紅白歌合戦の採点方法 2017 は公平になった?2016との違いは?


大みそかですね。

好むと好まざると紅白歌合戦は、
気にせずにはいられない
注目の番組です。

2016年は紅組優勝で幕を閉じましたが、
誰もが「??」と思ったと思います。

私もその1人でした。

2017年の紅白歌合戦の採点方法は、
公平な採点になるそうなのです。

スポンサーリンク


2016年紅白歌合戦の採点方法


2016年の紅白歌合戦の最後は、
白組の勝ちを確信していました。


視聴者投票では、
紅組が2,527,724票、
白組が4,203,679票
と大きく白組がリードしていました。


紅白歌合戦ロゴ画像

さらに、
会場の客席の投票結果は、
紅組が870票、
白組が1,274票
と大差がついていました。


それなのに、
審査員の投票が終わり蓋を開けると、
紅組優勝という結果になっていました。


何万人が紅白歌合戦を見ていたのか
はっきり分かりませんが、
そのほぼ全員が「はあ?!」と思ったことでしょう。


それが証拠に、
司会の有村架純さんも
「??」となっていましたからね。


2016年の紅白歌合戦の審査方法は、
視聴者投票と会場投票は、
それぞれ2票づつしかなかったそうです。


視聴者投票で勝った方が2票。

会場投票で勝った方が2票。

ということだったのでしょう。


ゲスト審査員はそれぞれ1票づつだったようですが、
11人のうち8人以上が紅組に投票したことで、
紅組勝利となってしまったということだと思います。


そもそも審査員が投票する前に、
視聴者投票と会場投票の結果を見せていたので、
圧倒的に負けている紅組に一票入れてあげよう
という気持ちになるのも、
当たり前ですよね。


結局視聴者と会場の投票は、
ほぼ無視された形になってしまいました。


小選挙区制みたいなものかな。

スポンサーリンク



2017年紅白歌合戦の採点方法


紅白歌合戦2016終了後、
大ブーイングだったので、
2017年の紅白は採点方法が変わることが発表になりました。


2017年の紅白歌合戦の採点方法

1. 紅白の歌手の対戦ごとに視聴者が投票。

2. すべての対戦終了後、会場観客とゲスト審査員が1人1票を投票。

3. 視聴者の投票数を全対戦分を足した累計と2.の投票を足した総得票数で勝敗が決定。


ちなみに、紅白歌合戦会場の観客は約2000人、
審査員は8人です。


2017年の採点方法だと、
白組が有利な気がします。


2016年の視聴者投票を見ると、
圧倒的に白組有利でしたからね。


やっぱりジャニーズのファン、
特に嵐のファンは、
白組を絶対勝たせたいと思っていると思います。


そもそも一部の熱狂的なファンの組織票対策で、
2016年は審査員票を重くしたのではないかなと
思っています。


それが裏目に出てしまって、
不公平感が出てしまうという残念な結果になってしまいました。


今回は、
視聴者投票の票数がそのまま採用されるようですから、
トリプルスコアになるぐらい圧倒的に、
白組が勝つのではないでしょうか?


勝ち負けが無い方が良いと
単純には思わないですが、
紅白歌合戦は、
年末恒例のお祭りのように思うので、
勝ち負けをつける必要があるのか
と個人的には思っています。


関連記事:高瀬アナウンサーが笑いすぎ動画?紅白の5分ニュース冒頭で!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。