刑事ゆがみ第5話で花道署の刑事の久松役の俳優は誰?


ドラマ『刑事ゆがみ』第5話では、
弓神刑事は、
応援要請を受け
花道署に応援に行きます。

花道署の刑事の久松と一緒に
弓神刑事は捜査を始めます。

花道署の久松刑事を
演じている俳優は誰なのでしょうか?

調べてみました。


スポンサーリンク




刑事ゆがみ第5話の花道署の久松刑事役の俳優


ドラマ『刑事ゆがみ』の第5話は、別の警察署の管轄の事件を捜査するんだよ。弓神刑事の過去が少しわかるかもしれないから、楽しみ!

弓神刑事の過去か・・ 辛い過去なのかな。

原作の多々木刑事のセリフでは、弓神刑事にはかなり辛い経験があったらしい。あのひょうひょうとした感じは、辛い過去を見せないためなのかも。
昔はあんなじゃなかったみたいなセリフが原作にはあるから。

あり得るね。

弓神刑事の人物像に深みが増すよね

それで別の警察署はどこなの?

花道署という警察署だよ。普段は「うきよ署」。
花道署では、久松刑事と一緒に捜査します。久松刑事の役を演じている俳優さんは、木下ほうかさんだよ。


(公式サイトより)


おー、渋いね。

だよね。弓神刑事と久松刑事のやりとりも、楽しみのひとつ。当然羽生刑事とのやりとりとは、全然違うはずだし。でも食事は久松刑事におごらせてたりして。

それはそれで、相手によって態度を変えないという意味ではよいことなんじゃない。

そういう見方もあるか。。

だね。


久松刑事は、
花道署の刑事です。


弓神刑事と誘拐事件の
捜査に携わります。


久松刑事は、
普通の刑事だと思うのですが、
木下ほうかさんが演じるのだと思うと、
もしかしたら、
悪い警官なのかもしれない
と思ってしまいます。


そう思わせておいて、
至極普通の刑事であった・・
もあり得ますよね。


久松刑事は、
悪い警官か、
良い警官か
どちらなのか気になります!

スポンサーリンク




木下ほうかとは


木下ほうか(きのした ほうか)さんは、
1964年1月24日に
大阪府大東市に生まれました。


とても裕福な家庭でした。


おぼっちゃまとして、
育てられたようです。


そして、
16歳の時に
映画『ガキ帝国』の
オーディションに参加し合格。


この映画で俳優としてデビューしました。



スポンサーリンク

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-4200573139199863"
data-ad-slot="2860887397">


大学卒業後は、
吉本新喜劇に入ったのですが、
3年で退団しています。


新喜劇も低迷していた時期で、
悪い空気が漂っていたのかもしれないです。


1989年に上京し、
下積み生活を経て、
現在は大人気俳優になっています。


役者さんは、
長い下積みがあっても、
花開く時には、
わーーっと開きますよね。


自分を信じて、
活動してきた結果が
現在なのだと思うと、
私も励まされます。


関連記事: 刑事ゆがみ第5話で詐欺師のマリッチ役の俳優は誰?


関連記事: 刑事ゆがみ(ドラマ)のゲスト俳優の登場人物とキャストは?


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。