アンナチュラルで西武蔵野署の刑事・向島進役の俳優は誰?


ドラマ『アンナチュラル』は、
TBS系列で2018年1月の金曜夜10時からスタートする連続ドラマです。

主演は石原さとみさんで、
主人公の三澄ミコトが働く不自然死究明研究所(UDI)には、
死因の分からない遺体が運ばれてきます。

そのUDIによく出入りするのが、
西武蔵野署の刑事の毛利忠治と向島進です。

向島進は毛利のバディです。

一体誰が向島を演じるのでしょうか。

スポンサーリンク



アンナチュラルの西武蔵野署の刑事・向島進役の俳優


ドラマ『アンナチュラル』で、
主人公の三澄ミコトは4か月前から新しい職場で働いています。


その職場は不自然死究明研究所(UDI)です。


ミコトは大学の法学部で准教授にまでなるほど経験を積んだ監察医です。


そんな彼女がUDIで不自然な遺体の死因を究明する監察医となったのです。


なぜ、この職場で働くようになったのかは謎ですが、
そんな彼女に遺体の死因究明を依頼してくる刑事がいます。


それが西武蔵野署の毛利忠治と向島進です。


この一人、向島進を演じるのは吉田ウーロン太さんです。


吉田ウーロン太画像

刑事は2人で1組です。


この2人の力関係については、
まだ明らかになっていませんが、
おそらく毛利忠治が上なのではないでしょうか。


そこで原因不明の遺体が出た時には、
UDIに究明依頼をしにきますが、
主に頼みに来るのは毛利です。


彼は監察医の中堂系に嫌味を言われるようです。


その一方で向島は毛利ほど嫌味を言われないのではないでしょうか。


そのため、UDI通いも嫌ではなく、
むしろ頼みの綱という感じでくるのではないかと考えられます。


毛利忠治と向島進は相棒なので、
向島刑事は、毛利刑事のグチを聞かされる役かもしれません。


毛利は不明な遺体が出た際に警察で
上司からUDIに依頼に行けと言われるのでしょう。


向島の毛利に対する態度が気になります。


スポンサーリンク




向島進役の吉田ウーロン太とは


向島進役を演じる吉田ウーロン太さんは、
元々はお笑い芸人ですが、
俳優としても活躍しています。


お笑い芸人さんの役はコミカルなものをイメージしがちですが、
吉田さんシリアスな役柄もしっかりできる俳優です。


吉田ウーロン太さんは。
お笑いトリオ「フラミンゴ」のメンバーで芸人です。


俳優としての出演作は多く、
印象的な役の1つが『SPEC』のブブセラリーマンズです。


ドラマ『SPEC』とは、
様々な能力者が出てくるドラマで、
能力者対非能力者という構図でした。


その中でブブセラリーマンズという
ブブセラを持ったサラリーマンスタイルの能力者を演じていました。


主要な役柄ではなかったのですが、
ドラマ後半ではよく出てきて、
印象的なシーンに欠かせない役でもありました。



そして、シリアスな役柄で出演したのが、
『シン・ゴジラ』です。


こちらは石原さとみさんや市川実日子さんも出演した映画です。


この映画で吉田ウーロン太さんは、
ゴジラを倒すための血液凝固剤を作成するために
奔走する政府の役人を演じていました。


にコミカルな役をやるかと思えば、
迫真のシリアスな演技をする時もある俳優さんです。


今回のドラマ『アンナチュラル』では、
コミカルな役を演じるのか、
シリアスな役柄を演じるのかはわかりませんが、
どちらにしろ役柄によりガラッとイメージが変わるので、
どのような刑事を演じてくれるのか楽しみです。


主演の石原さとみさんや市川実日子さんとも
共演したことがあることから、
スムーズに役柄に入ることができるのでないかと思われます。


ドラマ『アンナチュラル』は、
不自然な遺体の死因を解明するドラマのため、
警察との関わりが多くなると思います。


向島進のキャラ設定が早く見たいです。

関連記事: アンナチュラル(ドラマ)のキャストや登場人物は?原作はある?

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。