刑事ゆがみ5話でひずみに手を差し伸べた男は誰?演じている俳優は?



ドラマ『刑事ゆがみ』の第5話には、
大きな展開がありました。

ひずみの正体が誰なのか
ヒントがちらほら出てきました。

そして、
第5話の最後で、
男たちに襲われていたひずみを
助けて、
手を差し伸べた男は、
ひずみにとって
大きな意味を持つ男のようです。

いったい誰なのでしょうか?

スポンサーリンク



刑事ゆがみ5話あらすじ


『刑事ゆがみ』第5話の事件は、
誘拐事件でした。


この誘拐事件の真相は、
狂言誘拐のようなものでした。


誘拐事件そのものに
振り回されていた
他の警察官と違い、
弓神刑事の推理は、
今回も冴えてました。


この誘拐事件を世間に注目させるために
犯人は、
昔の事件で使われた絵を
登場させました。


この絵は、
ロイコクロリディウムという寄生虫に
寄生されたカタツムリの絵でした。


この絵が登場した事件は
7年前に起き、
弓神刑事が
この事件の犯人を追いつめていました。


この事件を解決したおかげで、
弓神刑事は、
県警本部長賞をもらいました。


そのカタツムリマークの事件とは、
殺人鬼に操られた人が、
夫婦を殺した事件でした。


この夫婦の
12歳の一人娘だけが
生き残ったのです。


この殺人事件の詳細が、
「ロイコ」という小説と類似していました。


それもそのはず、
犯人は小説「ロイコ」の著者の
横島不二実でした。


横島不二実画像

横島は、
警察が捕まえる
後一歩のところで、
焼身自殺をしてしまいました。


ロイコ事件の犯人を追いつめたのが
弓神刑事だったので、
誘拐事件は他の署内の事件でしたが、
弓神刑事と羽生刑事が応援することになったのです。


ここまでは、
第5回の本筋のストーリーです。


もうひとつ大きな流れのストーリーが
展開を見せました。


スポンサーリンク

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-4200573139199863"
data-ad-slot="2860887397">


弓神刑事が、
しょっちゅう食べ物を供給したり、
捜査のためにハッキングをしてもらっている
ひずみという女性に関係するらしいことです。


いまのところ
ひずみの正体はわかっていません。


ですが、
どうやら7年前に弓神刑事が
犯人を追いつめた事件
「ロイコ事件」と
関係しているようです。


ひずみは、
記憶が定かでないものの、
ロイコ事件のカタツムリマークに
強い関心を示していました。


そして、
菅能課長と羽生刑事の話の中で、
ロイコ事件の生き残りの少女は、
記憶障害と失声障害を負ったと
明らかにされました。


ひずみのパーソナリティーにそっくりですよね。


第5話の流れをみると
ロイコ事件の生き残りの少女が
ひずみなのではないかと
考えています。


スポンサーリンク




ひずみに手を差し伸べた男は誰



第5話の
弓神刑事が、
中華を差し入れにいった時、
ひずみは留守でした。


弓神刑事は、
ひずみがロイコ事件の犯人、
横島不二実について調べていることを知ります。


そして、
街中でひずみが
男たちと喧嘩をして
襲われている時に、
1人の男が助けてくれました。


背の高い男で、
ひずみに手を差し伸べてくれました。


オダギリ・ジョー?画像


この男・・・
誰なのでしょうか???


演じている俳優さんも誰でしょう???


演じている俳優さんについては、
オダギリ・ジョーさんだと
ネット上で話題になりました。


私は見ていたのですが、
全然気づきませんでした。


視聴者(私もですが)恐るべしです!!


ここで
オダギリ・ジョーさんのような
スター俳優が出てくると言うことは、
ドラマ『刑事ゆがみ』の中で、
相当に重要な役であることに
間違いないと思います。


そうなると、
小説「ロイコ」の著者で、
ロイコ事件の被害者を殺した
横島不二実が、
ひずみに手を差し伸べた人物
ではないかと思います。


ひずみに関係する事件は、
解決するのでしょうか?


ひずみに命の危険はないのでしょうか?


ますますおもしろくなってきました!


関連記事: 刑事ゆがみの山本美月はしゃべらない!前髪は眉毛より上でかわいい!



スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。