中曽根康隆と櫻井翔は慶應の同級生!?他には誰がいる?


中曽根康隆さんは、
元総理大臣の中曽根康弘さんの
お孫さんです。

父親は、
参議院議員の中曽根浩文さんです。

康隆さんは、
幼稚舎から大学まで、
慶応義塾大学です。

実はなんと、
嵐の櫻井翔さんと
同級生なのです!!

さすが慶應、
同級生もただの人ではない!!

櫻井さん以外にも、
慶應の同級生で
有名人はいるのでしょうか?

気になります〜

康隆さんが、
選挙に出馬した時には、
応援に来たりして!?

調べてみました〜

スポンサーリンク



中曽根康隆と櫻井翔は同級生


中曽根康隆さんは、
1982年1月19日生まれ。


櫻井翔さんは、
1982年1月25日生まれ。


生まれた日がすごい近い〜


2人とも幼稚舎から慶應に通っていました。


しかも、
櫻井さんは、
出生地が群馬県前橋市なんですよね〜


中曽根一族(?)の地盤も、
群馬県です。


群馬県つながりがありますね〜




中曽根康隆画像




慶應って、
エスカレーター式なんですが、
進級するのは、
大変のようです。


それなりの成績を取れなくて、
中学から高校に上がれない人もいるそうです。


なので、
ただいればいいと言う訳ではなく、
しっかり勉強していかないといけないのです!


よく中高一貫校だと、
高校からはいってきた生徒の方が、
受験勉強してきたので、
成績が良いなんて言いますよね。


確かにそういう部分もあるらしいですが、
とはいえ、
成績が悪ければ、
ふるいにかけられるということも
事実です。


ですが、
開成高校は、
逆だと聞きました。


公立校から開成高校へ進むと、
在学生との成績の差を埋める為に、
新入生は、
ものすごく勉強をさせられるらしいです。


学校にもよりますね〜


さて、
中曽根さんと櫻井さんの
大学の専攻についてです。


中曽根さんは、
法学部法律学科です。


櫻井さんは経済学部。


どちらも卒業するのは大変ですが、
特に法学部法律学科は、
下から進めるのは、
一握りのひとだそうです。


アイドルしながら、
慶應卒となった櫻井さんってすごい!
と思ってましたけど、
中曽根さんも、
さすがにすごいですね〜


かっこいい!!


ちなみに、
卒業後、
櫻井さんがトップアイドルへまっしぐらの時、
中曽根さんは、
コロンビア大学大学院で、
小泉進次郎さんと出会っています。


小泉進次郎さんは、
1981年4月14日生まれで、
同学年なんですよね〜


セレブの交友関係って、
すごいなあ〜


スポンサーリンク



中曽根康隆の同級生


櫻井翔さん以外の
中曽根康隆さんの同級生について
調べてみました。


ですが、
櫻井翔さんの慶應の同級生は出てくるものの
中曽根康隆さんと
知り合いなのかは、
はっきりわかりませんでした。


すみません・・・


ですが一応、
櫻井翔さんの同級生として
知られている方を列挙してみます。


赤萩歩


TBSのアナウンサー
赤荻歩(あかおぎ あゆみ)さんは、
1981年8月5日生まれです。



赤荻歩画像



学歴は、次の通りです。

横浜国立大学教育学部附属横浜中学校

〜慶應義塾高等学校

〜慶應義塾大学法学部


法学部が、
中曽根康隆さんとかぶっているので、
赤荻さんは、
一緒に学んでいた可能性が大きいですね。


うーん、気になる!


広瀬俊明


廣瀬俊朗(ひろせ としあき)さんは、
ラグビー日本代表の選手です。


1981年10月17日生まれです〜



広瀬俊明画像



広瀬さんは、
大阪府吹田市出身で、
ラグビーの推薦で、
慶応大学理工学部に進学しました。


なので、
中曽根康隆さんとは、
ちょっと接点がなさそうです。


残念!


斉藤舞子



斉藤舞子(さいとう まいこ)さんは、
フジテレビのアナウンサーです。


私が櫻井翔さんの同級生として、
一番最初に知った人物です〜


1981年5月2日に生まれました。



斉藤舞子画像



慶応義塾湘南藤沢高等部

〜慶応義塾大学経済学部

に進みました。


中曽根康隆さんとは
慶應でも高校が違うし、
大学は学部が違うので、
知らなそうですね〜


それにしても、
さすが慶應大学だけあって、
活躍している人が多いです。


中曽根康隆さんは、
政治家を目指す
これからの人です!!!


夢が叶うと良いですね!


関連記事: 中曽根康隆のプロフィールや経歴は?結婚相手や彼女はいる?イケメン!


関連記事: 中曽根康隆は山本一太のせいで政治家になれない?選挙区はどこから?


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。