陸王のこはぜ屋のモデル企業は「きねや」!他にもあるのか検証!


TBSで放送されるドラマ『陸王』の
情報がちらほら流れてきています!

『陸王』の主人公が経営している会社
「こはぜ屋」には、
モデル企業があります。

それは、
「きねや」です。

こはぜ屋と同じように、
足袋屋さんなんですよね〜

ちょっと気になったのが、
モデルが「きねや」だけなのか
ということです。

小説にするには、
いろいろな要素が必要なので、
他にもモデルにした
企業があるのではないかと考えました。

そこで、
検証してみました〜

スポンサーリンク



陸王のモデル企業:きねや


陸王の「こはぜ屋」のモデル企業が「きねや足袋」
と言われている理由は、
こはぜ屋ときねや足袋に共通点が多いからです。



こはぜ屋イメージ画像



きねや足袋は、
地下足袋風のランニングシューズ「MUTEKI」を
販売しています。


そもそも老舗の足袋屋さんですし。


さらには、
2012年11月に池井田潤さんが、
きねやに取材に訪れています!


⇒ きねやブログ:NEWS


これはもう間違いない!!


きねや足袋が、
ランニングシューズを発売することを知って、
小説のヒントを得たのだ!!!
と思ったのですが、
そこのところは違いました。。


スポンサーリンク



陸王のアイディアはどこから



2016年7月24日付けの
週刊文春の作家インタビューで、
池井田潤さんは、
『陸王』誕生秘話を語っていました。


そもそもは、
走る民族と言われている
中米のタラウマラ族に関する本を読んだことから始まります。


このタラウマラ族については、
NHKでドキュメンタリーを放送していて、
たまたま見たので、
私は知っていました。


その人たちは、
ワラーチというゴムのサンダルを履いて、
山を走り回ります。


タマウラ族を紹介した本
『BORN TO RUN』の中には、
5本指スニーカーが出てくるのだそうです。


これって、
『陸王』で
主人公の宮沢紘一が、
娘のスニーカーを買う時に見かけたスニーカーですよね〜


池井田さんは、
このスニーカーを知った時に、

日本には地下足袋がある〜

足袋屋さんがランニングシューズを作る物語もありだよね〜

と雑談で盛りあがったそうなんです。


そこから、
連載が決まりました。


連載が決まってから、
池田さんは、
きねや足袋に取材に行きました。


実は本当に偶然に、
きねや足袋は、
足袋形スニーカー(地下足袋風?)
を密かに開発中だったそうです!!



現在は大ヒット商品!



値段も手頃だし、
欲しくなってしまった〜






池井田さん、
むちゃくちゃ感度が良いですね〜


鼻が効くと言うのか・・


こはぜ屋のモデル企業は、
きねや足袋なのですが、
発祥は
タラウマラ族発祥でした〜


ワールドワイドです〜

こはぜ屋には別のモデルもあった?


実は、
きねや足袋の前に、
世界を席巻したランニングシューズを開発していた
足袋屋さんがありました。


それは、
「カナグリシューズ」で有名な
「播磨屋(はりまや)」でした。


この播磨屋は、
バブル期に本業以外に手を出して、
いつの間にかつぶれてしまったそうです。


ですが、
オリンピックでも、
優勝するほどの靴でした。


実業団「東京電力の駅伝チーム」の監督の
谷口浩美さんも、
「カナグリシューズ」の愛用者だったそうです。


こはぜ屋のモデルには、
播磨屋のエッセンスも入っているかもしれません。


アシックスは、
播磨屋とライバル企業だったそうですが、
アシックスはスター選手に
シューズの提供して、
知名度をあげていったそうです。


その戦略は、
播磨屋を妨害している感じにも
みえなくもないかも??


まあ、
あからさまな妨害などはなかったはずですが。


播磨屋のマラソンシューズについて
語っているサイトがありましたので、
リンクします〜


なんか感動します!


参考⇒ オリンピアンサンワーズ二代目店主、川見充子 ハリマヤを語る


すばらしい熱意と洞察を持った企業が、
日本にはいくつもあったんですね〜


励みになります!!


関連記事: 陸王のモデル企業のアシックスはアトランティス!妨害とは?

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。