半分、青いでヒロインの幼なじみ・律の母・萩尾和子役の女優は誰?

半分、青いでヒロインの幼なじみ・律の母・萩尾和子役の女優は誰?


ドラマ『半分、青い』は、
2018年4月からスタートするNHK連続テレビ小説です。

若手の注目女優・永野芽郁さんが、
活発なヒロインの楡野鈴愛を演じます。

そしてこのドラマで、
主人公を支える存在となるのが、
同じ日に生まれた幼馴染の萩尾律です。

律の家は裕福で、鈴愛の家庭とは正反対です。

律の母親の萩尾和子を演じるのは誰なのでしょうか。

スポンサーリンク



半分、青いで萩尾和子役の女優


ドラマ『半分、青い』の主人公の
楡野鈴愛(にれの すずめ)は、
岐阜県の小さな町の食堂の娘として生まれてきました。


そして鈴愛が生まれた日に、
同じ病院で同じ日に産声をあげたのが萩尾律です。


萩尾家は由緒正しき写真館で、
楡野家とは正反対の家庭です。


楡野家は母親がしっかりして、
優柔不断な夫(旦那)を支えながら食堂を営んでいます。


決して裕福な家庭とはいえませんが、
家族みんなが明るく、
そんな中で鈴愛も育ったので活発で前向きな女の子になりました。


鈴愛の母親は町の美人女将としても有名でした。


鈴愛の母親と町の美人女将の座を
二分していたのが、
律の母親の萩尾和子です。


萩尾和子を演じるのは、原田知世さんです。


原田知世画像


萩尾和子はおっとりとしており、
趣味も読書やケーキ作りと
いかにもいいお母さんという雰囲気のようです。


おっとりした母の素で育った律は、
冷静沈着な性格に育ちました。


子供の頃から成績優秀だったため、
一身に母親の期待を背負ってしまったようです。


和子はおとなしそうに見えて怒ると怖い面があります。


律の父親もおっとりとした
性格のようなので、
子供のしつけについては
和子がしっかりしていたのではないでしょうか。


怒るときはしっかり怒り、
お祝い事があるときには、
美味しい料理やケーキを用意する良妻賢母ですね。


そして律があまりに優秀に育ったので、
「もっと上にいけるはず」と言い聞かせて、
ある意味で、
律の自由を奪ってしまったのかもしれません。


そのため律は鈴愛が気になりつつも。
思い切った行動に出れないのではないでしょうか。


スポンサーリンク



萩尾和子役の原田知世とは


萩尾和子役の原田知世さんといえば、
映画『時をかける少女』でデビューした女優さんです。


『時をかける少女』は、
その後ドラマ化やアニメ化もされた人気の映画でした。


原田知世さんは、
この映画で一躍有名になり、
そしてアイドルのような人気を誇っていました。


原田さんの人気は衰えることなく、
現在に至っています。


『時をかける少女』の後も、
映画『私をスキーに連れてって』でも主演を務めました。


原田さんは現在50歳です。


おっとりした雰囲気は
若い頃と変わりませんが、
今回のドラマでは母親役を演じることになりました。


萩尾和子もおっとりした性格ということから、
なんとなく原田さんのイメージと合います。


和子は怒ると怖いようですが、
原田知世が怒っている演技は
あまり見たことがありません。


どのように演じるのか楽しみです。


ケーキ作りが趣味のお母さんなので、
ケーキとともにコーヒーを飲んでいるシーンもありそうです。


朝ドラの『半分、青い』で原田知世さんが出るんだけど、ケーキ作りが趣味のお母さんの役なんだよ。

ケーキと原田知世とくると、ブレンディのCMが思い浮かぶなぁ。

確かに。昔から出てるもんね。のんびりした雰囲気が好きだな。

雰囲気が全然変わらないよね。

変わらないけど、もう50歳なんだよね。母親役を演じるなんて、時間の流れを感じるな。



原田知世さんはデビュー当時、
薬師丸ひろ子さんに次ぐ
大型新人と言われた女優さんです。


映画『時をかける女優』はヒットし、
その後も何作品も映画の主演をしています。


原田知世さんは、
いくつになってもどこかのんびりした雰囲気があります。


その雰囲気を活かしているのが
「ブレンディ」のCMだと思っています。


小さな女の子と毎回出演していて、
のんびりとコーヒータイムを楽しむ様子が描かれています。


これを見ていると
「たまにゆっくりコーヒーを飲みながら
休憩するのもいいかな」と思っちゃいます。


最近の映画では、
大泉洋さんと『しあわせのパン』に出演していました。


北海道の大草原の中にポツンとある
パン屋さんとそこを訪れる人たちを描いたストーリーでした。


大泉洋さんが、
美味しい焼きたてのパンを用意し、
原田知世さんが美味しいコーヒーを入れてお客さんをもてなしていました。


そのパンや料理が美味しそうで、
見ているとパンが食べたくなる映画でした。


大泉洋さんと原田知世さんは、
おっとりした夫婦を演じており、
誰にも何も急かさずに
ただ受け入れる様子は、
訪れる人々の心を癒していきました。


失恋で訪れた女性は新しい出逢いを見つけ、
母親をなくした少女は父親との絆を深めました。


そして元気のなかった老夫婦には明るさを与えることができました。


主人公の夫婦はセリフは少ないものの、
温かい雰囲気があり、
それが映画全体に漂っていて心地のいい物語でした。


このパン屋の奥さんの役を
原田知世さんが演じたので、
あの雰囲気を出せたと思います。


それほど、原田知世さんは、
周りの雰囲気に影響を与える女優さんだと思います。


『半分、青い』でも、
あのおっとりした雰囲気で
萩尾家の雰囲気を作っていくのでしょう。


また律にとってどのようなお母さん役を演じるのか楽しみです。


ドラマ『半分、青い』は、
前向きな女性の成長を描いたドラマですが、
その中にはさまざまなタイプの女性が出てきます。


主人公の鈴愛の母は、
しっかり者の食堂のおかみさん、
鈴愛は明るく前向きな女性、
そして、おっとりして優雅な趣味を嗜むのが、
萩尾和子です。


ドラマに出てくる女性たちに注目するのも、
楽しそうですね。


関連記事: 半分、青いのヒロイン・楡野鈴愛 (にれの すずめ)役の女優は誰?

スポンサーリンク


半分、青いカテゴリの最新記事