黒井戸殺しで姪の黒井戸花子役の女優は誰?

ドラマ『黒井戸殺し』は、
アガサ・クリスティの名作「アクロイド殺し」を
日本版キャストにした三谷幸喜さん脚本のドラマです。

探偵・勝呂武尊が殺人事件を解決するストーリーです。

このドラマでは被害者の姪である
黒井戸花子が勝呂に捜査を依頼します。

黒井戸花子を誰が演じるのでしょうか。

スポンサーリンク



黒井戸殺しの黒井戸花子役の女優


昭和27年に田舎の村で事件が起きました。


村で唯一の医師・柴平祐が女性の遺体を発見したのです。


女性は唐津佐奈子という村に住む未亡人でした。


死因は睡眠薬の過剰摂取のため、
自殺が疑われたのですが、
それを不審に思う男がいました。


佐奈子の死を疑った男は、
村の大富豪の黒井戸です。


黒井戸は佐奈子に結婚を申し込んでいました。


そのため、彼女の突然の死が腑に落ちなかったのです。


そして、もう一つ彼女の自殺を疑う理由がありました。


それは、佐奈子から
「ある男から亡くなった夫の死について脅されている」
と聞いていたことでした。


そのため、黒井戸はその男による殺人を疑った
のではないかと思います。


黒井戸はその話を柴にした後、
鍵のかかった部屋で何者かによって
背中から短剣を刺されて亡くなってしまいました。


そして警察はその日、
黒井戸邸にいた者全員を容疑者と考えました。


さらにもう1人、容疑者が浮上します。


それが黒井戸の姪である
黒井戸花子の婚約者の兵藤春夫です。


兵頭春夫が容疑者の1人になった理由は、
東京にいるはずなのに村で見かけたという証言があったからです。


窮地に立たされた春夫の容疑を晴らすために花子はなんとかしようとします。


そんな黒井戸花子を演じるのは松岡茉優さんです。


松岡茉優画像

そこで花子が思いついたのが、
黒井戸邸の隣に引っ越してきていた
元探偵の勝呂武尊のことです。


花子は勝呂に事件の捜査を依頼することにします。


このように勝呂武尊の捜査がスタートします。


ここまでの流れを見る限り、
花子がわざわざ事件解決を依頼ているので、
容疑者からは外れるのではないでしょうか。


さらに春夫のために探偵を雇うのですから、
婚約者のことを大切に想っているのだと思います。


もしかしたら自分が容疑者から抜けるために、
勝呂に捜査を依頼した可能性も考えたのですが、
どうでしょうか?


黒井戸禄助の遺産は、
姪である花子が受け継ぐのではないでしょうか?


そこは気になりますね。

スポンサーリンク



黒井戸花子役の松岡茉優とは


黒井戸花子役の松岡茉優さんは、
1995年2月16日生まれで、
まだ23歳です。


人気があって、さまざまな映画やドラマに出演していますよね。


出演作には、
・問題のあるレストラン

・コウノドリ

・ウチの夫は仕事ができない

・ちはやふる(映画)

などに出演があり、
バラエティ番組にも進出しています。


松岡茉優さんの出演作で、
印象的なのはドラマ『コウノドリ』です。


シーズン1、2に出演していますが、
シーズン1ではまだ新人医師・下屋として
主役の産婦人科医サクラや四宮を頼る存在でした。


頼りないけど明るく一生懸命な女医というイメージでした。


これは松岡茉優さんのイメージにぴったりだと思いました。


シーズン2では成長した一人前の女医になっていました。


さらに成長しようと産婦人科から救命に異動をし、
どんな状況でもお母さんと赤ちゃんを守ろうとしていました。


下屋の様子は、
シーズン1から確かに成長していました。


それが松岡茉優さん自身の成長とも重なって見え、
毎回下屋先生が見るのが楽しみでした。


ドラマ『ウチの夫は仕事ができない』では、
主演の新妻の小林沙也加を演じていました。


毎朝、夫の司のためにかわいいお弁当を作り、
仕事ができない夫のために企画を考えたり、
可愛らしい奧さんを演じていました。


こんな奧さんがいたらいいな
と願う男性は多かったのではないでしょうか。


このドラマの中で小林沙也加は、
妄想で色々な役をしていました。


ミュージカル風に登場したり、
夫に捨てられる想像をしたりしていて
とてもおもしろかったです。


『黒井戸殺し』は三谷幸喜さんの作品ですが、
松岡茉優さんは、
三谷さん脚本のNHK大河ドラマ『真田丸』にも出演していました。


主人公の真田幸村の妻、春の役でした。


大谷刑部の娘で、
嫉妬深い女性の役でした。


それでも武士の妻として、
潔い女性として描かれていました。


今回の『黒井戸殺し』では、
婚約者を想うお金持ちの女性の役なので、
松岡茉優さんの優しくて、
かわいい雰囲気が出てくるのではないかと思います。


そうはいっても、
三谷幸喜さんの作品なので、
ちょっとひねくれた可愛い女性になるかもしれません。


楽しみです!

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。