アンナチュラル(ドラマ) 解剖のフェイスマスク(ガード)は購入できる?


ドラマ『アンナチュラル』は、
不自然死を追求し、
事件の真相を追い求めるチームの話です。

当然ながら、
遺体の解剖のシーンは何回も出てきます。

その時解剖チームがつけている
フェイスマスクが気になりました。

スポンサーリンク



アンナチュラルのフェイスマスク


ドラマ『アンナチュラル』は、
石原さとみさんが主演のドラマです。


なので、
ドラマのテーマは重いものですが、
なんだかそこかしこがおしゃれなんですよね。


1話では、
石原さとみさん演じる三澄ミコトが、
恋人の両親と会うために着ていたワンピースが
ドラマの中でも話題になりました。


ドラマの後、
販売サイトを見たのですが、
すでに売り切れてました。


石原さとみパワー健在です!


さて、
三澄ミコトたちは、
手袋や手術用の不織布の白衣を身につけて
解剖に臨みます。


その中でも目立つのは、
目を保護する透明の板のついたものです。


ゴーグルとかつけて解剖するのかと思っていたのですが、
なんだかかっこいい形のフェイスマスクを使っていました。



アンナチュラル・フェイスガード画像


この商品は、
楽天市場で取り扱われていました。


フェイスガード付きのマスクだそうです。


HOGY ホギメディカル FBサージカルマスク フェイスガード付 175mm×90mm 50枚入 FBM-186




とくに必要もないけど、
つけて見たいと思ってしまいました。


揚げ物とかする時に良いかもしれない。


この商品は、
マスクにプラスチック板のようなものがついているので、
こめかみとか圧迫されなくて
いいですね。


なによりカメラ写りがいいですよね。


顔が隠れすぎないし。


女優さんの顔が見えた方が、
ドラマ的にもいいですよね。


スポンサーリンク



アンナチュラルとは


第1話が終わって、
三澄ミコトの過去や、
記録係の久部六郎の怪しい動き、
中堂系と葬儀屋さんの怪しい関係などなど
いろいろ謎なものが出てきました。


それはそれとして、
圧巻だったのは、
三澄ミコトたちの最後の解剖シーンです。


石原さとみさんが、
解剖中に体の中を調べているところとか、
組織を検査に出すために切り取るところとか、
ものすごく手慣れててさすがだと思いました。


2話以降も、
ストーリーの主軸である解剖シーンが
ちゃんと描かれるのだと思います。


ドラマなので、
現実離れしたストーリー展開もありますが、
一番核となるところが、
きちんと映されていると説得力がありますよね。




まだ始まったばかりなので、
色々な謎が解明されたり、
さらに謎が深まったり、
ストーリーも楽しみです!


次回も楽しみです。


関連記事: アンナチュラルの不自然死究明研究所(UDIラボ)のロケ地はどこ?


関連記事:アンナチュラル(ドラマ)のキャストや登場人物は?原作はある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。