では、
クールで不器用な石田三成を演じました。


石田三成像が変わりましたよ〜


田沼意次:草刈正雄


田沼意次(たぬま おきつぐ)は、
1719年9月11日(享保4年7月27日)に生まれ、
1788年7月27日(天明8年6月24日)に没しました。


緊縮財政から、
商業資本を重視した政策をとりました。


一時
田沼時代と言われるほどの権勢を誇りました。


賄賂が横行した時代でもあったようです。


演じるのは、
草刈正雄さんです〜!


『真田丸』では、
幸村の父、真田昌幸でした!


存在感が大きかった〜


今、超売れっ子ですよね〜


とにかくカッコいい!!


関連記事: あさイチに出演の草刈正雄の若い頃は超イケメン!妻は大塚悦子


以上の4名は、
2017年8月16日時点で
発表になっているキャストです。


他にも、
原作には、
次のような方達が登場するらしいです!

中川淳庵

桂川甫周

小田野直武(小田野武助)

司馬江漢(鈴木春重)

大槻玄沢

林子平

高山彦九郎

工藤平助

青島俊蔵

最上徳内

松平定信

大黒屋光太夫

キリル・ラクスマン

アダム・ラクスマン

ベニョヴスキー

ツンベリー


うーーん、
誰が演じるのだろう??


楽しみです!

風雲児たち~蘭学革命篇の放送日


三谷幸喜さんの新作ドラマ
『風雲児たち~蘭学革命篇』は、
2019年お正月に放送されることが
発表になっています。


正月時代劇です!



風雲児たちー蘭学革命編イメージ画像



放送が、
1日だけなのか、
数日に渡るのかはまだわかりません。


とにかく楽しみ過ぎて、
これから出てくる情報を逃さないように
頑張っていきます〜


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。