刑事ゆがみのロケ地:警察署(うきよ署)の屋上の場所はどこ?


ドラマ『刑事ゆがみ』で、
弓神刑事と菅能課長が
屋上で休憩しているシーンは
いいシーンでした。

2人の関係性が
ほんのちょっとだけ見えるのが
いいです。

その屋上はどこにあるのか気になりました。

海や工業地帯のような景色が見えて、
印象的です。

ロケ地はどこなのでしょうか?

気になります!

スポンサーリンク



刑事ゆがみの警察署の屋上のロケ地


弓神刑事と菅能課長が
休憩していたのは、
うきよ署の屋上です。


近くに視界を遮るものが無くて、
海の景色がよく見えます。


刑事たちが
休憩するには持ってこいの屋上ですね。


このロケ地はどこなのでしょうか?


調べてみましたら、
神奈川県横浜市にある
「想像空間 万国橋SOKOビル」

の屋上だとわかりました。


刑事ゆがみ屋上画像
(刑事ゆがみの屋上シーン)


もともと倉庫だった建物を
横浜市が推進している
「創造界隈」事業の一環で
リノベーションし、
学校やデザイン事務所などが
入居する建物にしました。


オープンしたのは、
2006年です。


オープンしたときに入居していた
会社の1つに
NHKのキャラクターの
どーもくんのアニメを作っている
有限会社アイトゥーンも
入っていました。


2016年までは、
入居していましたが、
今は移転したそうです。



「想像空間 万国橋SOKOビル」は、
創造性を考えて
リノベーションしているためか
映像映えする建物のようです。


ですから、
ドラマのロケにも、
よく使われているそうです。


住所は、
神奈川県横浜市中区海岸通4-24
創造空間万国橋SOKO。


電車でいく場合は、
みなとみらい線「馬車道駅」で降りてから
徒歩3分です。


ちなみに、
みなとみらい線は、
横浜駅から元町・横浜中華街駅までを結ぶ
路線です。


みなとみらい線の駅周辺は、
港町横浜の雰囲気を残しています。


その辺りの雰囲気って、
現実と虚構が入り交じったような
気分になるところですよね。


それをドラマのフレームに入れると、
なんともいえない
独特な雰囲気になると思います。


インスタ映えもするのではないかと思います。


スポンサーリンク




弓神刑事と菅能課長の関係


『刑事ゆがみ』の第3話から
弓神刑事と菅能ねえさんの
ツーショットのシーンが
ちょくちょく出てくるようになりました。


2人は、
同期なのに、
上司と部下という関係です。


菅能課長は、
弓神刑事の推理力や
事件に対する信念を
絶対的に信頼していると思います。


捜査の時に、
弓神刑事の推理を待っているような
感じがありますから、
そう思うのですが。


一方の弓神刑事も、
菅能課長のまじめさや
やさしさを信頼しているのではないかと思います。


この関係があるから、
菅能課長は、
弓神刑事に蹴りを入れることが
できるのでしょう。







菅能ねえさんの靴は、
シンプルな黒の靴。


靴底がフラットではなくて、
ヒールがあるので、
蹴られたら結構いたいと思うのですが、
どうなんでしょう??


私は菅能キックを受けたくないですが、
ちょっとうらやましいと思う人もいるかもしれませんね。


怒り半分、愛情半分の
菅能キックをするには、
うきよ署の屋上は適当な場所だと思います!


関連記事: 刑事ゆがみの刑事課長の菅能理香の役の女優は誰?


関連記事: 刑事ゆがみ(ドラマ)の登場人物とキャストが気になる!配役の一覧は?

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!