風雲児たち(NHKドラマ)で骨ヶ原で腑分けした国松役の俳優は誰?

風雲児たち(NHKドラマ)で骨ヶ原で腑分けした国松役の俳優は誰?



ドラマ『風雲児たち 蘭学革命篇』は、
「ターヘル・アナトミア」を「解体新書」に
翻訳することに関わるストーリーです。

「ターヘル・アナトミア」で図版としてみた
人間の中の様子を、
杉田玄白と前野良沢が見た時には興奮したことでしょう。

その腑分けを担当したのが、
国松でした。

国松役を演じる俳優は誰なのでしょうか?

スポンサーリンク



風雲児たちで腑分けした国松役の俳優


ドラマ『風雲児たち』では、
「ターヘル・アナトミア」が「解体新書」へと
翻訳される話です。


ですが、
「ターヘル・アナトミア」を翻訳する前に、
まずその本を手に入れた前野良沢と杉田玄白、
そして中川淳庵が
人間が実際に本の通りなのか確認しないといけないですよね。


そこで3人は、
江戸時代の処刑場所「骨ヶ原(こつがはら)刑場」へ行きます。


そこで腑分けを見ます。


腑分けと言うのは、
人体解剖のことです。


刑を執行された人の体を解剖して、
体の中をみました。


この腑分けをしたのが、
90歳の国松です。


国松役を演じたのは、
小林隆さんです。


小林隆画像

国松はすでに引退していたのですが、
孫が病気で倒れたためかり出されました。


そして、
腑分けを前野良沢たちに見せる役割を担ったのです。


国松は、完全なフィクションの登場人物だと思います。


当然ながら、
骨ヶ原刑場で働いていた人はいるでしょうが、
そもそも90歳の老人が腑分けができるのでしょうか?


かなり体力が必要な気がしますけど。


腑分けのシーンは、
ちょっと気分が悪くなる人も出そうなシーンなので、
完全なフィクションの人物を配置して、
やんわり見せようとしているのだと思います。


それには上手な役者でないといけないということで、
小林隆さんが登場することになったのでしょうか。


スポンサーリンク



国松役の小林隆


国松役の小林隆さんは、
三谷幸喜さんが主宰していた
「東京サンシャインボーイズ」の一員でした。


三谷幸喜さんが脚本を書いた
NHKの大河ドラマ『真田丸』にも、
片桐且元の役で出演しています。


何をやっても裏目に出てしまう
かわいそうな役でした。


豊臣家を一番愛していた家臣だったはずなのに、
なぜか裏切り者のポジションへ移動・・


最後の最後まで、
浮かばれないキャラクターでした。


2017年10月期のドラマ
『刑事ゆがみ』では、
ものすごく利己主義な犯人を演じていました。


哀れではあるのですが、
その思考に同情の余地がない
完璧な犯人でした。


小林隆さんが演じると
本当にこんな人がいるのではないかと
思ってしまうのです。


なぜか遠くから眺められないのです。


見ている方が
感情移入してないつもりで、
感情移入してしまう演技を見せてくださいます。


国松がどんな人物になっているのか
ものすごく気になってます!

関連記事: 風雲児たち~蘭学革命篇(ドラマ)のキャストと登場人物は?放送日や時間は?

スポンサーリンク

風雲児たちカテゴリの最新記事