立花陽三の妻や結婚は?独身?経歴や大学も気になる!



立花陽三さんは、
東北楽天ゴールデンイーグルスと
楽天ヴィッセル神戸の代表取締役副社長です。

ヴィッセル神戸は、
2017年8月17日のデイリースポーツで、
立花副社長が
社長へ昇格する見通しと報道されました。

立花さんは、
証券マンから
球団社長へ転身した方です。

経歴や大学が気になります〜

また、
ご結婚されているのかも気になりますね〜

立花さんは、
セレブですからね!

妻はいるのでしょうか?

それとも独身なのか、
調べてみました〜

スポンサーリンク



立花陽三の経歴や学歴


立花陽三(たちばな ようぞう)さんは、
1971年1月10日生まれです。


出身地は東京都です。



立花陽三画像



職歴


大学卒業後は、
外資系の証券会社を渡り歩きました。

1994年 ソロモンブラザーズ証券会社〜

〜ゴールドマン・サックス証券株式会社〜

2010年 メリルリンチ日本証券株式会社 
  債券営業統括本部長

2011年 メリルリンチ日本証券株式会社
  常務執行役員に就任

2012年8月1日、
東北楽天ゴールデンイーグルス球団社長に就任しました。


2015年3月13日、
サッカーチーム「ヴィッセル神戸」の代表取締役副社長に就任。


2017年にヴィッセル神戸の社長へ就任??


それにしても、
華々しい経歴ですね〜


楽天ユニフォーム〜渋い!






外資系証券会社を渡り歩くのは、
証券マンとしては、
普通のことだそうです。


夫の知り合いの人が、
証券マンで、
そのように言っていました。


どこで働くかは、
報酬によるのだそうです。


年収が億単位の人も多いらしいですよね〜


2012年に山岸舞彩さんの彼氏ではないか
と噂されていた時には、
メリルリンチ証券の常務取締役で、
そのときに、
マンションを一棟買いしていたと
報じられていました。。。


すごい〜〜!!


学歴


立花陽三さんの出身中学・高校は、
成蹊中学校・高等学校です。


立花さんの父親の母校だそうです。


1990年に慶應義塾大学総合政策学部に入学しました。


AO入試第1期合格者でした。


成蹊高等学校時代からラグビーをはじめました。


できる人は何でもできるという方程式通り、
高等学校日本代表候補選手に選ばれたこともあります。


慶應義塾大学では、
ラグビー部に所属し、
バックスプレイヤー(スタンドオフ)として、
活躍しました。


証券マン時代にも、
1999年に慶応大学ラグビー部のコーチに
就任していました。


オールマイティーですね!!!

スポンサーリンク



立花陽三の結婚・妻


立花陽三さんが、
結婚しているか、
独身なのかは、
大勢が関心を持っています。


若いセレブエグゼクティブですから
当然です!!


調べてみたのですが、
結婚しているとの情報はなく、
ツイッターなどを見ても、
片鱗もありませんでした。


2012年にマンションを一棟買ったという
記事の中では、
「独身貴族」とされていました。


5年も前ですが、
その時点では独身だったようです。


2017年8月時点で46歳です。


ここまで独身だと、
結婚するのには、
なかなか踏ん切りがつかない気がしますね。。


どうなんだろう??


立花さんのヴィッセル神戸の
社長就任と同じように
気になります〜


新たな情報を求めます!!!




スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。