半分、青いのヒロイン・楡野鈴愛 (にれの すずめ)役の女優は誰?


ドラマ『半分、青い』は、
2018年4月からスタートするNHKドラマです。

昭和後期、
岐阜県で産まれた明るく活発な女性が、
上京してシングルマザーとなり、
地元に戻り、一人で起業するというストーリーのドラマです。

このストーリーの主人公は、
楡野鈴愛(にれの すずめ)です。

誰がこの波瀾万丈な鈴愛役を演じるのでしょうか。



半分、青いの楡野鈴愛役の女優


主人公の楡野鈴愛は、
岐阜県の小さな町の食堂の娘として産まれました。


楡野家は祖父母、
両親、
子供2人の6人家族です。


しっかり者の母親と
優柔不断でプラス思考の父親、
そして家族を見守る優しいおじいちゃん、
しっかり者のおばあちゃん、
そして弟です。


この5人に囲まれて育った鈴愛は、
活発で前向きな女の子に成長しました。


この鈴愛役を演じるのは、
若手人気女優の永野芽郁(ながの めい)さんです。


永野芽郁画像

失敗しても「やってまった」と反省しつつも
すぐに明るく切り替える性格です。


周りも人たちも、
そんな明るい鈴愛に影響され、
前向きになってしまうのではないでしょうか。


物語の前半では、
彼女は小学3年生の時に片耳の聴力を失います。


子供の頃にそんな経験をすると、
積極性がなくなったり、
恐怖心が植えつけられてしまう子もいるのではないかと思います。


ですが、鈴愛はそうではなかったようです。


聴力を失いつつも、
片方の耳だけで聞き取れる雨音を楽しく感じ、
雨上がりの空を見てこう呟きます。


「半分、青い」と。


ドラマタイトルにもなっていることから、
ここから鈴愛の激動のストーリーが始まるのではないでしょうか。


事あるごとに、このセリフが出て来るのかもしれません。


鈴愛は高校生の時に転機が訪れます。


きっかけは父親の「漫画好き」のようです。


元々絵が描くのが好きだった鈴愛は、
上京して人気漫画家の元で修行をすることになります。


しかし、その夢を断念し、
結婚してひとり娘を授かるものの離婚してしまいます。


そして故郷に戻り、
一人で起業する道を歩むのですが、
この時に幼馴染との運命の出会いがあるようです。


彼女はどんな会社を始めるのでしょうか。


ドラマの時代設定が現代なので、
3Dプリンターを使った扇風機を扱う会社ということです。


普通の扇風機と何が違うのか気になります。


彼女の会社も成功して欲しいです!


スポンサーリンク




楡野鈴愛役の永野芽郁とは



『半分、青い』のヒロイン役の永野芽郁さんは、
若手女優の中で1、2を争う女優さんです。


子役時代からさまざまな映画やドラマに出演し、
映画にも主演しています。


生年月日は1999年9月24日、
出身地は東京都です。


2018年4月のドラマのスタート時には、
18歳の永野さんが、
子どもを持ち起業する女性を演じます。


永野芽郁さんは、
子役のころから活躍している女優です。


出演映画には、
『るろうに剣心』
『俺物語』
『ひるなかの流星』があります。


『るろうに剣心』では、
主人公の剣心達がよく利用する
牛鍋屋で働く三条燕役でした。


この頃は子役として出演していたのに、
同作品で主人公を演じていた佐藤健さんと
今回のNHK朝ドラで共演します。


しかも、ふたりは、同じ日に生まれた幼馴染の間柄です。


俳優さんたちは、
どんな年代でも演じるので、
おもしろいですね。


また『俺物語』では、
主人公が好意を抱くヒロイン役でした。


さらに『ひるなかの流星』では
教師と同級生の間で心が揺れ動く純粋な女の子を演じていました。


三浦翔平さん演じる教師の獅子尾五月と、
白濱亜嵐さん演じる馬村大輝に
言い寄られるなんて、
世の中の多くの女子高生が、
この主人公役に憧れたのではないでしょうか。


イケメン二人に
「俺にしとけよ」
なんて言われることは通常ありません。


ところで、この映画の役名も「すずめ」でした。


『半分、青い』の役名も「鈴愛(すずめ)」です。


なにか意味があるのでしょうか。


ドラマが始まったら、注目したいです。


そして2017年7月期のドラマ『僕たちがやりました』では、
ヒロインの蓮子を演じていました。


蓮子は主人公トビオに好意を寄せていました。


ですが、精神的に追い詰められたトビオに襲われそうになり、
一度は彼を振ります。


その後にまた付き合うのですが、
自分の起こした事件の
罪悪感を拭うことができないトビオは、
蓮子に別れを告げます。


ちなみに、
このドラマで刑事役をしていた三浦翔平さんと
永野芽郁さんは、
前述した映画『ひるなかの流星』の共演者でした。


永野芽郁さんはまだ10代ですが、
さまざまな注目作品に出演しています。


話題性だけでなく実力も兼ね備えた
NHK朝の連続テレビ小説のヒロインとして、
半年間楽しみにしたいです。


朝ドラ『半分、青い』は、
昭和後期から現代を生きる女性の活躍を描いたドラマです。


明るく活発な女の子が障害を乗り越えて、
さまざまな葛藤や経験をして故郷で起業します。


今のところ彼女が具体的にどのような経験をしていくのかは、
まだ分かりませんが、
共感できるキャラクターであって欲しいと思います!


関連記事: 半分、青いでヒロインの母・楡野晴役の女優は誰?

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。