正義のセで検察事務官の榎戸修役の俳優は誰?

正義のセで検察事務官の榎戸修役の俳優は誰?

ドラマ『正義のセ』の主演は
吉高由里子さんで、
新米検事の活躍と成長を描いた
ストーリーです。

主人公の凛々子は、
個性的なメンバーがいる
横浜地検に赴任します。

横浜地検のメンバーの1人に、
検察事務官の榎戸修がいます。

一体、誰が演じるのでしょうか。

正義のセで検察事務官の榎戸修役の俳優は誰


ドラマ『正義のセ』の
主人公の竹村凛々子は検事2年目の新米です。

検事になりたての一年目は、
大阪に赴任していましたが、
2年目からは地元からほど近い
横浜地検の港南支部で働くことになりました。


配属先の港南支部の面々は
個性的な人ばかりです。

エース検事の大塚は、
仕事ができない凛々子に対して、
冷たく接してきます。


また、仏のような顔の徳永は、
何を言ってもニコニコとしています。


凛々子の担当事務官の相原は
ベテランで、
凛々子が色々なことに
いちいち反応する様子を見て呆れます。


事務官の仕事は、
担当検事と行動を共に
しなければいけないことも多々あります。


あちこちの現場に行く凛々子に付き合って、
最初は心身ともに疲れるはずです。


2年目検事の凛々子に振り回される
相原を励ますのが、
同僚の事務官の榎戸修なのではないかと思います。


事務官・榎戸修を演じるのは夙川(しゅくがわ)アトムさんです。


夙川アトム画像


榎戸修は、徳永検事の担当事務官で、
要領がよく、面倒なことは一切したくない性格です。


そのため、
面倒なことに付き合わされる相原に同情して、
慰めてあげるのではないかなと推測します。


同じ事務官同士で、
仕事後には飲みながら、
お互いの担当検事の愚痴でも
言い合うのではないか・・・


ストレス発散ですね。

スポンサーリンク



榎戸修役の夙川アトムとは



榎戸修役の夙川(しゅくがわ)アトムさんは、
元はお笑い芸人です。


最近は俳優さんとしての仕事がメインのようですね。


今回『正義のセ』で演じるのは、
面倒なことが嫌いな検察事務官です。


夙川アトムさんの出演作は、
『リッチマン、プアウーマン』、
『コウノドリ』、『過保護のカホコ』などの
話題作があります。


『リッチマン、プアウーマン」では、
小栗旬さんが演じる社長について行く
パソコンオタクの1人を演じていました。


『過保護のカホコ』では、
主人公の家族の一人として
レギュラー出演していました。


主人公のカホコの母の妹と結婚し、
高校生の娘がいるという設定でした。


その高校生の娘は、
音楽的才能があった娘のイトです。


イトは腕の病気のせいで、
もう音楽ができないと落ち込み、
ぐれてしまった時には、
妻のせっちゃんとともに心配していました。


ぐれてしまったイトに対して、
厳しく怒れないちょっと頼りなさそうなお父さん役でした。


見た目もなよなよしていて、
いかにも草食男子が
おじさんになったような感じでした。


しかし、おばあちゃんが入院してしまった時には、
看護師として看病の手はずをしっかりする
頼もしい人でした。


夙川アトムさんは、
線が細い印象があるので、
どちらかというと草食系で
頼りない役をよく演じています。


今回の『正義のセ』での榎戸の役も、
面倒なことが嫌いで要領がいいという、
あまり熱を感じられない役です。


主人公と同じ職場なので、
出演シーンも多いと思います。


どのようなキャラとして登場して来るのか楽しみです。


ドラマ『正義のセ』は、
新米検事の成長を描いたストーリーです。


おそらく彼女に関わった人たちが、
次第に主人公の正義感に引っ張られて、
変わっていくのではないかと思われます。


同僚の中でも一番面倒臭いことを
嫌いそうな榎戸修がもしかしたら、
最も変化するのかもしれません。


もしかしたら後半は、
正義を貫くために面倒なことを
買って出るようになるかもしれません。


榎戸修が変化するのかしないのかも、
注目です!


関連記事: 正義のセの検察官の徳永太一役の俳優は誰?


関連記事: 過保護のカホコのキャスト一覧や役柄は?プロフィールも気になる!

スポンサーリンク

正義のセカテゴリの最新記事