医龍で高橋一生は何話から出演なのか気になる?役名は?



ドラマ 『医龍』は、
バチスタ手術を題材にしたストーリーです。

坂口憲二さんが主演で、
第4期まで放送されました。

実はこのドラマに高橋一生さんが出演していました。

何期の何話から出演されていたのでしょうか?

スポンサーリンク



医龍で高橋一生が出演したのは何話


ドラマ『医龍』は、
漫画が原作のドラマで
バチスタ手術という難しい手術を題材にしています。


拡張型心筋症という心臓の筋肉が弾力を失って
収縮がうまくいかなくなる病気に施す手術です。


簡単に言えば、
伸びてしまった心臓の筋肉を取り除いて、
心臓を縮める手術です。


この手術については、
医療関係者の中に
懐疑的な見方をしている方も多かったようです。


さて、『医龍』は前述のようなストーリーですが、
高橋一生さんが登場したのは、
第2期からです。


第2期は、原作を離れ完全にオリジナルストーリーでした。


医龍高橋一生画像


高橋一生さんが登場したのは、
第2期の第2話からです。


『医龍 Team Medical Dragon2』の公式サイトの
第2回2007年10月18日(木)放送あらすじに、
高橋一生さんの名前が登場しています。


 朝田たちの他にも、医師たちの北洋への異動が行われる。血管外科の外山誠二(高橋一生)、麻酔科の小高七海(大塚寧々)、消化器外科の松本幸太朗(佐藤二朗)らだ。彼らは、いずれも何らかの問題を抱えていて…。


高橋さんは最終話まで、
「チームドラゴン」の7人目として出演していました。


さらに、第3期の第9話と第10話(最終話)にも、
ゲスト出演しています。


最初はいけ好かない男でしたが、
徐々に人間的にも成長していきました。


もともと優秀な外科医だったので、
人間性も加われば、
最高の医師ですね。

スポンサーリンク



高橋一生の役名


前述してしまったのですが、
『医龍シーズン2』での高橋一生さんの役名は、
外山誠二です。


外山誠二は血管外科医です。


主人公の朝田龍太郎が、
富山の種筒について
「執刀のレベルは俺が見てきた中では最高のレベル」と評価しています。


若手医師ではありますが、
高い技術を持った外科医で、
その腕を自負しています。


若手心臓外科医の登竜門の
「フレッシュマンズライブ」というコンテストでは、
完勝しています。


富山の生い立ちは、
エリート医師の家系です。


父親は東都大学医学部教授。


2人の兄と自身も東都大学医学部を卒業しています。


ただし、兄と比べられると出来が悪かったので、
子供時代は家族から褒められたり、認められたりしませんでした。


そらがりゆうなのかわかりませんが、
実力はあるものの感情の起伏が激しい部分がありました。


ですが、自分のミスを、
朝田やスタッフに助けられたことで、
少しづつ変わっていきました。


彼が変わっていく過程をまたみたいですね。


関連記事:医龍シーズン2 1話からの動画を視聴する方法は?無料で見れる?

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。