半分、青いで奈緒が演じる木原田菜生の子役は誰?

ドラマ『半分、青い』は、
2018年4月からスタートする
NHK連続テレビ小説です。

主人公の岐阜県出身の女性・楡野鈴愛の
成長と活躍を描いたストーリーです。

鈴愛の幼い頃から一緒に育った
幼馴染の1人が木田原菜生です。

木田原菜生の子供時代を演じるのは誰なのでしょうか?

スポンサーリンク



半分、青いで木原田菜生の子役


昭和後期の7月7日、
岐阜県の小さな田舎町に女の子が生まれました。


彼女の名前は楡野鈴愛。


町の小さな食堂の長女として生まれてきました。


鈴愛は明るい家族に囲まれて
活発な女の子になりました。


思ったら即行動する様子は危なっかしく、
時には失敗してしまうこともあります。

そんな鈴愛の幼馴染で
仲が良いのは木田原菜生です。


木原田菜生役は学生時代は、
奈緒さんが演じます。


そして木原田菜生の幼少期は、
西澤愛菜(にしざわ あいな)さんが演じます。


西澤愛菜画像

木原田菜生は、
町の洋品店「おしゃれ木田原」の一人娘です。


どうやら、おしゃれにとても使っているようです。


鈴愛がおてんばなのに対し、
菜生は控えめな子です。


優しく、鈴愛が困っている時には
そっと手を差し出すような存在です。


鈴愛は小学3年生の時に
片耳の聴覚を失いますが、
幼馴染の中でもそれを気にかけて
一番にサポートしてくれるのは、
菜生だったのでしょう。


片耳が聞こえないと
友人との会話で聞き取りづらいこともあり、
それを変に思われることもあったでしょう。


そんな時にはそっと耳打ちしたり、
話題を変えたりして、
鈴愛が変におもわれないように
してくれたのではないでしょうか。


また、天然の鈴愛に対し、
菜生は空気を読むのに長けていたようです。


そのため、周りの人間関係や恋愛感情を
理解していたのではないでしょうか。

スポンサーリンク



木原田菜生役の西澤愛菜とは



木原田菜生役の西澤愛菜さんは、
数々のドラマや映画、CMに出演している子役です。


生年月日は、2009年1月8日で、
9歳ですね。


身長は129センチです。(2018年3月9日事務所発表)


西澤愛菜さんは、
演技だけでなくモデルとしても活動しています。


東京ランウェイの『ファミリア』で
キッズモデルとして登場したり、
『おともだちピンク』という子供雑誌にも出ていました。


CM出演の本数も多く、
「マクドナルドのハッピーセット」や
「フィットちゃんランドセル」、
「ケンタッキーフライドキチン」や
「メリット」などがあります。


そして子役としての出演作は、
ドラマ「HERO」、「〇〇妻」、
「問題のあるレストラン」、「オトナ女子」、
「9→5私に恋したお坊さん」
などがあります。


『半分、青い』では、
ストーリーの大事な部分である
主人公と幼馴染の幼少期を描いた部分で
出演するので、
「西澤愛菜」さんの名前の認知度が高まると思います。


活発な主人公に対して控えめなので、
細やかな演技をするのではないでしょうか。


体を使った動きよりも
表情での演技が注目されると思うので、
楽しみです。


気になるのが方言です。


岐阜の田舎町で時代は昭和後期なので、
今の方言とは違う言葉遣いをしている
可能性があります。


それを自然に言えるかどうかも注目です。


主人公の口癖が
「やってもうた〜(やってしまった!)」なので、
それに対して西澤愛菜がどんな反応をしめすのかも楽しみです。


ドラマ『半分、青い』は、
注目の子役がたくさん出演するドラマです。


その1人が主人公の幼馴染役の
木田原菜生の幼少期を演じる西澤愛菜さんです。


そもそもがとても可愛いので、
きっと大人気になると思います!


スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。