コンフィデンスマンjp第3話で美術評論家の城ヶ崎善三役の俳優は誰?

ドラマ『コンフィデンスマンJP』は、
主演は長澤まさみさんで、
華麗に大物を騙すコンフィデンスマン
(信用詐欺師)を演じています。

毎回騙されるターゲットを演じるのは豪華俳優です。

第3話で美術評論家の城ヶ崎善三役を
演じるのは誰なのでしょうか。

スポンサーリンク



コンフィデンスマンjp第3話で城ヶ崎善三役の俳優は誰


ドラマ『コンフィデンスマンJP』の主人公の
ダー子は年齢不詳、
正体不明の天才詐欺師です。


短期間で専門知識を習得する才能があり、
頭の回転が速いため
どんな専門家にもなりすまし、
相手を騙すことができます。


そんなダー子に協力しているのが、
ボクちゃんとリチャードです。


ボクちゃんは真面目な考えの持ち主で、
人を騙すのは悪いことと理解しています。


そのため、足を洗おうとしているのですが、
事あるごとにダー子に丸め込まれて、
仕事を手伝わされるハメになっています。


そしてリチャードは品の良い
ジェントルマンといった感じですが、
変装のプロでどんな人物にも変装して
相手の懐に入ることができます。


そんな3人のターゲットは、
悪事を働いて金儲けをしている者です。


そして第3話のターゲットとなるのは
高名な美術評論家の城ヶ崎善三です。


その城ヶ崎善三役を演じるのは石黒賢さんです。


石黒賢画像

城ヶ崎善三には、
美術品に対する高い審美眼があります。


そのため、
何気ない美術品に
高価な価値があることがわかります。


その能力を使って、
高い価値のある美術品を、
安く仕入れて高値で売り飛ばし、
私腹を肥やしていました。


城ヶ崎に言いくるめられて騙され、
大損をした人も多いはずです。


おそらくダー子たちは、
城ヶ崎の美術評論家としての地位と、
審美眼を利用して、
彼を騙すはずです。


きっとダー子は美術評論家としての
知識をあっという間に習得して、
高価な美術品を
城ヶ崎に売り込もうとするのではないでしょうか。


そしてその美術品の売却を約束し、
巧妙に作られた偽物を渡して
大金を騙し取るのではないでしょうか。


どうやって城ヶ崎の盲点をつくのか気になります。

スポンサーリンク



城ヶ崎善三役の石黒賢とは


城ヶ崎善三役の石黒賢さんは、
さまざまな作品に出演していています。


どんな作品でも一癖ある、
もしくはストーリーで重要な役柄を
演じることが多い様に感じます。

今回のドラマで演じるのは、
美術評論家で、
詐欺師のターゲットになる人物です。


どのように騙されるのか、
騙されたとわかった時に
どのような表情をするのか楽しみです。


石黒賢さんは、
以前はドラマの主演が多かったですが、
今では脇を固める俳優として、
存在感を示しています。


石黒賢さんの有名な出演作は、
『振り返ればヤツがいる』です。


真面目な医師・石川役を好演していました。


織田裕二さんが演じる
ライバル医師とのやりとりが面白く、
毎回楽しみにしていました。


ただ最終話では、
病気になり手術をするも、
亡くなってしまうという悲劇的な役柄でした。


泣きました・・


そのほかの出演作は、
『ストロベリーナイト』、
『奥様は取り扱い注意!』、
『パディントン発4時50分』
などがあります。


『ストロベリーナイト』では、
殺人犯として登場しました。


自分の息子のような存在の
青年を守るために人殺しをし、
彼に容疑がかからないように
自分の腕まで切断する男性を演じていました。


そして最後は、
ホームレスのテントで亡くなっている
という役でした。


ドラマの最終話にだけ
登場する役柄だったのですが、
印象に残りました。


そして『パディントン発4時50分』では、
富豪の専属医師を演じており、
殺人犯でもありました。


タバコを吸う仕草に特徴があり、
そこから犯人であることが判明する
という役柄でした。


ドラマを通して、
良い人で誠実そうなイメージでしたが、
最後には犯人であることがわかる
という衝撃的な展開でした。


石黒賢さんは、
作品の中で印象的な役柄を演じることが
多い俳優ですね。


今回の『コンフィデンスマンJP』でも
第3話のみの出演です。


どのようなトリックで、
城ヶ崎善三が騙されるのかが注目です。


また騙された時に、
どのような演技をするのか楽しみです。


関連記事: コンフィデンスマンJPのダー子役の女優は誰?

スポンサーリンク


最新情報をチェックしよう!