黒井戸殺しで未亡人の唐津佐奈子役の女優は誰?

ドラマ『黒井戸殺し』は、
原作がアガサ・クリスティの「アクロイド殺し」。

三谷幸喜さんが脚本を手がけた
探偵・勝呂武尊の第2作目となります。

田舎で起きた事件の第一の被害者と
思われるのが未亡人・唐津佐奈子です。

誰が演じるのでしょうか。

スポンサーリンク



黒井戸殺しで唐津佐奈子役の女優


昭和27年の3月に田舎のある村で、
女性の遺体が発見されました。


この女性は未亡人の唐津佐奈子でした。


ここから物語が始まります。


彼女は昨年、夫が他界したばかりでした。


その夫の死について、
周りからは毒殺を疑われていたようです。


唐津佐奈子の死因は睡眠薬の過剰摂取でした。


そのため、彼女の死を知った者の中には
夫殺しを疑われて自殺をしたと考える人もいました。


この唐津佐奈子を演じたのは吉田羊さんです。




しかし、唐津佐奈子の死に疑問を抱いた者がいました。


それが田舎の大富豪の黒井戸禄助です。


黒井戸禄助は佐奈子に好意を抱いており、
結婚を申し込んでいたのです。


そして佐奈子も禄助を信頼していたようです。


ある相談を禄助にしていました。


それは誰かから夫の死について脅されているということでした。


佐奈子から事前に聞いていたことから、
禄助は佐奈子の死を自殺と考えられずに、
佐奈子の遺体を発見した医師の柴に相談したのでしょう。


しかし、今度はその黒井戸が殺されてしまいます。


こうやって黒井戸家の事件が始まったのです。


そして容疑者となった婚約者を守るために、
黒井戸の姪・花子が柴を通して
探偵・勝呂武尊に事件解決を依頼するのです。


黒井戸禄助の殺人と唐津佐奈子の死には、
関係があるのでしょうか?

スポンサーリンク



唐津佐奈子役の吉田羊とは


唐津佐奈子役の吉田羊さんは、
最近超人気ですよね。


『黒井戸殺し』では、最初に亡くなってしまいますが、
事件のきっかけとなる重要人物です。


すぐに亡くなってしまう役なので、
出演シーンは短いでしょうね。


事件の引き金になっているため、
回想シーンなどで登場するかもしれないですね。


吉田羊さんは生まれた年を隠していたけど、今は1974年2月3日生まれだってバレちゃているんだよね。44歳だよ。きれいだよね。

年齢は関係ないね。



吉田羊さんは、ドラマ『HERO』がきっかけで、
人気女優になりました。


『HERO』以前にも舞台やドラマにも
出演していましたが、
『HERO』出演を境に一気に認知度が高まりました。


『HERO』の馬場礼子という役柄が、
自然体だったので魅力的に映ったのでしょう。


杉本哲太さんが演じる田村と
昔付き合っていたことから、
検事局内でもたびたび痴話喧嘩みたいな
やりとりをしていました。


それがコミカルで面白かったです。


馬場玲子はストレスがたまっていると
容疑者に対するツッコミが強くなっていました。


こんなところが、人間味があり、好感が持てました。


そして人間味のある役といったら、
忘れていけないのが『コウノドリ』の小松役です。


ドラマの舞台となる病院の「ペルソナ」で
助産師をしているのですが、
産婦人科よりも妊婦さんに寄り添う助産師さんでした。


ペルソナメンバーを後ろから
大きく支えるとともに、
妊婦さんの心のケアまで気にする
お母さんみたいな役柄でした。


ちょっとした世話焼きおばさんのようでしたが、
吉田羊さんが演じると温かみがあり、
丸みのある役柄でした。


また、医師と患者が多い中で、
その橋渡し的な存在でもありました。


『コウノドリ』は、小松さんあってのドラマだったと思います。


『黒井戸殺し』では、最初に亡くなってしまうので、
吉田羊さんの出演シーンをたくさん見たかったので、
ちょっと残念でした。


吉田羊さん演じる唐津佐奈子は、
最初に亡くなる役ですが、
事件に大きく関係する人物だと
思われるので、
三谷幸喜さんの佐奈子の扱い方も気になります。


楽しみです!!

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。