アンナチュラルでフォレスト葬儀社の木林南雲役の俳優は誰?


ドラマ『アンナチュラル』は、
人が亡くなったところから話が始まります。

人が亡くなると必要な職業は、
葬儀屋さんです。

『アンナチュラル』にも、
葬儀屋さんの木林南雲が登場します。

なんだか怪しいこの男の役を演じるのは、
誰なのでしょうか?

スポンサーリンク



アンナチュラルのフォレスト葬儀社の木林南雲役の俳優


『アんナチュラル』で、
石原さとみさんさんの演じる
三澄ミコトの所属する
UDIラボにやってくる
木林南雲(きばやし なぐも)は、
フォレスト葬儀社の社員です。


石原さとみさんが主演するドラマ『アンナチュラル』は、法医学の話なんだけど、当然というか葬儀屋さんが出てくるんだよね。

葬儀屋さんがいないと埋葬できないもんね。

そうなんですよ。でもなぜか『アンナチュラル』に出てくる葬儀屋さんは、怪しいらしい。井浦新さんが演じる中堂系と何やら秘密の関係があるらしいよ。

法医学社と葬儀屋さんの怪しい関係って一体なんなのだろうね。

気になるよね!その怪しい葬儀屋さんを演じるのは、竜星涼さんです。NHKの朝ドラの『ひよっこ』の警察官の人だよ。



竜星涼画像

ああ、あの茨城に帰ってしまった警察官か。爽やかな青年だったよね。

そう、それが今回は怪しい人の役なんだよね。

怪しい人のイメージ無いね。

だからこそおもしろいのかも。楽しみだな。

イケメンだしね。



UDIラボで死因を確かめるための
遺体を運び込んでくる人です。


確かに葬儀屋さんって、
普段あまり接触が無い職業だけに、
あまりよく知らないです。


ですから、
怪しさが増してしまうのでしょう。

スポンサーリンク



竜星涼とは


木林南雲役の竜星涼さんは、
2013年2月〜2014年2月に放送された
スーパー戦隊シリーズ
『獣電戦隊キョウリュウジャー』の
キョウリュウレッド役で
初主演しました。


戦隊もの系の俳優さんです。


デビューしたのは、
原宿の竹下通りで、
スカウトされたのがきっかけです。


そのときから
竜星涼さんは輝いていた
ということですね。


個人的には、
前述しましたが、
NHK朝のテレビ小説『ひよっこ』の
綿引さん役で知りました。


綿引さんの後日談は無かったので、
きっとスピンオフ作品がつくられるはずだと
信じています。


綿引さんのようにいい人は、
幸せにならないとダメでしょう!!


ここで竜星涼さんの木林南雲役への
意気込みを語っていただきましょう!





竜星涼さん、
ものすごく男前ですね!


竜星涼さんの生年月日は、
1993年3月24日で、
2017年には24歳です。


まだ若いのに頼りがいのある感じです!


木林南雲は、
プロフェッショナルな感じの人
なのではないかと思いました。


窪田正孝さんといい、
井浦新さんといい、
竜星涼さんといい
アンナチュラルはイケメンぞろいで、
本当に楽しみです。


関連記事: アンナチュラル(ドラマ) 葬儀屋のサングラス付メガネのメーカーは?


関連記事: アンナチュラル(ドラマ)のキャストや登場人物は?原作はある?


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。