黒井戸殺しの女中頭・来仙恒子役の女優は誰?

ドラマ『黒井戸殺し』は、
探偵・勝呂武尊による推理ドラマです。

今回は田舎の大富豪の屋敷での殺人事件です。

屋敷には使用人がいるのですが、
その1人により容疑者が増えることになります。

その証言をしたのが女中頭の来仙恒子です。

一体誰が演じているのでしょうか。

スポンサーリンク



黒井戸殺しの女中頭・来仙恒子役の女優



昭和27年、とある村で事件が起きました。


村一番の大富豪・黒井戸禄助が、
何者かにより殺害されたのです。


その日、黒井戸禄助の屋敷には、
旧友や秘書、使用人や禄助の義妹親子、
医師の柴平祐がいました。


柴は村唯一の医師で、
黒井戸禄助が結婚を申し込んでいた
女性・唐津佐奈子の
遺体を発見した人物でした。


禄助は佐奈子の死に
ショックを受けると共に
疑問に感じたことがあったため、
柴に話を聞こうとしたようです。


しかし、佐奈子からの遺書が届き、
それを読むために
禄助が1人になったところで、
彼は殺されてしまいます。


警察の聴取によると
容疑者はその日屋敷にいた全員です。


さらに濃厚な容疑者として浮上するのが
黒井戸の姪の婚約者である兵藤春夫です。


なぜ彼が容疑者になったのかというと、
黒井戸家の女中頭・来仙恒子の証言があったからです。


余貴美子画像

春夫は本来なら東京にいるはずでした。


しかし来仙が村で見かけたということから、
容疑者となったのです。


この女中頭は使用人の中でも古く、
黒井戸家にまつわる謎について、
いろいろ知っていそうな雰囲気があります。


禄助自身も彼女のことは
信頼していたのかもしれません。


そうなると、黒井戸の死についても
何か知っていそうな節があります。


警察が事件関係者に聴取をしますが、
女中頭ともなれば使用人の口裏合わせを
指示する可能性もあります。


なんだか怪しい。

スポンサーリンク



来仙恒子役の余貴美子とは


来仙恒子役の余貴美子さんは、
演技派女優として知られ、
さまざまな役柄を今まで演じています。


余さんが今回演じるのは、
女中頭という女中のトップで、
謎の多い屋敷に勤めているという設定です。


余貴美子さんの出演作には、
映画『おくりびと』、『ツレがうつになりまして』、
『八日目の蝉』、『寄生獣』があります。


ドラマでは『クレオパトラな女たち』、『家政婦のミタゾノ』がありました。


『ツレがうつになりまして』では、
宮崎あおいさんが演じる主人公ハルさんの
母親役を演じていました。


娘の旦那さんが
ウツになったことを知って
心配はしていましたが、
あまり深入りせずに
後ろからそっと支えるような
温かいお母さん役でした。


そして『八日目の蝉』では、
主人公が幼い時に育ててくれた女性と
一緒に入る施設のトップのエンゼルさんを演じていました。


いつも無表情で、
神様と対話しているような様子は独特で、
個性的な役柄でした。


他の人ではそんな雰囲気は出せなかったのではないかと思います。


なので、「さすが余貴美子」と感じました。


そして「寄生獣」では、
主人公・新一の母親役を演じていました。


息子が寄生されたことに全く気づかず、
明るく温かい雰囲気のお母さんでしたが、
ストーリー中盤で新一の命を狙う
寄生獣に寄生されてしまいます。


特殊メイクや加工映像もあったのですが、
寄生された後は母親としての表情がなくなり
本当に全く別人のようなでした。


作品や役柄によって、
様々な顔を余さんは見せてくれます!


ドラマ『黒井戸殺し』は、
人気作家アガサ・クリスティの
「アクロイド殺し」を原作としたドラマです。


名探偵が大富豪の殺人事件を推理していく
謎解きミステリーで、
登場人物の誰もが怪しく、
犯人のように見えてしまうストーリーとなっています。


その中で容疑者の一人で、
かなり怪しいのが女中頭の来仙恒子です。


真犯人なのでしょうか?


気になります!

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。