黒井戸殺しの探偵の勝呂武尊役の俳優は誰?

黒井戸殺しの探偵の勝呂武尊役の俳優は誰?

ドラマ『黒井戸殺し』はアガサ・クリスティーの
人気小説「アクロイド殺し」を原作とし、
三谷幸喜脚本で描かれたサスペンスドラマです。

原作で事件を紐解いていくのが探偵ポアロ。

『黒井戸殺し』では勝呂武尊です。

誰がこの名探偵役を演じるのでしょうか。

黒井戸殺しの勝呂武尊役の俳優


『黒井戸殺し』のストーリーは、
昭和27年3月のある日、
とある田舎の村で起こった事件から始まります。


唐津佐奈子という女性が亡くなっているのを
村で唯一の医師・柴が発見します。


佐奈子は未亡人で、
夫を殺害した容疑で疑われていた女性です。


彼女の死因は睡眠薬の過剰摂取でした。


そのため、夫を殺した罪悪感からくる自殺が疑われました。


ですが、それを不審に思った人間がいました。


それが黒井戸という村の大富豪です。


なぜ不審に思ったのかというと、
黒井戸は佐奈子にプロポーズをしていたからです。


そして彼女から
「夫の死のことで誰かから脅されている」
とも聞いていました。


そのため、自殺が信じられなかったのです。


それを柴に話した晩、
今度は黒井戸が何者かによって殺されてしまいました。


そして容疑者として疑われたのが
黒井戸の義理の息子の春夫でした。


春夫は黒井戸の姪の花子と婚約しており、
東京にいるはずでした。


しかし、村で見かけたという証言から
容疑者になってしまいます。


それを何とかしようと思った花子は
とある人物に事件解決を依頼することにします。


それが黒井戸家の隣人の勝呂武尊です。


勝呂は探偵でしたが、
すでに引退していました。


そして黒井戸家の隣に住んでいました。


この勝呂武尊を演じるのは、
狂言師の野村萬斎さんです。


野村萬斎画像

勝呂武尊は、
日々の生活が退屈で仕方なかった
のではないかと思うのですが、
花子の依頼を快諾してくれます。


そして捜査をするにあたり、
相棒に選んだのが医師の柴でした。


原作のエルキュール・ポアロは、
「灰色の脳細胞」と呼ばれ、
卓越した洞察力と推理力で事件を解決に導きます。


脚本の三谷幸喜さんによると、
原作の舞台を日本に移しただけで、
勝呂武尊はエルキュール・ポアロと
同じような名探偵として描かれるようです。


楽しみです!!!


スポンサーリンク




勝呂武尊役の野村萬斎とは



勝呂武尊役の野村萬斎さんは、
狂言師を本業としつつ、
さまざまなドラマや映画に出演しています。


そして今回のドラマの前作『オリエント急行殺人事件』でも、
名探偵勝呂武尊役を演じていました。


前回は名実ともに探偵と知られる立場でしたが、
今回は引退後のストーリーということで、
とある村の中での勝呂の評判なども気になります。


野村萬斎さんは、映画『陰陽師』で安倍晴明を演じていました。


安倍晴明は陰陽師として有名ですよね。


祀っている神社もあります。


安倍晴明は魔物退治に陰陽術を使っていました。


野村萬斎さんは、
陰陽術に狂言の動きを取り入れ、
幻想的な映像と動作で
圧倒的な陰陽師を演じていました。


また映画『のぼうの城』では
主人公ののぼうを演じていました。


のぼうは体が大きく、
鈍感に思われがちなお殿様でしたが、
実は農民たちのことをしっかりと考えるお殿様で、
発想力に長けていました。


敵からの水攻めから城を守るために
小舟に乗って踊りを披露するというようなこともやっていました。


一見、バカ殿様のような殿様でしたが、
実は頭のいい殿を面白おかしく演じていました。


そしてドラマ『オリエント急行殺人事件』では、
偶然乗り合わせた電車で
殺人事件が起きてしまい、
それを解決する探偵・勝呂を演じていました。


『オリエント急行殺人事件』では、
勝呂は乗客の話を全て聞いた上で矛盾点を解明し、
わずかなヒントから最後には事件を解明しました。


何を考えているのか分からない佇まいで、
謎を解いていくのを楽しむような探偵でした。


そんな探偵が再びテレビに登場します。


新たな相棒と共に事件に挑みます。


小さなヒントや人々の証言から嘘を見抜き、
見事に事件を解決していくはずです。


予想外の犯人を名指しする時には、
緊張感でいっぱいになるはずです。


本当に楽しみです!

スポンサーリンク

黒井戸殺しカテゴリの最新記事