気になることいろいろブログ

気になる話題を紹介します。

エンターテイメント

山田涼介がハガレンの実写化映画で主役エドワード役!ディーンも共演

大人気コミック『鋼の錬金術師』(ハガレン)が、映画で実写化されることになりました!
主役エドワードは、Hey! Say! JUMP!の山田涼介くん!エドワードの設定がまさに山田くんなのか!?

Sponsored by

鋼の錬金術師とは


鋼の錬金術師とは、荒川弘さんによる漫画作品です。
2001年8月号から2010年7月号まで、「月刊少年ガンガン」に連載されました。

単行本は全27巻発売されています!
世界21カ国で発売されているという大ヒット漫画です!

19世紀の産業革命時代をモチーフにしたファンタジーです。

あらすじは、次の通り。

幼い頃、母親亡くした兄・エドワードと弟・アルフォンスは、母親を生き返らせようとして、人体錬成を行ってしまう。
それは、錬金術における禁忌であった。
しかし錬成は失敗。
エドワードは左脚を、アルフォンスは身体全てを失なった。
エドワードは自身の右腕を代価として、アルフォンスの魂を鎧に定着させた。
その後、エドワードは自分の右腕と左脚に機械鎧(オートメイル)を装着して仮の手足とした。

12歳のエドワードは国家錬金術師となり、二つ名「鋼」を授けられた。
そして、元の体に戻るため、弟アルフォンスと絶大な力を持つ賢者の石を探す旅に出た。
しかし、旅先では数々の試練や敵が現れる中、エドとアルは元の体に戻る方法を探し続ける。


壮大なストーリーです!!

山田涼介演じるエド


ハガレンの主役エドは、原作者の荒川さん曰く、
「豆粒ドチビのすぐキレる主人公」
なのだそう・・・。

演技力に定評のある山田くんが、どんな風に演じるのか今から興味津々です!

ハガレン・エド画像


さらに、アクションについては、スタント無しで演じるとのこと。

そもそもキレッキレでカッコよくダンスができる山田くんが、さらに自身を鍛え上げて撮影に臨むそうです!

山田くんのこの役への期待感が感じられて、こちらも勝手に期待感が増します!
楽しみ!!!

ちなみに、アルフォンソ役は、誰がやるのか以前にどのように表現するかも、現時点では秘密だそうです。

共演者は大人気役者ばかり!

超人気のディーン・フジオカさんが、エドとアルの良き理解者マスタング大佐を演じます!
ディーンさんも、身体を一回り大きくするよう鍛えるそうです。

映画の中で、みんなムッキムキになっているかもしれない?!
楽しみですね!

Sponsored Link

-エンターテイメント