半分、青いでヒロインの幼なじみの律の父・萩尾弥一役の俳優は誰?


ドラマ『半分、青い』は、
2018年4月からスタートするNHK連続テレビ小説です。

主演は永野芽郁さんで、
岐阜出身の活発な少女の成長を描いたストーリーになっています。

ドラマの中でヒロインを
力強くサポートするのが幼馴染みの萩尾律です。

律の父親が萩尾弥一です。

一体誰が演じるのでしょうか。

半分、青いの萩尾弥一役の俳優


ヒロイン楡野鈴愛(にれの すずめ)は、
岐阜県の田舎町の小さな食堂の娘として生まれてきました。


そして小さな町の病院で、
鈴愛が産声をあげた日に同じ病院で生まれた男の子がいました。


それが萩尾律です。


この日から、2人は幼馴染みとして成長していきます。


鈴愛は、
前向きなおてんば娘に成長しましたが、
律の性格は鈴愛とは正反対でした。


それは育った環境のせいでしょう。


鈴愛は祖父母、両親、弟の6人家族で
明るい家族に囲まれて育ちました。


そのため、小学生の時に、
片耳の聴覚を失っても、
人生を前向きに考えることができたのです。


一方の律は冷静沈着で成績優秀な男の子でした。


萩尾家は由緒正しき写真館で、
父親の萩尾弥一も裕福な家庭で育ったため、
おっとりとした性格でした。


そのため、律自身も父親に似て慌てない性格になったのでしょう。


そんな優しい父親・萩尾弥一を演じるのは谷原章介さんです。


谷原章介画像

萩尾弥一は写真館を営んでいるので、
町のみんなの記念撮影や学校の写真撮影で
よく校内にも足を運んでいました。


そのため、律はもちろん幼馴染みの
鈴愛の成長も写真を通して見ていたはずです。


息子と同じ日に生まれた女の子の成長も
彼にとっては我が子のように微笑ましかったのではないでしょうか。


そして写真を撮るということは、
レンズを通して見えてくることもあります。


律と鈴愛を撮り続けている弥一は
我が子が鈴愛に惹かれているのに
気づいていたのかもしれません。


もしそうだとしても、
おっとりした性格なので、
口を出さずにただ見守っていたでしょうね。


スポンサーリンク



萩尾弥一役の谷原章介とは


萩尾弥一役の谷原章介さんは、
2枚目俳優として活躍しつつ、
歌番組やバラエティの司会などもしています。


雰囲気に品があるので、
ハンサムな役や嫌味なイケメンなどを演じることが多くありました。


そんな谷原さんが今回演じるのは、
写真館のオーナーで主人公の幼馴染みの律の父親です。


2018年4月からの朝ドラ『半分、青い』で、谷原章介さんは、おっとりした父親役を演じるんだって。

谷原章介が父親役か・・そんな時代か・・それにおっとりした役が似合いそうだね。

そうだね、でも確か谷原さんってお子さんがいっぱいいたよね。だから実際の家族はすごい賑やかなんじゃないかな。

すごく子供に懐かれてそう。『半分、青い』は、一人息子の父親役でしょ? 実生活と比べると、物足りないんじゃないかな




谷原章介さんは、司会業もしていますね。


特にTBSの土曜日の昼のバラエティ番組
『王様のブランチ』では、
10年3カ月もMCを務めていました。


いつも笑顔で明るく、
ドラマの演技では見せない素顔を見せていました。


谷原さんは、色々なことに興味があるようで、
番組で紹介するグッズやメニューに食いついていました。


そして映画が出演した映画で
印象的だったのが『ハンサムスーツ』です。


この映画は、
谷原章介の二枚目顔を生かした映画で、
主人公の塚地武雅が
「誰でも着るとハンサムになれる
というハンサムスーツ」を着ると、
谷原章介になるというコメディ映画でした。


塚地がスーツをきた瞬間に、
顔まで変わって驚く様子は面白く、
街に出れば女子にモテるという役柄も合っていました。


この映画を見て、
「谷原章介さんは、
コメディの方があっているのではないか」と思ったほどです。


ドラマ『シェアハウスの恋人』では、
男性を好きになってしまったかも?
と思い悩む情けない父親の櫻井雪哉役を演じていました。


このドラマもコメディ要素があるドラマで、
谷原章介が好きかもと感じてしまうのは
シェアハウスの同居人の大泉洋さんでした。


その大泉洋さんが演じる
川木辰平は、
新しいシェア仲間の
水川あさみさん演じる津山汐が気になり始め、
なぜか津山汐は櫻井が気になる
という変わった三角関係でした。


この時の谷原章介さんが演じた櫻井雪哉は、
父親として本当に頼りなく、
津山汐が櫻井の息子役の櫻井空知に、
お父さんをカッコ良く戻してあげると約束するくらいでした。


そんなハンサムマンや情けない父親役
を演じてきた谷原章介さんが、
今回演じるのは優しい父親役です。


楽しみですね。

谷原章介の萩尾弥一役への意気込み


2017年8月22日に行われた
『半分、青い』の記者会見場で、
谷原章介さんが話された
コメントを文字起こししました。


「僕自身は、1972年生まれなんですね。


今回永野芽郁ちゃんと
佐藤健くんが演じる2人は、
1971年生まれなんですね。


僕自身台本を読んでいると、
懐かしい絵がいっぱいあるんですよね。


知ってる知ってる、
これ見た見た、
これも経験したした
っていうものを、
なんか自分が空気を吸ってきた時代を、
彼らが台本の中で育っていく感じを
楽しみにしています。


(出演者のみなさんがおっしゃるように)
台本がとっても生き生きしているので、
そのドラマを見た(視聴者の)
みなさんが生き生きするような
ドラマにしていきたいと思っています。」



ドラマ『半分、青い』の世界観に対する
谷原さんの思いがわかりますね。


自分の人生を追体験している感覚に
なるのかもしれないですね。


楽しみです。

関連記事: 半分、青いのヒロイン・楡野鈴愛 (にれの すずめ)役の女優は誰?

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。