風雲児たち(NHKドラマ)で吉雄耕牛役の俳優は誰?


ドラマ『風雲児たち 蘭学革命篇』は、
オランダ語の医学書「ターヘル・アナトミア」を
日本語訳し「解体新書」を刊行した
杉田玄白と前野良沢の話です。

「解体新書」の発行にあたり
前野良沢と杉田玄白は、
吉雄耕牛の元を訪れ、
内容の確認をしてもらいました。

ドラマで吉雄耕牛役を演じる俳優さんは誰なのでしょうか?


スポンサーリンク



風雲児たちで吉雄耕牛役の俳優


ドラマ『風雲児たち』は、
多くの優秀な蘭学医が出てきます。


前野良沢や杉田玄白、
大槻玄沢もその中の1人です。


これらの優秀な蘭学医たちには、
さらに師匠がいました。


それが吉雄耕牛(よしお こうぎゅう)です。


吉雄耕牛役を演じるのは、誰なのでしょうか?


それは小日向文世さんです。


小日向文世画像

ドラマ『風雲児たち』で吉雄耕牛を演じるのは、小日向文世さんなんだよ。

小日向文世さんが演じるということは、重要な人物なんだね。

そうなんだよね。前野良沢の先生だったらしい。

先生の先生なんだね。



吉雄耕牛は、長崎で生まれ、
幼い頃からオランダ語を学んでいました。


そのスキルを生かし、
幕府のオランダ語の通詞(通訳)になりました。


オランダ語の通訳だけでなく、
蘭方医でもありました。


外国人居留地の商館付の医師や、
オランダ語の医学書(外科)から医学を学びました。


吉雄耕牛は、通訳としても、
医師としても優れた方でした。


吉雄耕牛の元で学んだ蘭学者や医学者は大勢いました。


600人以上と言われています。


「解体新書」に携わった前野良沢や杉田玄白、
大槻玄沢や平賀源内も、
吉雄耕牛の元で学びました。


「解体新書」を翻訳した前野良沢と杉田玄白は、
吉雄耕牛に見せ、
吉雄耕牛は序文を寄せています。


その時に「解体新書」の翻訳者として名前の無い
前野良沢のことも讃えています。

スポンサーリンク



吉雄耕牛役の小日向文世とは


吉雄耕牛役の小日向文世さんは、
オンシアター自由劇場の俳優さんでした。


自由劇場では人気役者でしたが、
劇団が解散後は仕事が無く、
経済的に厳しい日々が続きました。


小日向文世さんにスポットライトがあたったのは、
木村拓哉さん主演のドラマ『HERO』でした。


主要出演者のひとりで、
検察事務官の末次隆之の役でした。


その後は出演オファーが途切れることは無く、
2016年のNHK大河ドラマ『真田丸』では、
チャラそうで恐ろしい豊臣秀吉を演じました。


共演者の方達も、
小日向文世さんの演じる豊臣秀吉が怖かったという
コメントを出していたほどでした。


それまでとは違う秀吉で、
個人的には大勢が演じた豊臣秀吉の中で
ナンバー1だと思っています。


今回のドラマ『風雲児たち』は、
『真田丸』と同じ三谷幸喜さんの脚本なので、
小日向文世さんの吉雄耕牛という人が、
どのように描かれるのか気になります!


楽しみです!


関連記事: 風雲児たち~蘭学革命篇(ドラマ)のキャストと登場人物は?放送日や時間は?

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。