コンフィデンスマンJPのリチャード役の俳優は誰?

コンフィデンスマンJPのリチャード役の俳優は誰?

ドラマ『コンフィデンスマンJP』は、
コンゲームをテーマにしたドラマです。

主人公ダー子は天才詐欺師で
チームを組んで仕事をします。

その仲間の一人がリチャードです。

一見、紳士のように見える
リチャードを演じるのは誰なのでしょうか。

スポンサーリンク



コンフィデンスマンJPのリチャード役の俳優


2018年4月からスタートする
フジテレビの月9ドラマの『コンフィデンスマンJP』は、
ドラマ『リーガルハイ』や
映画『エイプリルフールズ』を手がけた
脚本家・古沢良太のエンターテイメントストーリーです。


『コンフィデンスマンJP』の主役の
ダー子は正体不明の美女です。


ファッションと美味しい食べ物、
そしてお金が好きという人物で、
その正体は詐欺師です。


ホテルのスイートルームに住みながら、
日夜、大物悪徳人を騙すために策を練っています。


そんなダー子には仕事仲間がいました。


ボクちゃんとリチャードです。


ボクちゃんは詐欺師ですが、
足を洗おうとしている真面目な青年です。


一方、リチャードは変装の名人で、
品があり、どんな相手も騙すことができます。


そのリチャードを演じていているのは、
小日向文世さんです。


小日向文世画像

トレードマークは蝶ネクタイです。

頭の切れるダー子と
真面目ながら仕事になると
人が変わるボクちゃん、
そして変装の名人であるリチャードが
手を組んで大物も騙していきます。


しかし、なぜこの3人が詐欺をしており、
手を組んでいるのかは謎です。


彼らの詐欺のターゲットは
大物悪徳政治家や悪徳企業経営者などです。


つまり、いわゆる悪人を倒す詐欺師なのです。


3人の詐欺師の中でも、
リチャードは品の良さは模倣ではないようです。


もしかしたら、元々家柄がいい人なのではないでしょうか。


しかし今では騙されて全てを失い、
詐欺師になったとも考えられます。


リチャードは興味深い人物です!


スポンサーリンク



リチャード役の小日向文世とは


小日向文世さんは、
かなり年を取ってから売れ出した俳優です。


今では本当に見ないシーズンがないほど、
いろいろなドラマに出演しています。


しかも、人の良さそうな感じがありますが、
悪人や影のある役までこなしています。


今回は変装の名人の詐欺師の役です。


なんとなく役のイメージが
そのまま小日向さんのイメージと同じです。


小日向文世さんの出演作は
『重力ピエロ』、
『アウトレイジ』、
『MOZU』、
『HERO』、
『悪夢ちゃん』、
『グ・ラ・メ 総理の料理番』
などがあります。

個人的に好きなのは
『重力ピエロ』のお父さん役です。


主人公の岡田将生さんが演じる春と
加瀬亮演じる泉水の父親役でした。


春が自分の子供でないとわかりつつも
分け隔てなく育て、
息子たちが事件に関わっているかもしれない
と感じながら優しく見守る様子は好感がもてました。


そして、小日向さんが注目されたのは、
『HERO』の末次さん役です。


検察事務官で、
1、2シーズンとも女性検事の美鈴や玲子に想いを寄せていました。


人の良さそうな感じで、
毎回検事の愚痴を事務官仲間と
話している様子は軽快で面白かったです。


『グ・ラ・メ』では総理大臣を演じていました。


大人しそうですが、
食に関する知識が豊富で
専用料理人による食事会にゲストを呼ぶことで
政治をより良い方向に動かそうとしていました。


静かながら、
奥では何かを考えているような雰囲気があり、
頭のキレル総理大臣を演じていました。


圧巻だったのはNHK大河ドラマ『真田丸』の
豊臣秀吉役です。


ひょうきんな顔の下には、
氷のような残忍さで知略を巡らせる様子は、
いままでの豊臣秀吉の中で一番怖かったです。


このように小日向文世さんは、
おとなしい役から情けない役、
奇抜な研究者から総理大臣まで演じてしまいます。


小日向さんが今回演じるのは、
変装名人の詐欺師です。


適役だと思います。


ドラマ『コンフィデンスマンJP』は
2018年春から始まる月9で、
今までにないコンゲームをテーマにしたドラマです。


騙しあいということでストーリーが気になりますし、
出演俳優も豪華で注目されています。


本当に楽しみなドラマです。

スポンサーリンク


コンフィデンスマンJPカテゴリの最新記事