黒井戸殺しの弁護士の鱧瀬(はもせ)役の俳優は誰?

黒井戸殺しの弁護士の鱧瀬(はもせ)役の俳優は誰?

ドラマ『黒井戸殺し』は、
原作がアガサ・クリスティの「アクロイド殺し」で、
三谷幸喜さんの脚本により日本版にドラマ化しました。

探偵・勝呂武尊の活躍を描くストーリーで、
前回の『オリエント急行殺人事件』と同じく
豪華キャストが出演します、

その中で被害者黒井戸の弁護士である鱧瀬を演じるのは誰なのでしょうか。

スポンサーリンク



黒井戸殺しの鱧瀬弁護士役の俳優


『黒井戸殺し』のストーリーは、
昭和27年、とある女性の遺体が見つかった
ところから始まります。


女性の名前は唐津佐奈子、
去年夫を亡くしたばかりの未亡人です。


佐奈子は夫を毒殺したのではないか
と疑われており、
彼女の死因が睡眠薬の過剰摂取だったため、
夫殺しを悔やんだ自殺に思われました。


一方、
その死に大きなショックを受けたのが、
村の大富豪の黒井戸禄助でした。


黒井戸禄助は唐津佐奈子に好意を抱いており、
結婚を申し込んでいたのです。


そのため彼女の死について聞くため、
佐奈子の遺体の第1発見者である
医師の柴平祐を邸宅に呼びました。


柴や親戚、旧友と食事会をした後、
禄助は柴と2人で話していたのですが、
禄助に佐奈子からの手紙が届き、
それを読むため禄助は部屋に1人になります。


その直後、禄助は背中に短剣で
刺されているのが発見されます。


発見された時すでに禄助は亡くなっていました。


警察は容疑者を、
その日屋敷にいた全員と、
東京にいるはずなのに村にいた
という兵藤春夫としました。


黒井戸禄助の姪である花子と春夫は婚約していました。


花子は春夫の容疑を晴らすために、
柴に頼んで元探偵の勝呂武尊を呼び、
事件解決を依頼します。


ところで、
黒井戸禄助が亡くなったことで、
弁護士が屋敷を訪れてきました。


それが鱧瀬です。


この弁護士の鱧瀬を演じるのは浅野和之さんです。


浅野和之画像

彼は黒井戸家の弁護士であるとともに、
実は唐津家の弁護士でもありました。


鱧瀬が持ってきた黒井戸禄助の遺書には、
衝撃の事実が書かれているようです。


そうなるとストーリーの衝撃シーンを演出する
大事な人物となります。


全員が驚く中で、
鱧瀬はただ1人お茶をすすっているかもしれません。

スポンサーリンク



鱧瀬弁護士役の浅野和之とは


鱧瀬弁護士役の浅野和之さんはベテラン俳優で、
さまざまなドラマに出演しています。


演じる役柄も医師や執事、
教授など幅広いです。


浅野和之さんが『黒井戸殺し』で演じるのは、
大富豪の顧問弁護士です。


高齢の役柄のようなので、
それをどう演じるのか楽しみです。


また、コミカルな役柄も多いので、
どこかとぼけた雰囲気を出すのではないかと期待してしまいます。


浅野和之さんの出演作には、
『母になる』、『コウノドリ』、
『もみ消して、冬』などがあります。


『母になる』では、
息子が行方不明になったユイのママ友の夫で、
ユイの夫の上司である教授役でした。


ママ友に馴染めない妻に変わり、
ママ友達と気さくに連絡を取り合ったり、
娘と協力して妻に
仕事を頑張ってもらおうとする良き父親でした。


そして『コウノドリ』では、
主人公の産科医サクラが働く
「聖ペルソナ総合医療センター」
の院長でした。


医師から人材不足で困っている
など気まずい話になると
何気に逃げたり話を変える、
ちょっととぼけた人物でした。


しかし、サクラを出生時から知っており、
彼がピアニストであることを黙認していたり、
何気に気を使ていると心の広い院長でした。


吉田羊さんが演じる小松とのやりとりは、
痴話喧嘩みたいで面白かったです。


そして2018年1月は、
『もみ消して、冬』でベテラン執事役を演じています。


主人公の北沢秀作を含む北沢家のことを思って、
執事を辞めようとするほど
プロ意識の高い役柄で、
気がきくことに関しては北沢家一です。


そして毎回来るクリーニング屋に対しては、
家庭の内情を探ってこようとするので、
ぞんざな扱いをします。


それがコミカルで面白いシーンです。


浅野和之さんは、
とぼけたコミカルな役柄をすることが多いので、
今回の『黒井戸殺し』の弁護士役も
どこか面白い点があるのではないかと思われます。


ついつい期待してしまいます。

スポンサーリンク



黒井戸殺しカテゴリの最新記事