西畠清順のクリスマスツリー(神戸港)のその後はどうなる?


西畠清順さんは、
神戸港にクリスマスツリーを植えました。

NHKの朝の情報番組『あさイチ』では
中継もしていました。

30メートルを超える木は、
湊に設置された植木鉢に植えられました。

年内には、
そのツリーは撤去されてしまうそうなのですが、
その後はどうなるのでしょうか?

スポンサーリンク



西畠清順のクリスマスツリー


2017年11月17日に
NHKの『あさイチ』を見ていたら、
いきなり巨大な木が神戸港で
つり下げられている映像が出てきました。


西畠清順クリスマスツリー画像

それは、
生きた「あすなろ」の木を
世界一のクリスマスツリーにすべく、
神戸メリケンパーク(神戸港)に
設置するプロジェクトでした。


神戸港開港150年にちなんで、
富山の氷見市で自生していた
樹齢150年(推定)の
あすなろの木を
神戸港に植えるという壮大なイベントです。


プロジェクト名は、
「めざせ!世界一のクリスマスツリープロジェクト」です!


開催日: 2017年12月2日(金)~26日(火)

会場 : 神戸メリケンパーク(兵庫県神戸市中央区波止場町2)

⇒ そら植物園:世界一のクリスマスツリープロジェクト


そして、
このプロジェクトは、
木を植えたことで終わりではありません。


この植木鉢に植えた木に、
1枚500円で販売されるCDのようなものに、
メッセージを書いて飾ります。


大勢の人の気持ちを表すメッセージを
ツリーに飾ることによって、
震災の復興への思いや、
将来への夢をみんなで表現することになるそうです。


壮大なプロジェクトですね。

スポンサーリンク




クリスマスツリーのその後


『あさイチ』で
ツリーを植える中継を見ていた時には、
神戸港に樹齢150年の木を植える
ということだったので、
シンボルツリーにするのかと思ったのですが、
全然違いました。


前述した開催日が終わると、
この木は切られてしまいます。


150年静かに生きてきた木を、
遠く離れ端場所に移して、
さらに切ってしまうということです。


この樹齢150年の木は、
世界一のクリスマスツリーになった後には、
切られて、
一部がバングルのチャームになるそうです。


価格は3,800円(税・送料込み)


⇒ フェリシモ:あすなろメモリアルバングル「継ぐ実」


うーん、
これについて、
どのように考えたら良いのでしょうか?


このイベント後に関わった人に、
どんな気持ちか聞いてみたいですね。


将来に夢を持てたり、
生きるエネルギーが増していたら、
このイベントをやった意義が
よくわかると思います。


現時点では、
このあすなろの木は、
そのまま富山県の氷見市で、
さらに何百年も生きていた方が、
良かった気がします。


もちろん木は、
建築資材でもあり、
人の役に立つために
切られるのはしょうがないと思います。



スポンサーリンク

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-4200573139199863"
data-ad-slot="2860887397">


でも、
世界一のクリスマスツリーのために切られた
ということは、
なんだかすっきりしません。

糸井重里さんの「ほぼ日」でも
バックアップされているようなので、
上手に説明していただきたいな。

⇒ ほぼ日イトイ新聞:世界一のクリスマスツリー植樹式

関連記事: 西畠清順の経歴や高校は?妻(嫁)や子供はいる?プラントハンター


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。