黒井戸殺しの復員服を着た謎の男役の俳優は誰?

黒井戸殺しの復員服を着た謎の男役の俳優は誰?

ドラマ『黒井戸殺し』は、
アガサ・クリスティの「アクロイド殺し」を
三谷幸喜さんが脚本を手がけて作られたドラマです。

探偵・勝呂武尊のストーリーで、
謎解きミステリーです。

このストーリーの中に、
いかにも怪しげな復員服を着た見知らぬ男が出てきます。

一見すると、
殺人事件の犯人のように考えられる男ですが、
一体誰が演じるのでしょうか。

スポンサーリンク



黒井戸殺しの復員服を着た男役の俳優


昭和27年、ある村で女性の遺体が発見されました。


それは未亡人の唐津佐奈子でした。


死因は睡眠薬の過剰摂取だったので、
自殺が考えられました。


しかし、それを不審に思った人物がいました。


その人物が村の大富豪の黒井戸禄助です。


なぜ、禄助が唐津佐奈子の死を不審に思ったかというと、
佐奈子に結婚を申し込んでいたからです。


さらに彼女から「ある男に脅されている」と相談も受けていました。


そのため、佐奈子が自殺したとは考えられなかったのです。


そこで彼女の遺体を発見した
医師の柴平祐を食事に招きます。


そして食後に佐奈子から受けていた相談の話を柴にします。


その時佐奈子から禄助の元に遺書が届いたため、
柴は席を外して帰宅することとなりました。


その途中、柴は不審な男を見かけます。


復員服を着た見知らぬ男です。


この役を演じているのは、和田正人さんです。


和田正人画像

そして嫌な予感がしながら家についたところで、
黒井戸家から「黒井戸が殺されている」という連絡がきます。


柴が黒井戸の屋敷についてみると、
誰も柴に連絡をしていないと言います。


そこで柴が禄助の部屋に駆けつけたところ、
鍵がかかっており、
開けてみると禄助は背中から短剣を刺されて亡くなっていたのです。


ここで気になるのが、
柴が見たという復員服を着た見知らぬ男です。


その男を見た直後に黒井戸禄助が死んだので、
明らかに容疑者のように考えられます。


そうはいっても、
ミステリーでは一番怪しい人物は犯人ではない
ことが多いので、
真犯人ではない可能性が大きいと思います。


もしこの男が犯人だったら、
ちょっとがっかりしてしまうかもしれません。

スポンサーリンク



復員服を着た男の役の和田正人とは


復員服を着た男の役の和田正人さんは、
『ルーズヴェルトゲーム』や『コウノドリ』、
『地味にスゴイ!校閲ガール河野悦子』があります。


『ルーズヴェルトゲーム』では、
野球を続けるために他のチームへの移籍も考えるも、
社長の思いを知って、
会社のチームにとどまることを決める
北大路犬彦を演じていました。


短気だけど人情に熱い熱血漢は、
和田正人さんのイメージにぴったりでした。


同様の熱血漢役を演じたのが『コウノドリ』で、
早産の奥さんを持つ旦那さん役でした。


早期出産で産まれた子に
「頑張れ」と声をかけ、
今後大変な子育てにも前向きな感じがひしひしと伝わってきました。


『地味にスゴイ』では、
主人公の河野悦子が所属する
校閲部の社員を演じていました。

この時の和田さんの役は、
オネエでおしゃれな役でした。


校閲部に来る営業に色目を使ったり、
お弁当を用意するなど女子社員のような役柄でした。


それがまたしっくりくる感じで
演じていたのでいろんな演技ができる人なんだと思いました。


2017年秋のドラマ『陸王』では、
実業団の陸上部で長距離を走る選手の役もしていました。


和田正人さんは、
実際箱根駅伝に出場されていて、
陸上選手としての将来も期待されていた方でした。


ですが、所属チームが廃部になり、
和田さんも怪我をしていたため、
俳優になることを決めました。


成功や挫折を経験されている方なので、
演技にも深みがあるのかもしれません。


ドラマ『黒井戸殺し』は、
容疑者がみんな怪しく、
誰が犯人かわかりません。


その中でも一番怪しまれるそうなのが、
殺人事件の前に見かけた復員服の男です。


真実がどうなるのか早く知りたいです。

スポンサーリンク


黒井戸殺しカテゴリの最新記事