トランプ大統領が米軍から贈られたジャンパーのブランドと価格は?


トランプ大統領は、
横田基地に大統領専用機の
エアフォースワンで降り立つと、
基地や自衛隊の関係者の前で
演説しました。

その時に、
アメリカ軍から、
ジャケットを贈られました。

すぐにジャケットを着た
トランプ大統領ですが、
似合ってましたね。

長身で姿勢の良いからでしょうね。

そのアメリカ軍のジャケットが
気になったので、
調べてみました。

スポンサーリンク

トランプ大統領が米軍にもらったジャンパー

トランプ大統領が
横田基地で贈られたジャンパーを調べてみましたら、
フライトジャケットだということがわかりました。

牛革製のジャケットで、
A-2ジャケットといいます。。

アメリカ軍のパイロットにとっては、
着ることで連帯感や
誇りを感じるジャケットのようです。

トランプ大統領ジャケット画像

A-2フライトジャケットとは、
第二次世界大戦中の
アメリカ陸軍パイロットや搭乗員が着た
軍用フライトジャケットでした。

兵士たちは、
自分のジャケットにエンブレムを縫い付けたり、
背中に絵を描いたりして、
飾っていました。

自分の戦闘機に絵を描いていた
人たちもいたようですよね。

アメカジですね。

スポンサーリンク

トランプ大統領のジャンパーのメーカーや価格

トランプ大統領が米軍からもらった
ジャンパーは、
シンプルなので、
日本でも普通にファッションとして
着ている人も多いようです。

通販でも販売しているサイトがありました。

米軍がトランプ大統領にあげたジャケットの
メーカー名はいくつかあるようです。

ここでは、
楽天で見つけたAVIREX アヴィレックス製の
A-2ジャケットを紹介します。

A-2ジャケットは、
風よけのために襟を立てて、
固定するために、
襟の裏にボタンがついています。

また袖口は風よけのために、
リブ編みのニットになってます。

機能的にできていますね。

上記のサイトでは、
定価は78,000円なのですが、
セール中のようで、
価格は安くなっていました。

ですが、
ほぼ売り切れ状態でした・・

厚手の牛革を使っているので、
たぶんジャケットの重量が
重いのではないかと思います。

最近ダウンでも、
ウールのコートでも軽いですよね。

なので、
着てみたら、
戸惑うように思いますね。

このジャケットとは関係ないですが、
アメリカでは、
重い方がいいと言う人たちがいるらしいんです。

昔無線機器の会社で働いていたのですが、
アメリカ向けのトランシーバーの受話器には、
わざわざ「おもり」が入れてありました。

軽ければいいものではないのだなと
うっすらとカルチャーショックを覚えました。

関連記事: メラニアトランプ夫人の来日時のコートのブランドや値段(価格)は?

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!