トドメの接吻(キス)で興信所の根津功一役の俳優は誰?



ドラマ『トドメの接吻(キス)』は、
主演が山﨑賢人さんで、
謎のキス女に追われるホストを演じています。

主人公のホスト・堂島旺太郎が
謎のキス女から逃げた翌朝に、
堂島旺太郎を訪ねてきた男がいました。

それが興信所の根津功一です。

根津はある依頼を受けて訪ねてきたと言います。

そんな根津を演じるのは誰なのでしょうか。



トドメの接吻(キス)の興信所の根津功一役の俳優


ドラマ『トドメの接吻(キス)』の主人公の堂島旺太郎は、
歌舞伎町で働くホストです。


金と権力のために女を利用するという最低男で、
その割り切った考え方のおかげか、
ホストクラブではナンバーワンとなっています。


はたから見るとお金を稼ぐことばかり考えて
贅沢な暮らしをしているかのように見えた旺太郎でしたが、
彼の本当の家は場末な場所にある部屋でした。


なぜホストとしてナンバーワンとしての稼ぎがあるのに
質素な暮らしをしているのかというと、
彼は多額の借金を抱えていたからです。


12年前まで旺太郎の父は豪華客船の船長をしていました。


しかし、旺太郎と弟が船にこっそりと忍び込んだ
クリスマス・イブの夜に、
船は沈没してしまいます。


船長だった父は、その責任で刑務所に入ることとなり、
多額の負債を抱えました。


その負債を旺太郎が抱えることになったのです。


そのため、旺太郎は客にもらったプレゼントも
換金できるものは全て換金して
返済をしながら暮らしていました。


そんな生活をしている旺太郎にビッグチャンスが訪れます。


それは個人資産100億の美尊との出逢いです。


美尊はホテル王並樹グループのご令嬢で、
偶然にも旺太郎のホストクラブにきたのです。


彼女に近づこうとした旺太郎でしたが、
突然現れた謎の女にキスをされて殺されます。


そして目覚めると、
不思議なことにそこは7日前の光景でした。


彼はタイムリープをしてしまったのです。


そしてこれ以来、キス女に狙われるようになり、
数回のタイムリープを経験してやっと無事に一晩を過ごすことができました。


ほっとしたのもつかの間で、
突然旺太郎の家を訪ねてきた人物がいました。


それが根津功一です。


根津功一を演じるのは岡田義徳さんです。



岡田義徳画像


根津は興信所の人間で、
堂島旺太郎のもとを訪れたのは、
旺太郎の母親から「とある依頼」を受けたからでした。


その依頼は旺太郎の弟の光太を探して欲しいという依頼でした。


光太は沈没事故の時に行方不明になりました。


それ以来何も情報がありませんでした。


旺太郎の母親には、
興信所に払えるようなお金は用意できません。


そのため、
ナンバーワンホストで稼いでいる旺太郎の元に来たのです。


興信所から来ているということは、
旺太郎の借金返済のことも調べて来ているはずです。


それでも来るということは、
父親のために借金を背負っている旺太郎は、
弟のためにも金を出すはずと考えて来ているのではないでしょうか。


そして気になるのが、根津の現れたタイミングです。


旺太郎がキス女によってそのまま殺されていれば、
この男が来ることはなかったはずです。


彼が来たことでバラバラになった
旺太郎の家族関係も変わって来るかもしれません。

光太が生きているのかも気になります。


スポンサーリンク




根津功一役の岡田義徳とは


岡田義徳さんは演技派俳優です。


出演シーンが少ないドラマでも
印象的な役柄を演じることが多くあります。


今回のドラマ『トドメの接吻(キス)』でも、
主要な役柄ではありませんが、
見ている側に主人公の家族環境を匂わせる役目を果たしています。


今後も出演シーンがあるたびに
弟や父親についての情報が出て来るはずです。


ですから、ストーリーの全体像をつかむ上で重要な役柄だと思います。


ドラマ『トドメの接吻(キス)』に岡田義徳さんが出るよ。

岡田義徳さんってよく見る気がするけど、何に出てたかな?。

『木更津キャッツアイ』に出てたよ。

あー、「ウッチー」ね。そういえばそうだ




岡田義徳さんは、
いろいろなドラマ・映画に出演している俳優さんです。


ドラマ『木更津キャッツアイ』の登場人物は
個性的なメンバーが多くいましたが、
岡田さんはその中でも謎の多いウッチーを演じていました。


普段はどもりがちで天然なのに、
英語はペラペラなモヒカン頭の青年を演じていました。


普通の青年役よりも難しい役だと思いますが、
岡田さんはそれを自然に演じていました。


そして最近は年齢を重ねたことから、
夫(旦那)役・お父さん役を演じることが多くなってきました。


『マザー・ゲーム』では木村文乃さんが演じる
主人公の元夫(旦那)役を演じていました。


シングルマザーとなった主人公が
頑張って営んでいる弁当屋からお金をくすねたり、
自分の夢だけを追いかけるダメ夫でした。


しかし、元妻と子供のことは愛しており、
機会があれば再婚をしようと考えていました。


それは叶いませんでしたが、
息子との面会を許され、
今後の進展の可能性を感じさせる終わり方をしていました。


そして『探偵の探偵』では、
北川景子さんが演じる主人公の妹のストーカーを演じていました。


この時はダメ夫や天然などのイメージを一切無くし、
不審な男をずっと演じていました。


岡田義徳さんはさまざまな役柄を演じ分けられる俳優なのです。


そして『トドメの接吻(キス)』の根津は、
主人公に弟や父親の情報をもたらすようです。


ドラマ『トドメの接吻(キス)』は、
主人公がタイムリープしてしまったり、
過去の豪華客船事故が関係していたりと謎の多いドラマです。


旺太郎の家族環境の情報をもたらすのが、
興信所の根津功一なのでは無いでしょうか。


彼が旺太郎に近づいて来た理由は、
ただ母親から依頼を受けたからでしょうか。


弟の光太は見つかるのでしょうか。

それらを含めて、今後の展開が気になるドラマです。


ところで、
『トドメの接吻(キス)』には
スピンオフドラマ『トドメのパラレル』があります。


『トドメのパラレル』は、
Huluオリジナル作品です。


HULUに登録すると見ることができます。





『トドメの接吻(キス)』の本編が終わると、
放送が開始されます。


一度見てみてください。


関連記事: トドメの接吻(キス)のキャストは予想通り?登場人物一覧!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。