黒井戸殺しの秘書の冷泉茂一役の俳優は誰?

ドラマ『黒井戸殺し』は、
有名作家アガサ・クリスティの
「アクロイド殺し」が原作で、
それを三谷幸喜が脚本を手がけることで
誕生した推理ドラマです。

事件を解決するのは、名探偵の勝呂武尊です。

探偵の役に立とうとするのが、
殺害された黒井戸禄助の秘書・冷泉茂一です。

一体、誰が演じるのでしょうか。

黒井戸殺しの秘書の冷泉茂一役の俳優


事件は昭和27年、
とある田舎の大富豪の家で起こりました。


きっかけはある女性の死でした。


死亡したのは唐津佐奈子という未亡人で、
死因は睡眠薬の過剰摂取。


昨年、夫が亡くなり、
その夫を毒殺したと疑われていました。


佐奈子の死は、
夫を殺したことを悔やだことによる
自殺のように考えられました。


しかし、佐奈子の死を自殺と考えない人物がいました。


その人物から佐奈子の遺体を発見した村の医師の
柴平祐は呼ばれました。


その人物とは大富豪の黒井戸禄助です。


しかし禄助は、柴にある話をして別れた直後に
何者かによって殺されてしまいました。


そして黒井戸の姪の花子の考えで
隣に越してきた元探偵・勝呂武尊と
医師の柴が事件解明をすることになりました。


その2人に協力するのが、
黒井戸の秘書の冷泉茂一です。


冷泉茂一を演じるのは、寺脇康文さんです。


寺脇康文画像

秘書からすると主人の死は大事件なので、
捜査に協力するのは当たり前ですが、
それ以前に冷泉茂一は推理小説好きという一面がありました。


そのため、主人の不審な死について
自分なりの推理をしようとします。


冷泉にとっては、
かの有名な名探偵の勝呂武尊の推理を
自分の目で見られるという嬉しさがあるのかもしれません。


自分の推理力にも自信があるのかもしれませんね。


それを勝呂の前で披露したいという欲求もあるかもしれません。


ただドラマの流れていくと、
やはりその推理は的外れになるのでしょう。


ただ、そんな冷泉の推理内容から
勝呂は黒井戸の習慣や周りの状況について
ヒントを得ることができるかもしれません。


スポンサーリンク



冷泉茂一役の寺脇康文とは


冷泉茂一役の寺脇康文さんは、
俳優としてだけでなく
バラエティ番組にも出演しています。


なので、世間的にかなり顔の通った方だと思います。


寺脇康文さんが演じる冷泉茂一は、
推理が好きな秘書役です。


秘書という仕事柄を考えると、
亡くなった黒井戸禄助について
一番詳しい人物とも言えるでしょう。


ですから、冷泉茂一の推理は
核心に迫るものがあるかもしれません。


彼を通じて生前の黒井戸の様子をきっと知ることができますよね。


ドラマ内で強力なキャラになりそうです。


寺脇康文さんは、岸谷五朗さんと
「地球ゴージャス」という企画ユニットを結成して、
舞台作品にも多く出演しています。


お互いにとても信頼しあっているようで、
「お前のためなら死ねる」と
岸谷さんは寺脇さんに言っているそうです。


寺脇康文さんの代表作といったら、
『相棒』の名前が上がりますね。


水谷豊さんが演じる紳士スタイルの右京と
寺脇演じるカジュアルスタイルの
熱血の亀山は合わないようで息がピッタリの相棒でした。


亀山はシーズン7まで、
右京の相棒役を演じていました。


このドラマは、
未だにシーズンが続いている刑事ドラマです。


刑事ドラマでこれだけ続くのは
やはり最初の2人のコンビが面白かったからではないでしょうか。


右京の相棒役はシーズンによって変わっていますが、
一番印象が強い相棒が寺脇康文演じる亀山でした。


頭脳派の右京に対し、
行動派で予測がつかない
というのがいかにも刑事らしく、
寺脇さんらしい役柄のように感じました。


その他にも寺脇康文さんは、
『王様のブランチ』という
土曜お昼のバラエティ番組で10年間もMCをしていました。


ドラマとは違う明るくユーモラスな雰囲気で
場を和ませたり笑いをとっていました。


俳優で忙しく活躍しつつも生出演していました。


笑顔が多い面白い人というイメージでした。


今回寺脇康文さんが演じるのは秘書というお堅い役柄です。


しかし推理が好きなため、
ちょくちょく探偵にちょっかいを出してくると思われます。


どんな秘書役を演じるのか楽しみです。


ドラマ『黒井戸殺し』は、
主人公は探偵・勝呂武尊ですが、
周りの登場人物のキャラが濃く、
その多くが容疑者なので
どのようなストーリーになるのか期待が高まります。


そんなドラマ内で
ちょっと癖のあると思われるキャラが
秘書の冷泉茂一です。


楽しみです。


スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。