ルイスネリーの経歴や身長は?妻(嫁)や子供はいる?家族も気になる!



ルイス・ネリーさんは、
WBCバンタム級のボクサーです。

山中慎介さんに
タイトルマッチで勝利しました。

なんとそのルイス・ネリーさんが、
ドーピング検査でひっかかったとの報道がありました。

まだ調査は続いているようですが、
どうなってしまうのでしょうか?

そこで、
ルイス・ネリーさんの経歴を調べてみました。

気になります!!

また、
家族や、
妻や子供についても調べてみました〜

どんな人なのでしょう??

スポンサーリンク



ルイス・ネリーの経歴


ルイス・ネリーさんは、
フルネームだと
Luis Esteban Nery Hernández
という名前です。


ただ「Box Rec」という
ボクシングの情報サイトには、
「Hernández」という苗字はついていませんでした。


登録する時つけないことにしたのかもしれないですね〜


ルイス・ネリーさんの生年月日は、
1994年12月12日です。


2017年8月時点で、
まだ22歳です。


これからもっと強くなりそうです。



ルイス・ネリー画像




出身地は、
メキシコのティファナです。


アメリカとの国境の街ですね。


ルイス・ネリーさんが、
ボクシングを始めたのは、
14歳の時でした。


2008年頃でしょうか。。


17歳で
アマチュアとしてリングに上がりました。


アマチュアとしての戦績は、
3ヶ月で9勝(5KO)0敗でした。


そのままプロボクサーになりました。


2012年5月5日の
プロのデビュー戦は
同郷の選手と対戦して
TKO勝をしています。


ざっと
戦績を見てみると、
ルイス・ネリーさんの対戦相手は、
山中慎介さん以外は、
すべてメキシコ人でした。


メキシコは、
ボクシングが盛んなんですね。










そういえば、
亀田三兄弟の末っ子の和毅さんは、
メキシコ人の元ボクサーの女性と結婚しましたよね〜


メキシコは、
格闘技が好きな国なんですね。。


話をルイス・ネリーさんに戻します〜


ルイス・ネリーさんの戦績は、
24戦24勝で
そのうちKO勝が18試合もあります。


破壊力があります!!


ただ、
このうちの1勝、
山中慎介さんとの試合は、
冒頭で述べた通り、
薬物検査の結果で変わるかもしれません。


続報が待たれます〜


スポンサーリンク



ルイス・ネリーの家族・妻や子供


ルイス・ネリーさんの周りでは、
父と叔父がボクサーだったそうです。


その影響も多少あり、
子供の頃からボクシングの試合を
テレビで見たりしているうちに、
ルイス・ネリーさんは
ボクサーに憧れを持ちました。


妻や子供については、
まったく情報が無いので、
まだいないのではないかと思います。


チャンピオンになったので、
そろそろしようかな〜
と思っている相手はいるかもしれませんね。


今回ドーピング検査で
ひっかかってしまった薬物は、
ジルパテロールです。


この薬物は、
家畜を太らせる目的で使われる薬だそうです。


人間が服用すると、
心拍数を増加させる効果があるそうです。


メキシコのアスリートはよく使う薬だとか・・・


ただ、
ルイス・ネリーさんが、
故意に服用したのか、
ジルパテロール入りのえさを食べた
牛肉を知らずに食べたのかは、
まだ不明・・・


WBCによって再検査が行われる予定です。


山中慎介さんの負け方にも
賛否両論があり、
騒動になっている試合だけに、
なんとも複雑な気持ちになります。。


今後も気になります〜


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。