黒井戸殺しの柴平祐役の俳優は誰?

ドラマ『黒井戸殺し』は、
アガサ・クリスティの「アクロイド殺し」を
脚本家・三谷幸喜さんが、
舞台を日本に移した探偵ドラマです。

ストーリーは物語はある田舎で起きた殺人事件です。

その事件解決のため、
主人公の探偵の助手をすることになるのが
医師の柴平祐です。

誰が探偵の助手の柴平祐を演じるのでしょうか。

スポンサーリンク



黒井戸殺しの柴平祐役の俳優



事件はある田舎で起きました。


未亡人・唐津佐奈子の遺体が見つかり、
彼女の死因は睡眠薬の過剰摂取だとされました。


佐奈子の遺体を発見したのは、
村でただ1人の医師・柴平祐でした。


柴が遺体の状況を警察に説明したのでしょう、
佐奈子は自殺と判断されました。


ですが、
その後、大富豪の黒井戸禄助に柴は呼ばれます。


この医師の芝平祐を演じるのは大泉洋さんです。


大泉洋画像


黒井戸は佐奈子の死を不審に思っていました。


なぜなら禄助は佐奈子に
プロポーズをしたばかりだったからです。


実は禄助は佐奈子からある相談を受けていました。


そのため、自殺が信じられなかったのです。


それを禄助は柴だけに話しました。


しかし、その直後、
「黒井戸は殺された」という知らせが柴のもとに来ました。


そのため柴が再び黒井戸を訪れたところ、
屋敷のものは柴に連絡していないと言います。


不審に思った柴が部屋に駆けつけたところ、
連絡の通り、禄助が殺されていました。


禄助を殺した容疑者として
挙げられたのは、
黒井戸の養子の春夫でした。


しかし、黒井戸の姪で
春夫の婚約者の花子はそれが信じられません。


なんとかしようとした時、
隣人が元探偵であることを思い出したのです。


そこで花子は芝に頼み、
隣に住む探偵に事件の解決依頼をお願いしました。


しぶしぶ依頼に行った芝は、
探偵の勝呂武尊に事件の捜査依頼することができました。


ですが、なぜか柴は勝呂の助手にされてしまいます。


そこから芝は探偵に手伝わされることになります。


探偵と芝のバディは、真犯人を見つけることができるのでしょうか?


スポンサーリンク



芝平祐役の大泉洋とは


医師の芝平祐役の大泉洋さんは、
コメディーからシリアスなドラマまで
さまざまなドラマ・映画に出演しています。


大泉洋さん自身もおしゃべりが面白いので、
コメディ要素が強いように感じてしまいますが、
シリアスな作品にも採用されています。


大泉洋さんが今回演じるのは、
事件に巻き込まれ、探偵の助手にされてしまう医師役です。


怪しい関係者が次々に出てくる中で、
唯一信頼できる人柄として描かれるようです。


探偵の勝呂武尊も独特で
変わった人物のようなので、
2人のやりとりが気になります。


大泉洋さんの出演作の
映画『探偵はBARにいる』はヒット作となり、
3作目も上映されました。


個人的に大泉洋さんが印象的だったドラマは、
『ハケンの品格』です。


『ハケンの品格』の主演は篠原涼子さんで、
何でもできるけど融通がきかない、
お時給の高い派遣社員・大前春子を演じていました。


それに対し大泉洋さんの役は、
営業課の社員で派遣社員を見下す1人でした。


しかし、大前春子の手腕を見るうちに
しだいに意識を改め、
大前に好意を抱いていくという人物を演じていました。


大前とのやりとりが子供の喧嘩のようで、
コントのように見えていたのが印象的でした。


大泉洋さんのコメディ要素を前面に出したような役柄でした。


そして『シェアハウスの恋人』では
同居人の男性から好意を持たれてしまう男性を演じていました。


シェアハウスに男性2人、女性1人で
暮らしていたのですが、
その中で変な三角関係になってしまう
というコメディ要素の強いドラマでした。


しかし、何と言っても彼の代表作は、
『探偵はBARにいる』だと思います。


松田龍平さんとのデコボココンビが面白く、
事件解決はしつつも、
いつも笑いがどこかしらに入っている面白い映画です。


一つの映画の中に、
サスペンス、アクション、
コメディが満載で、
主演が大泉洋さんだからこそ作れたストーリーだと思います。


大泉洋さんは笑いのある役だけでなく、
穏やかな役を演じたこともあります。


その映画が『しあわせのパン』です。


『しあわせのパン』の中で大泉洋さんは、
原田知世さんが演じる妻と
北海道の田舎でパン屋を営んでいました。


セリフは多くなく、
いつもパンを焼いているという穏やかな人柄でした。


見ていても穏やかな気持ちになる
素敵な映画でした。


ドラマ『黒井戸殺し』は、
アガサクリスティーの原作の中で、
犯人の設定が論争を巻き起こすほどでした。


今回の三谷幸喜さんの『黒井戸殺し』ではどうなるでしょうか?


楽しみです。


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。