コンフィデンスマンjp第4話で食品加工会社社長の俵屋勤役は誰?

コンフィデンスマンjp第4話で食品加工会社社長の俵屋勤役は誰?


ドラマ『コンフィデンスマンJP』は、
2018年4月スタートの月9ドラマです。

主演は長澤まさみさんで、
主人公の天才詐欺師が、
悪徳大物を騙して大金をGETする
というストーリーです。

第4話の騙される大物は、
食品偽装をする会社社長です。

その社長・俵屋勤を演じるのは誰なのでしょうか。

スポンサーリンク



コンフィデンスマンjp第4話の俵屋勤役は誰?


『コンフィデンスマンJP』の主人公の
ダー子は都内のホテルのスイートルームに
住んでいる一見、普通の美人さんです。


しかし、その正体はコンフィデンスウーマン、
信用詐欺師です。


変装して相手を騙すことで大金を稼いでいます。


そんな彼女には仲間がいます。


真面目な青年ボクちゃんと
品のいい叔父様のリチャードです。


彼らも信用詐欺師で、
ダー子と組んで
大物を騙して大金を稼いでいます。


第4話でターゲットとなるのは、
食品加工会社の社長・俵屋勤です。


俵屋勤を演じるのは佐野史郎さんです。


佐野史郎画像

俵屋勤は、名前を聞くかぎり、
真面目で誠実そうなイメージがありますが、
実は食品偽装を行なって
大金を稼いでいるという裏の顔がありました。

どんな食品を偽装しているのかは
わかりませんが、
高級食材を使っていると謳いつつ、
安く仕入れたB級品を加工して
高額で売りさばいているのではないでしょうか。


これを知ったダー子達は、
俵屋をターゲットにすることに決めます。


そして俵屋社長は映画マニアという趣味があります。


きっとこの趣味を利用して騙すのではないでしょうか。


例えば、
有名映画で使われていた衣装や
小道具をオークションでGETできるようにして
大したものでもないものを、
ありえない金額で購入させるのかもしれません。


そのオークションで、
金額を釣り上げるために、
ダー子が購入のライバルを演じるのかもしれません。


ダー子はどんな専門知識でも、
短期間で記憶することができる上、
頭の回転も早いので、
映画マニア独特の情報で
いかにも希少品を狙う映画マニアに
扮することができるのではないでしょうか。


そして食品偽装は最後には世間に明らかとなり、
会社は倒産に追い込まれるか、
改善をやむなくされて一件落着となると予想します。


どうなるでしょうか?


スポンサーリンク




俵屋勤役の佐野史郎とは



俵屋勤役の佐野史郎さんは、
個性的な役から真面目そうないい人役まで
できるベテラン俳優です。


役柄によって顔つきも変わるので、
今回も良い人面した腹黒い役が似合いそうです。


佐野史郎さんの有名な出演作は、
『ずっとあなたが好きだった』です。


冬彦さんというマザコン夫役で、
大人なのに木馬に乗ったり、
シリアスなドラマで異様なコメディ感を出していました。


そして佐野さんは、
このドラマで一気に知名度が上がりました。


他のドラマの出演作は、
『デカワンコ』、
『リッチマン、プアウーマン』、
『ヒガンバナ』
などがあります。


『デカワンコ』では、
ガラさんと呼ばれるベテラン刑事で、
変な能力のある主人公イチコの能力を認めていました。


現場に出てホシをあげる
昔ながらの警察官で、
味のある役柄でした。


また『リッチマン、プアウーマン』では、
小栗旬演じるIT企業社長を支える
取締役を演じており、
社長に振り回される
気弱な経理担当を演じていました。


このように以前は、
マザコン息子や悪役を演じていましたが、
近年はいい人役で出演することが多くなりました。


ただ、普通のいい人という感じではなく、
どこか癖のある人で、
佐野史郎さん独特の雰囲気が出ていました。


佐野史郎さんは、
悪人を演じる時は
本当に腹の底で何を考えているかわからない
腹黒い雰囲気が出ているので、
『コンフィデンスマンJP』の俵屋勤役でも
そのような演技が見れると期待しています。


そして主人公達に騙されたとわかった時に
どのような表情をするのか、
さらに会社の食品偽装事件が
どうなるのかも注目です。


ドラマ『コンフィデンスJP』は、
月9史上初の詐欺師の活躍を描いたドラマです。


毎回詐欺師のターゲットを演じるのは、
豪華ゲスト俳優です。


第4話のターゲット、
食品偽装をして金儲けをしている
食品加工会社の社長・俵屋勤を演じるのは
ベテラン俳優の佐野史郎です。


ベテランならではの演技が楽しみです!


スポンサーリンク


コンフィデンスマンJPカテゴリの最新記事