正義のセの支部長の梅宮譲役の俳優は誰?

ドラマ『正義のセ』は、
2018年4月からスタートする連続ドラマです。

喜怒哀楽が激しい人情家の
新米検事・竹村凛々子の
成長と活躍を描いたストーリーです。

凛々子が赴任したのは横浜地検です。

個性的な面々の中、
まとめているのが支部長の梅宮譲です。

一体、誰が演じるのでしょうか。

スポンサーリンク



正義のセの支部長の梅宮譲役の俳優は誰


『正義のセ』の主人公の竹村凛々子は、
検事としては2年目の新米です。


最初の1年は大阪に赴任し、
家族や恋人と分かれていました。


ですが、
2年目になって、
地元の横浜地検港南支部に
赴任することになりました。


実家の豆腐屋に戻るとともに、
1年間遠距離恋愛を続けていた
恋人とやっと一緒に過ごせると思い、
赴任初日から意気込んでいるはずです。


そして、
初めて港南支部に来た
凛々子の目の前に現れたのは、
個性的なメンバーばかりです。


エースの大塚や仏のような顔の
徳永などがいます。


そして凛々子につくは担当事務官は、
ベテランの相原でした。


検察官としての仕事をスタートさせ、
事件扱い始めると、
凛々子は他の検事とは違いました。


事件関係者に話を聞くたびに
感情移入してしまうのです。


この様子を見た相原は、
支部長の梅宮譲に、
「どうにかして欲しい」
と頼むではないでしょうか。


この支部長の梅宮譲
(うめみや ゆずる)役の俳優は、
寺脇康文さんです。


寺脇康文画像

相原は、
「竹村凜々子では事件が解決できない」と
直訴するかもしれません。


ですが、
梅宮はおおらかに相原をなだめて
「もう少し見てみましょう」
と提案するのではないかと思います。


梅宮は穏やかに見えますし、
人を見る目を持つ人物だと思います。


新米の凛々子に対しても
仕事の進め方はスムーズでなくとも
その正義感に一目置くのではないでしょうか。


それまでの支部の空気を一変させるような
事件の捜査を行う
凛々子をサポートするのが
支部長の梅宮譲だと思われます。


スポンサーリンク



梅宮譲役の寺脇康文とは


梅宮譲役の寺脇康文さんは、
熱血漢から癖のある役柄までこなす俳優さんです。


寺脇さんが『正義のセ』で演じるのは、
おおらかな支部長の役です。


寺脇さんのイメージは、
大事件が起きると走り出しそうなですが、
『正義のセ』ではどんな思考の持ち主なのでしょうか。


寺脇康文さんは、
映画やドラマはもちろん、
舞台でも活躍しています。


またTBSの土曜日のお昼の情報番組
『王様のブランチ』では、
生放送のMCを10年間も務めました。


寺脇さんの有名な出演作といえば、
『相棒』です。


『相棒』のシーズン1からシーズン7まで
主人公の右京の相棒の亀山薫を演じていました。


『相棒』は、
亀山の成長を描いたドラマでもあり、
シーズン最初はむやみに突っ走る
頼れない亀山でした。


ですが、
回を増すごとに右京とのコンビが強くなり、
頼れる刑事へと成長していきました。


寺脇さんの降板は、
亀山の成長を踏まえ
『相棒』を卒業したようにも感じました。


『正義のセ』は、
刑事と検事という立場の違いはありますが、
検事も事務官とコンビで仕事をします。


そして主人公の凛々子は、
まさに「相棒」の亀山のように
喜怒哀楽が激しく、突っ走るタイプです。


突っ走る凛々子を
優しく見守る支部長役の寺脇康文さんは、
まるで昔の自分をサポートする右京のような役です。


実はこの梅宮譲という役柄は、
大杉蓮が演じる予定でした。


ですが、突然の訃報により、
寺脇さんが代役に立ちました。


寺脇さんとしては、
梅宮譲役が決まった時のコメントで、
大杉さんについて触れています。


きっと大杉さんの分も
しっかり演じないといけない
という意気込みがあるのではないでしょうか。


急遽決まったキャストですが、
ベテラン俳優の寺脇康文さんが
どんな支部長を演じるのか楽しみです。


ドラマ『正義のセ』は、
新米検事が仕事もプライベートも
一生懸命に頑張る様子を描いたドラマです。


主人公の竹村凛々子は感情が豊かなため、
仕事においては周りから、
苦言を呈されることも多々あると思われます。


そんな凛々子を暖かく見守るのが、
支部長の梅宮譲です。


どんな支部長になるのか楽しみです。


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。