風雲児たち(NHKドラマ)で桂川甫周役の俳優は誰?

風雲児たち(NHKドラマ)で桂川甫周役の俳優は誰?



ドラマ『風雲児たち―蘭学革命編』は、
オランダの医学書「ターヘル・アナトミア」の
翻訳本「解体新書」の発行の物語です。

主要な翻訳者の1人、
桂川甫周は、父から続くエリート蘭方医でした。

桂川甫周役を演じる俳優は誰なのでしょうか?

スポンサーリンク



風雲児たちで桂川甫周役の俳優


桂川甫周(かつらがわ ほしゅう)は、
「解体新書」翻訳の中心人物です。


桂川甫周はエリート蘭方医でした。


江戸時代に徳川家に仕え、
幕府奥医師の名門の桂川家を継いだ
徳川幕府の有能な医者です。


『風雲児たち』の解体新書翻訳にまつわる最後の
中心人物である桂川甫周を演じるのは、俳優の
迫田孝也さんです。


迫田孝也画像

『風雲児たち』で、解体新書を翻訳した主要人物に中には、父の代から蘭方医というエリートもいたんだよ。

江戸時代にもいろんな人材がいたんだね。

桂川甫周という人だよ。桂川家は名門の幕府の奥医師なんだよ。

エリート中のエリートだね。



桂川甫周は通称で、
名前は桂川国瑞(くにあき)というそうです。


桂川甫周は、
「ターヘル・アナトミア」の翻訳作業に
取りかかる以前から、
前野良沢と杉田玄白と友人の関係でした。


「解体新書」には、
21歳の時に
翻訳作業の初めから参加し、
1774年の刊行に至るまで努めあげました。


その後1784年に
「新製地球万国図説」を著しています。


これはオランダの地図製作者のヨアン・ブラウが
父ウィレム・ヤンソンとともに製作した壁掛け地図の
下部載せてあった世界地誌を訳したものです。


桂川甫周は、教育車としても優れ、
日本で顕微鏡を医学に用いた人物としても知られています。


優れた人だったんですね。


スポンサーリンク



桂川甫周役の迫田孝也とは


桂川甫周役を演じるのは、迫田孝也さんです。


迫田孝也さんは、
鹿児島県出身で現在40歳の俳優さんです。


広島大学教育学部を卒業後、
上京し劇団に所属。


役者経験が浅く苦労されたそうです。


役者を志すきっかけになったのは、学生時代に
映画ロケを行っていた場所で、
偶然ロケに関わる方たちと会話ができたことからでした。


三谷幸喜さんとは、
映画「ザ・マジックアワー」のオーディションで出会いました。


これ以降、三谷作品に出演するようになります。


迫田孝也さんは、
現在では、テレビドラマ・映画・CM・舞台と多岐に渡り活躍されています。


これまでの主な映画の出演作品は、
『踊る大捜査線 THE MOVIE3』
『ステキな金縛り』
『踊る大捜査線 THE FINAL』
『清須会議』
『母と暮らせば』
『本能寺ホテル』




スポンサーリンク

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-4200573139199863"
data-ad-slot="2860887397">


テレビドラマは、
『相棒』
『怪物くん』
『明日の光をつかめ』
『13歳のハローワーク』
『遺留捜査』
『35歳の高校生』
『デスノート』
『最強のふたり』
『松本清張ミステリー時代劇』
『大河ドラマ 真田丸』
『嘘の戦争』
などに出演されています。

CMにも多数出演されているようですから、
テレビ画面を通してみたことがある人も
いらっしゃるのではないでしょうか。

前野良沢と杉田玄白と共に、
「解体新書」翻訳の中心人物の桂川甫周は
ドラマ『風雲児たち』においては、
どのような役柄で登場してくるのでしょうか。

多くの三谷作品に出演されている迫田さんの
演技にも注目です。

関連記事: 風雲児たち~蘭学革命篇(ドラマ)のキャストと登場人物は?放送日や時間は?

スポンサーリンク

風雲児たちカテゴリの最新記事