トマスシンドラーの声優は誰?他のキャラクターも気になる!

トマスシンドラーの声優は誰?他のキャラクターも気になる!



『名探偵コナン ベイカー街の亡霊』は、
コナンシリーズの中では異色の映画です。

その理由の一つは、
最初から犯人がわかっていることです。

犯人の名前はトマス・シンドラー

IT産業界の帝王と言われる男です。

トマスシンドラー役の声優は誰なのでしょうか?

また他にはどんなキャラクターを演じてるのでしょうか?

スポンサーリンク



トマスシンドラーの声優


トマス・シンドラーは、
重厚な声で、大物感たっぷりです。


そして冷徹でありながら、
消すことのできないコンプレックスにとらわれていました。


この複雑な役を演じたのは、
津嘉山 正種(つかやま まさね)さんです。


劇団青年座所属の俳優で、
舞台、映画、テレビドラマ、
アテレコ、アフレコなど
たくさんの作品に出演しています。


生年月日は1944年2月6日です。




出身地は沖縄県那覇市です。


まだ沖縄が本土復帰する前に、
役者を志し上京したそうです。


ほとんどの劇団の養成所の願書は
締め切られていて、
劇団青年座には知り合いの”つて”で
受験できました。


研究生として合格し、
7年かけて劇団員に昇格したそうです。


その後現在に至るまで、
青年座に所属されているので、
縁があったのですね。


俳優として認められ、
舞台で主役もされていた津嘉山さんですが、
何度か体調を崩されて、
復帰が危ぶまれたこともありましたが、
そのたびに復帰されています。


最初に体調を崩されたのは、
1988年4月にくも膜下出血です。


この時はリハビリをされましたが、
同じ年に舞台で復帰しました。


2005年7月には軽度の脳梗塞で、
舞台を降板。


約1ヶ月半後の舞台で復帰。


2009年3月には3度目の脳卒中で
この時も舞台を降板しました。


また同じ年にテレビドラマで復帰しています。


大きな病気を3回も経験しているのに、
その度に復帰されています。


仕事に対する執念でしょうか。


壮絶な感じがします。


スポンサーリンク



津嘉山正種の出演作やキャラクター


津嘉山さんは、
声優さんとしては、
アニメなどのキャラクターの声より、
洋画の吹き替えの仕事が多いです。


吹き替えた俳優


吹き替えしている俳優さんは、
錚々たるメンバーです。

・ケビン・コスナー

・ジェフ・ブリッジス

・ジョン・マルコヴィッチ

・ハリソン・フォード

・ピーター・フォンダ

・マイケル・ダグラス

・リーアム・ニーソン

・リチャード・ギア

・ロバート・デ・ニーロ


渋い俳優さんばかり!!


とくにケビン・コスナー吹き替えは、
たくさんの作品で行なっています。


ケビン・コスナーの吹き替えで
出演されている作品名は次の通りです。

・ アンタッチャブル: エリオット・ネス

・ JFK:ジム・ギャリソン

・ ダンス・ウィズ・ウルブズ:ジョン・ダンバー中尉/狼と踊る男

・ フィールド・オブ・ドリームス:レイ・キンセラ

・ ロビン・フッド:ロビン・フッド

・ ワイアット・アープ:ワイアット・アープ

などなど。

アニメの出演作品


アニメの出演作品は次の通りです。

・ 鋼の錬金術師: カール・ハウスホーファー

・ 闘牌伝説アカギ 〜闇に舞い降りた天才〜: 鷲巣巌

・ ルパン三世 セブンデイズ・ラプソディ: ガズ・キューイック大佐

・ 逆境無頼カイジ: 兵藤和尊

・ ゴルゴ13: レオン・ゴールドマン

・ 魔人探偵脳噛ネウロ: 春川英輔 / 電人HAL

・ バトルスピリッツ 少年激覇ダン: ナレーション

・ ルパン三世 the Last Job: モルガーナ

・ 逆境無頼カイジ 破戒録篇: 兵藤和尊

・ Fate/Zero: 間桐臓硯

・ まじっく快斗1412: ハリー・根津

・ PERSONA5 THE ANIMATION -THE DAY BREAKERS‐: イゴール

などです。


テレビドラマ出演作品


テレビドラマには、
1966年の『マグマ大使』の第9話に
出演されたのが最初のようです。


大河ドラマには11作品出演しています。

・ 竜馬がゆく(1968年)

・ 国盗り物語(1973年) : 毛利新助

・ 山河燃ゆ(1984年) : 平井記者

・ 春日局(1989年) : 片桐且元

・ 琉球の風(1993年) : 浦添朝師

・ 八代将軍吉宗(1995年) : 荻生徂徠

・ 葵 徳川三代(2000年) : 石田正澄

・ 北条時宗(2001年) : 三浦泰村

・ 武蔵 MUSASHI(2003年) : 鐘巻自斎

・ 功名が辻(2006年) : 毛利輝元

・ 八重の桜(2013年) : 神保内蔵助


朝ドラの『梅ちゃん先生』では、
死期を悟った患者さんの役で出演されていました。


もと船乗りだったという設定で、
娘と仲違いしていましたが、
最後には和解して、
娘と梅ちゃんに看とれられる役でした。


民放のドラマでも、
社会現象になった木村拓哉さん主演の
『ロングバケーション』では小田島教授役で出演。


2017年には、
佐藤浩市さんが主演の
『石つぶて 警視庁 二課刑事の残したもの』
という硬派なドラマに出演しています。


どの作品も共通するのが、
津嘉山さんが出演されることで、
そのシーンが引き締まることです。


錨をおろしたように、
ずっしりとした雰囲気になります。


トマス・シンドラーは、
心の中に重く陰を落とすものを持っていたので、
津嘉山さんの声の重さが必要だったのですね。


スポンサーリンク


俳優カテゴリの最新記事