ピーチ航空パイロット自社養成の倍率は?試験内容は?

ピーチ航空が自社パイロット養成を
始めることを発表しました。

まだ応募も始まっていませんが、
試験の倍率はどれくらいになるのでしょうか?

また試験内容もきになりますね。

しらべてみました。

スポンサーリンク



ピーチ航空パイロット自社養成試験の倍率


ピーチ航空の自社養成パイロットへの
試験の倍率は、
相当なものになると考えられます。


現在日本ではANAとJALが、
パイロットの自社養成をしています。


飛行機イメージ画像

JALでは70名程度の採用が予定されています。


この70人の枠に対して、
7000人以上の応募があることも
珍しくないようです。


単純に考えると100倍です。


その年ごとにもちろん違うのですが、
300倍以上になった年もあるそうです。


ピーチの試験の倍率も
JALの倍率と考えるのが普通ですよね。


試験の倍率は高いと想像していましたが、
これほど高いとは驚きです。


試験を突破した時の喜びもひとしおですね。

スポンサーリンク



ピーチ航空パイロット自社養成の試験内容・方法


JALやANAの自社養成パイロットの試験内容は、
公表されています。


もちろんピーチの試験内容は、
まだ公表されていませんが、
参考になるのではないかと思います。

JALの試験内容・方法


応募から最終面接までの道程です。

2019年度採用
書類選考エントリーシート(Web上で提出)
1次試験心理適性検査
2次試験集団面接・適性検査
3次試験個人面接
4次試験飛行適性検査
5次試験英会話面接・身体検査
6次試験最終面接


ANAの試験内容・方法


ANAはちょっと古いものしかわかりませんでした。

2017年度採用
エントリー審査適性検査SPI3(テストセンター)
テストセンター合格後・
エントリーシート提出
1次試験グループ面接
2次試験航空適性検査(操縦模擬ツール)、
心理適性検査
3次試験航空身体検査
4次試験個人面接、
航空適性検査(シミュレーター)
5次試験個人面接、
英語コミュニケーションテスト


JALとANAの試験を比べて見ると、
同じ検査でも受ける順番が違っています。


ANAはまず試験や検査でふるいにかけてから、
人物を見るという方針のようです。


効率的に優秀な人を集めたい
ということになるのでしょうか。


「効率的」というのは、
LCCにとっては「使命」のようなものですから、
ANAに近い試験の内容と方法が
ピーチでも採用されるのではないでしょうか。


とはいえ、
パイロットは冷静沈着で、
気分のムラがあってはいけないし、
当然高い技術力も必要です。


すべてにおいて優れた人を選ぶには、
それなりの手間も必要なはずです。


ANAが効率的と言っても、
5次試験まであるのですから、
効率ばかりを追っている訳ではないですね。


試験を受ける方達は、
自分の良いところをいっぱい見つけて、
自信を持って臨んでもらいたいです。


関連記事: ピーチ航空パイロット自社養成の募集要項や資格は?応募はいつから?

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。