半分、青いで上村海成演じる楡野草太の子役は誰?

半分、青いで上村海成演じる楡野草太の子役は誰?

ドラマ『半分、青い』は、
2018年4月からスタートするNHK連続テレビ小説です。

主演は永野芽郁さんの弟を演じるのは、
上村海成さんです。

生まれた時から姉に影響を与え、
影響を与えられる弟の楡野草太
幼少期を演じる子役
は誰なのでしょうか。

スポンサーリンク



半分、青いの楡野草太の子役


昭和後期、岐阜県の小さな町の病院で、
一人の女の子が産まれました。


女の子の名前は楡野鈴愛(にれの すずめ)です。


小さな食堂を営む楡野家の長女でした。


楡野家はおおらかな祖父、
しっかり者の祖母、
明るい母親、
マイペースな父親、
そして鈴愛と1つ違いの弟・草太の6人家族です。


弟・楡野草太の子供時代を演じるのは、
志水透哉です。


志水透哉画像

鈴愛は明るい家族に囲まれて
活発な女の子に育ちました。


考えたらすぐに行動するタイプで後先を考えません。


そんな姉を間近で見て育ってきているせいか
草太は冷静に考えてから行動するタイプです。


おそらく、色々な失敗をする姉が
反面教師となっているのでしょう。


そして草太は姉に振り回される
周囲の人間を見ていたせいか
空気が読めて優しい子のようです。


鈴愛は小学3年生の時に病気で
片耳の聴覚を失ってしまいます。


普段明るい鈴愛ですが、
この時ばかりは元気がなくなるような気がします。


そんな時優しい草太は、
鈴愛のそばに黙っていてくれるのではないでしょうか。

スポンサーリンク



楡野草太の子役の志水透哉とは


楡野草太の子役の志水透哉さんは、
2017年以降の話題作に多数出演している子役です。


出演シーンは少ないながら、
印象的な役柄を演じています。


出演作には、
「コードブルー3」、
「奥様は取り扱い注意」、
「もみ消して、冬」、
「海月姫」などがあります。


コードブルー』では、
最終話の鉄道のトンネル事故に
巻き込まれた少年を演じていました。


事故直後、親とはぐれてしまい、
泣いているところを藤川先生に助けられ、
二次災害の被害に遭わずに済んだ少年です。


助けを呼ぶためには
次の駅まで歩かなくてはいけませんが、
藤川先生は崩落により
岩の下敷きになったため一緒に行くことができません。


それでも少年を無事に助けたいという
藤川先生とのやりとりは心が温かくなりました。


藤川先生にに言われた通り、
泣くのを我慢して数を数えながら
暗いトンネルを歩く様子は健気で、
怖がる様子は演技とは思えないほど自然でした。


ストーリーにのめり込んで見てしまいました。


そして『もみ消して、冬』では、
主人公の北川秀作の幼少期の役で出演していました。


母親が早くに亡くなり、
子供の時に寂しさから家出をしたシーンで
出演していました。


迎えにきたのは家族ではなく執事でした。


家に戻るとカレーが用意された食卓に
家族が座っており、
父親に「早く食べなさい」と促されます。


泣くのを堪えて渋々食べる様子は
大人になった秀作の性格を表していました。


『半分、青い』では、
姉を冷静に見ている弟の役です。


子供時代の楡野草太が、
どんな冷静さを見せてくれるのか、
大人になった時に、
そういえば子供時代の草太もこんなだったね、
と言えるような説得力が欲しいですね。


期待しています。


ドラマ『半分、青い』は、
女性の成長と活躍を描いたドラマです。


そのストーリーは主人公のお腹の中から始まります。


いつもの朝ドラより、
子役の役割が重いかもしれません。


楽しみです。

関連記事: 志水透哉の経歴や生年月日は?父親母親や兄弟も気になる!

スポンサーリンク




半分、青いカテゴリの最新記事