final cut (ドラマ)で主人公と愛し合う小河原雪子役の女優は誰?


ドラマ『FINAL CUT』は、
亀梨和也さんが主演で、
過去の事件の復讐をするために、
正体を隠してターゲット達に近づいていく男を演じます。

主人公は、復讐のために近づいた女性を愛してしまい苦しみます。

その女性は小河原雪子です。

小河原雪子役を演じる女優は誰なのでしょうか?

スポンサーリンク


final cutで小河原雪子役の女優


ドラマ『FINAL CUT』は、
主人公の中村慶介の復讐を描いたストーリーです。


主人公はターゲットたちの人生が終わる映像である
「FINAL CUT」を撮って突きつけることで、
ターゲットを意のままに動かし目的を果たそうします。


中村慶介の母親は12年前に自殺しました。


その原因となった事件が女児殺害事件です。


容疑者となってしまった母親は追い詰められてしまい、
それを苦に自殺してしまったのです。


母親を追い込んだのが当時の報道番組や真犯人です。


中村慶介は母親を死に追いやった
当時の報道関係者や事件関係者に
正体を隠して近づき、
相手が不利となる映像を入手していきます。


それをターゲットに突きつけることで、
相手を思い通りに操り、目的を果たそうとするのです。


中村慶介が近づく事件関係者の中には、
小河原姉妹がいます。


姉の雪子と妹の若葉です。


彼女達は12年前の事件の真相への鍵を握っています。


そのため、中村慶介は正体を隠してまず姉の雪子に近づきます。


この小河原雪子を演じるのは栗山千明さんです。

栗山千明画像
ドラマ『FINAL CUT』で主人公と愛し合うヒロインは、栗山千明さんが演じるんだよ。

栗山千明って髪の綺麗なモデルさんだよね

確かにモデルだけど、今はもう女優だと思うよ。


小河原家は両親と姉妹の4人家族です。


一見、仲のいい家族ですが、
実はそれぞれに秘密があり、
12年前の事件が関係しているようです。


一家の秘密については謎です。


小河原姉妹の姉の雪子は美術館で学芸員として働いています。


そして、とある美術展である男性に会います。


それが中村慶介です。


中村慶介は、
復讐のターゲットの1人として雪子に近づきますが、
正体を知らない雪子は次第に慶介に恋心を寄せるようになります。


そして中村慶介は、
復讐のターゲットと知りながら雪子に好意を寄せていきます。


そんな2人の間に割って入るのが妹の若葉です。


若葉も雪子同様に慶介に恋心を持ってしまいます。


どうやらこの姉妹は恋愛観が全く逆のようで、
雪子が奥手なのに対し、
若葉は積極的です。


そのため、慶介と雪子の仲はスムーズにはいかないと思われます。


ただでさえ復讐者とそのターゲットという間柄なのに、
三角関係という危うい立ち位置になってしまいます。


そして、おそらく若葉は積極的すぎるために
中村慶介の正体に気づいてしまうのではないでしょうか。


それを何も知らない姉にバラして二人の仲を裂くのではないでしょうか。


もしくは姉への嫉妬心から
中村慶介に姉が事件の鍵を握っていると言うかもしれません。


奥手の雪子は妹の仕業とわかりつつも、
妹を可愛がっているからこそ身を引こうとするのではないでしょうか。


それとも愛ゆえに中村慶介を守ろうと自分が傷ついてしまうのではないでしょうか。


どちらにしろ、禁断の純愛ストーリーになるのは間違いないようです。


スポンサーリンク



小河原雪子役の栗山千明とは


栗山千明さんといえば、
子供の頃からモデルとして活躍している女優です。


最近はコマーシャルやドラマ・映画に出演しています。


数々の作品でヒロインを演じていましたが、
『FINAL CUT』のような純愛ストーリーのヒロイン、
しかも三角関係になる役柄はありませんでした。


今までそのような役柄が無かったので、
恋愛に翻弄される小河原雪子をどう演じるのか楽しみです。


栗山千明さんは、映画『キルビル』でハリウッドデビューをして、
その後も映画には、
『下弦の月』
『劇場版SPEC』
『図書館戦争』
などに出演しています。


『キルビル』では女子高生の殺し屋を演じていて、
美少女だからこその迫力がありました。


そして、『下弦の月』は人気漫画家矢沢あいの原作漫画を実写化したものです。


矢沢あいの漫画の主人公は
いつも細くて綺麗なイメージなので、
栗山千明さん以外にはその役を演じられなかったのではないでしょうか。


そして『劇場版SPEC』では、
日本語のおかしな特殊捜査員・青池として出演していました。


真顔でへんな日本語を繰り出す美人は画面的に面白く、
『SPEC』のコメディ部分を色濃く出していました。


しかし、そんなキャラと全く違ったのが『図書館戦争』の柴崎です。


柴崎は榮倉奈々さんが演じる郁の親友役でした。


寮で上官の愚痴を言う郁をなだめながら、
きっぱりと手厳しいことを言う姿は原作のイメージぴったりでした。


しかも、情報収集が早く、
テキパキと仕事をする柴崎は郁の頼れる存在で、
知的な雰囲気を醸し出す栗山千明だからこそできる役だったと思います!


また、テレビドラマでは
『ATARU』や『チーム・バチスタ』などに出演しています。

そして、『ATARU』では不思議な刑事・蛯名舞子を演じていました。


いつも楽しみにしているコロッケを食べ損ねて、
叫んだり凄まじい表情で見つめる様子は面白おかしく見ることができました。



スポンサーリンク

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-4200573139199863"
data-ad-slot="2860887397">


顔が綺麗な分、顔を歪めると変な迫力があり、
「こんな美人さんでもこんな顔ができるんだ」と感心してしまうくらいでした。


栗山千明さんはそのように知的な役からコミカルな役までこなす女優さんです。


『FINAL CUT』で栗山さんは、
自分に復讐をしようとしている相手に恋するヒロイン役です。

今まで純愛ストーリーでヒロインをするイメージがなかった分、
どのようなヒロインになるのか楽しみです。

ドラマ『FINAL CUT』は復讐のストーリーだけでなく、
純愛ストーリーも含まれているドラマです。

また、どのようなエンディングを迎えるのか
予想のできないドラマになっています。

恋愛の行方はもちろん、事件や復讐の結末が気になるドラマなので、
期待しています。

関連記事: final cut (ドラマ)の登場人物とキャスト一覧!原作はある?

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。