半分、青いで少女漫画家・秋風羽織役の俳優は誰?


ドラマ『半分、青い』は、
2018年4月からスタートするNHK連続テレビ小説です。

昭和後期に岐阜県で生まれた
主人公が成長し、
夢を追いかけて上京します。

その主人公・楡野鈴愛の上京のきっかけを
作ったのが漫画家の秋風羽織です。

一体誰が演じるのでしょうか。

スポンサーリンク


半分、青いで少女漫画家・秋風羽織役の俳優

朝ドラ『半分、青い』の主人公の
楡野鈴愛は岐阜県の小さな町の
食堂の娘として生まれてきました。

 

明るく優しい家族に囲まれて育った
鈴愛はいつのまにか
思い立ったら先のことを考えずに
行動してしまう活発な女の子になりました。

 

活発な鈴愛ですが、
小学3年の時に病気により
片耳の聴覚を失ってしまいます。

 

それでもユニークな発想で
なにごとも前向きに考えようとします。

 

鈴愛は小さな頃から絵を描くのが好きでした。

 

聴覚を失って以降、
絵を描くことがさらに好きになったようです。

 

鈴愛は漫画家になる夢を持ち始めます。

 

父親も漫画好きだったので、
それが鈴愛の行動に拍車をかけたかもしれません。

 

そして鈴愛の漫画家への道を
目指すきっかけを作ったのが、
漫画家の秋風羽織です。

 

秋風羽織(あきかぜ はおり)を演じるのは
豊川悦司さんです。

 

豊川悦司画像
 

秋風羽織は、
美少女・美少年の漫画を描く人気漫画家でした。

 

鈴愛もファンの一人だったのでしょう。

 

鈴愛は彼のような漫画家を目指し
上京してきますが、
いざ本人に会ってみると偏屈なおじさんでした。

 

毎回、編集者を困らせており、
人に協力するなどといった社会性がありません。

 

しかし、漫画へは一切の妥協を許さないというプロです。

 

鈴愛がどういう経緯で彼に出会ったのかはまだわかりません。

もしかしたら直接出版社に行き、
弟子入りしたい旨を伝えてもらったのかもしれません。

 

結果的に、弟子入りするのですが、
秋風は偏屈な人間です。

 

指導するというわけではなく、
自分の漫画を手伝わせては
ただ何度もダメ出しをするような気がします。

 

秋風のダメ出しに付き合っていくうちに、
鈴愛もアシスタントとして成長していくのでしょう。

 

スポンサーリンク




秋風羽織役の豊川悦司とは

 

秋風羽織役の豊川悦司さんは、
言わずと知れた俳優です。

 

「トヨエツ」と呼ばれています。

 

無口な役や弁護士、
刑事などさまざまな役柄を演じていますが、
少女漫画家役は初めてなんじゃないでしょうか。

 

秋風羽織がどんな漫画を描く設定なのか気になります。

 

豊川悦司さんが2018年4月の朝ドラ『半分、青い』で、偏屈な漫画家の役をやるんだって。

偏屈な役が似合いそうだね。

豊川悦司さんは1962年3月18日生まれで、55歳なんだって。

もうそんな年齢か。

身長186センチ。紙に向かって背中を丸くしている姿はあまりイメージできないね。

まあ、そうだね。偏屈なのはイメージできるけど。


 

豊川悦司さんの出演作品で印象的だったのは
『20世紀少年』のオッチョ役です。

 

長髪で格闘が強い役柄でした。

 

身長の高いトヨエツに似合う役でした。

 

主人公とその娘を最後まで支えて、
敵に向かう様子はカッコ良かったです。

 

そして刑事役としてカッコ良かったのが、
映画『プラチナデータ』です。

 

DNA解析による事件解決が
主流になりつつある時に、
自らの足と直感で捜査をしようとする
浅間警部補を演じていました。

 

そんな役と正反対だったのが
映画『後妻業の女』で演じていた
結婚相談所の所長です。

 

主演の大竹しのぶさんが演じる小夜子は
金持ちの男の元に嫁いでは
遺産をもらうという後妻業をしていました。

 

それを裏で操っていたのが
トヨエツ演じる柏木でした。

 

これは本当に人として最低な役でした。

 

最近の作品は主演というよりは、
脇で主役をしっかり支えるポジションで
存在感を示していることが多いですね。

 

でも20年以上前のドラマでは、
純愛ストーリーで主役を演じていました。

 

『愛していると言ってくれ』では、
聴覚障害のある画家を演じました。

 

女優の卵の役の初々しい常盤貴子さんと
ひたむきに愛を育む姿は、
当時号泣しながらテレビの前に座っていた人も多いと思います。

 

豊川悦司の半分、青いにかける意気込み

2018年1月10日付けで
『半分、青い』の新キャストが発表になりました。

 

その中に豊川悦司さんのお名前がありました。

 

そして豊川さんの役にかける意気込みのコメントが紹介されました。

 

「今や飛ぶ鳥を落とす勢いの最強の看板枠、連続テレビ小説に初出演できることを大変光栄に感じます。

旧知の北川悦吏子さんから、とってもとってもとっても難しいキャラクターをいただきました。

全く自信はありませんが、弱気を武器に、真摯に努めて参ります。

ビターアンドスィート、オールドベイビーな秋風羽織に少しだけ、ご期待くださいませ。」


トヨエツらしいコメントですね。


豊川悦司さんの秋風羽織が、
どのような衣装で登場するのかも気になります。


少女漫画家なので、
実はかわいいものが好きなのではないでしょうか。


ドラマ『半分、青い』は、
豪華キャストの出演が決まっている連続ドラマです。


ひとりの女性の人生を描いたストーリーですが、
その主人公の人生に大きな影響を与える
さまざまな人物が登場します。


その一人が漫画家の秋風羽織です。


どんな漫画を描くのか、
主人公の鈴愛とどのように出会い、
影響されあうのか気になります。


関連記事: 半分、青いのヒロイン・楡野鈴愛 (にれの すずめ)役の女優は誰?


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。