黒井戸殺しの義理の息子の兵藤春夫役の俳優は誰?

ドラマ『黒井戸殺し』は、
ミステリー作家アガサ・クリスティの
「アクロイド殺し」を脚本家の
三谷幸喜さんが日本版に書き直した作品です。

探偵・勝呂武尊主演の第2弾ミステリーです。

容疑者の中で一番怪しい人物が
兵藤春夫という気弱な男です。

一体、誰が演じるのでしょうか。

黒井戸殺しの兵藤春夫役の俳優


昭和27年、田舎の大豪邸で殺人事件が起きました。


殺されたのは屋敷の主人である黒井戸禄助でした。


彼が殺された晩、屋敷を訪れている者が何人もいました。


その1人が村で唯一の医師である柴平祐です。


なぜ柴が黒井戸の家に呼ばれていたのか。


それは、ある女性の死が関係していました。


その女性は唐津佐奈子という未亡人で、
睡眠薬の過剰摂取で亡くなっているところを
柴が発見していたのです。


そして黒井戸禄助は佐奈子に結婚を申し込んでいました。


そのため、佐奈子の死にショックを受けると共に
第一発見者である柴を呼んだのです。


さらに屋敷には禄助の旧友や親族、秘書や執事などもいました。


そのため、当時屋敷にいた者全員が
事件の容疑者となったのです。


さらにもう1人、容疑者に加えられた人物がいました。


それが黒井戸禄助の義理の息子の兵藤春夫です。


春夫は禄助の姪の花子と婚約しており、
事件当時は東京に行っているはずでした。


しかし、村で見かけたという証言から容疑者に浮上したのです。


その兵藤春夫役を演じるのは向井理さんです。


向井理画像

容疑者になってしまった春夫を心配する
花子によって、
元探偵の勝呂武尊が屋敷に招かれ、
事件を解明することになりました。


春夫がどういう人物かというと気弱な男のようです。


そんな気弱な男が殺人などできるのでしょうか?


スポンサーリンク



兵藤春夫役の向井理とは


向井理さんは、以前は爽やかなイケメン役が多かったですが、
最近では陰湿な役もこなしています、


向井さんが今回演じるのは気弱な男性です。


向井さんのイメージから「気弱さ」は感じないので、
どのように演じるのか楽しみです。


向井理さんの転機は、
NHK朝の連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』ではないかと思います。


『ゲゲゲの鬼太郎』の作者の
水木しげるさんを演じました。


水木さんが漫画で生活できる
ようになるまでの苦しい期間を演じる
向井さんの演技からリアルな苦しさが伝わってきました。


水木さんは、
とてもマイペースな方だったようなので、
その雰囲気も向井さんに乗り移っていたように思います。


また、『S最後の警官』では、
仲間を想いながら
犯人確保に熱意を燃やす
熱血警官・神御蔵一號を演じていました。


ちょっとおバカなようで、
実は相手を思い遣る気持ちは人一番強い
という憎めない役をしていました。


ドラマは人気となり、その後、映画化もされた作品です。


そして『信長協奏曲』では、
信長に仕える家臣・恒ちゃんを演じていました。


小栗旬さん演じる三郎が、
信長の偽物とわかっていても
自分たちを導いてくれたことから、
三郎を信頼し君主として信頼する
良き理解者でもありました。


そのため三郎は、恒ちゃんに
いろいろと頼み事ができたのです。


三郎にビシっと言えるのも、
柴咲コウさん演じる帰蝶の他には、
恒ちゃんだけだったようで、
たまにコントみたいな
やり取りをするのが面白かったです。


そして2018年1月期のドラマ
『きみが心に棲みついた』では、
主人公の今日子の大学時代の先輩で
見た目はイケメンですが、
腹黒い裏の顔を持った男を演じています。


過去のトラウマからそのような性格に
なってしまったという設定でした。


今までの向井理さんには
見られない悪い男を演じています。


このように向井理はいろいろな役柄をこなしています。


今回は事件の容疑者になった気弱な男なので、
気弱な向井さんを見るのが楽しみです。


スポンサーリンク


最新情報をチェックしよう!