正義のセの検察事務官の木村秀樹役の俳優は誰?

ドラマ『正義のセ』の原作は、
人気作家の阿川佐和子さんで、
新米検事が奮闘して成長する様子を描いています。

主演は吉高由里子さん、
仕事も恋愛も一生懸命頑張る女性を演じます。

主人公の職場には検事と各担当の事務官がいます。

エース検事の大塚仁志の事務官が木村秀樹です。

誰がその役を演じるのでしょうか。

正義のセの木村秀樹役の俳優


ドラマ『正義のセ』の主人公の
竹村凛々子は、
何事も一生懸命に頑張る女性です。


喜ぶ時は大いに喜び、
失敗した時にはこの世の終わりのように凹みます。


しかし、そんな時でも、
しっかり食べてよく飲んで、
翌日には立ち直って前向きになる!


それが凛々子の良いところです。


そんな彼女の仕事は検事です。


横浜地検で2年目の彼女は、
事務所の中ではまだまだ新人で、
先輩検事の大塚に厳しく接しられています。


大塚仁志は、
横浜地検のエースで仕事はもちろん、
プライベートでも隙のない完璧な男性です。


そんな大塚の事務官をしているのが
木村秀樹です。


木村秀樹を演じるのは、
平埜生成(ひらの きなり)さんです。


平埜生成画像

木村はゆとり世代で、
今時の若者らしく安定した生活が好きなようです。


検察事務官になったのも、
安定した職業だからでしょう。


冒険心がなく、
仕事も定時であがるのではないかと思われます。


そして毎回事件を担当するたびに、
全力投球する凛々子を平然と見ているのではないでしょうか。


最初は自分には関係ない
と思って見ているのでしょうが、
おそらくひたむきに頑張る凛々子や
担当事務官の相原を見ているうちに、
仕事に対する熱意が出てくるような気がします。


もしかしたら凛々子達の担当事件の解決に
協力するようなことになるのかもしれません。


スポンサーリンク



木村秀樹役の平埜生成とは


木村秀樹役の平埜生成さんは
主に舞台で活躍している俳優さんです。


テレビドラマ出演したこともありますが、
レギュラー出演の役はあまりなかったので、
今回のドラマ『正義のセ』を機に、
更に知名度が高くなるはずです。


主な活動の場だった舞台では
『ミュージカル テニスの王子様』や
ニナガワ×シェイクスピア レジェンド第1段『ロミオとジュリエット』
にも出演しています。


テレビドラマでは『ディア・シスター』、
『ごめんね、青春』、
『オトナ女子』に出演していました。


映画の出演作品は、
『亜人』、
『斉木楠雄のΨ難』
などがあります。


『オトナ女子』では、
鈴木砂羽さんが演じるミドリの長男役で、
大学生で彼女を妊娠させてしまうという役柄でした。


頼れるようでいて、
3兄弟の中で1番母親を困らせてしまう
という役を演じていました。


そして『亜人』では、
不死の亜人テロリストの1人のゲン役でした。


迫力あるアクションシーンがありました。


平埜さんは、
テレビドラマでは情けない役や
一般の学生役でしたが、
『亜人』のゲン役では、
これを見て今までと違う
シリアスな演技をする平埜生成さんが見られました。


今回のドラマ『正義のセ』では、
主要キャストの1人です。


横浜地検の一員として、
事件解決にどのように関わるのか気になります。


おそらく最初は自分の仕事を
淡々とこなしていくのでしょうが、
竹村凛々子を見ているうちに
次第に仕事に対する姿勢が
変わってくるのではないでしょうか。


木村秀樹と大塚仁志は
イケメンコンビなので、
それだけでも注目です!!


関連記事: 平埜生成の経歴や高校大学は?父母や兄弟も気になる!

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。