トランプタワーde火事!火災の理由は?何階が原因?動画あり


トランプタワーで火事がありました!

トランプタワーは、
トランプ大統領の自宅があり、
58階建のまさにタワー!

何階から火災が発生したのでしょうか?

その理由は何なのでしょうか?

スポンサーリンク



トランプタワーで火事


トランプタワーで火事が発生しました。


アメリカのメディアの報道によると、
すでに鎮火しているそうです。


ニューヨーク消防署の発表によると、
ニューヨーク時間の2018年1月8日朝7時に
火事が起こったそうです。


火は屋上の空調設備から出たそうです。


原因はまだはっきりわかっていません。


日刊スポーツによると、
空調設備の電気系統から火が出たらしいということです。


寒いですから、
パワーがマックスだったのかもしれないですね。


以下は、火事の様子を伝えた動画です。






残念なことに、
一般市民と消防士の2人が怪我をしました。


このうち一般市民の怪我は重傷だそうです。


火事の現場にいたのか、
道路を歩いていて落下物が当たったのか、
その発表はありません。


早く回復するといいですね。


スポンサーリンク




トランプタワーの場所


トランプタワーはニューヨークのマンハッタンにあります。


高さ202mの58階建で、
店舗、事務所、住居が入っています。





トランプタワーは、
店舗があったり、
事務所があったりして、
建物の入り口がたくさんあるのだそうです。


なので、
マスコミ泣かせの建物だと、
以前紹介されていました。


マスコミがターゲットを待っていても、
どこから出てくるのかわからないのだそうです。


そこまで計算して、
建物を立てたのかはわかりませんが、
富の象徴ですね。


そういえば、
トランプ大統領の息子のバロン君の部屋は、
トランプタワーの1階全部だと聞きました。


ちなみに、マンハッタンには、
トランプ・ワールド・タワーという72階建の建物もあります。


トランプワールドタワーには、
ビルゲイツやビヨンセが住んでいます。


松井秀喜やデレク・ジーターが住んでいた頃もあったそうです。


天空の城ですね。


それにしても、
火事はそれほど広がらなくてよかったです。


高層ビルなので、
消火するのが大変そうですから。



スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。