今日から俺は!の伊藤真司役の俳優は誰?

ドラマ『今日から俺は!』の
伊藤真司役は誰なのでしょうか?

『今日から俺は!』は、
80年代の高校を舞台とした物語です。

転校先でツッパリ人生をスタートさせる
男子高生の面白おかしい青春を描いています。

主人公が転校初日から衝突するのが、
同じクラスに転校してきた伊藤真司です。

スポンサーリンク



今日から俺は!の伊藤真司役の俳優は誰



『今日から俺は!』の舞台は80年代です。


80年代といえば、
高校にはヤンキーがいて
喧嘩を毎日しているというのが
当たり前の時代でした。


そんなヤンキーに憧れている高校生がいました。


『今日から俺は!』の主人公・三橋貴志は、
そんなヤンキーに憧れる高校生の一人です。


引越しをきっかけに転校することになった
三橋高史は今度はツッパリ人生を歩もうと決めていました。


そこで、
転校する前日に
理容室に行って金髪パーマ頭にします。


その理容室に三橋高史と
同じ目的で来ていた人物がいました。


それが伊藤真司です。


伊藤真司役の俳優は健太郎さんです。


健太郎画像


伊藤真司は、
髪を上に立てたトンガリ頭に
してもらっていました。


お互いド派手になった自分に
満足して帰りました。



翌日三橋高史と伊藤真司が、
偶然にクラスメイトであることが発覚します。


お互いツッパリになりたてである
ことを知っているので、
互いに意識して初日から喧嘩して始めます。


そんな転校生をクラスの多くは
遠巻きに見ていました。


ですが、クラス内にいた元々のツッパリ達は、
新人をいびろうと三橋を屋上に呼び出します。


ツッパリたちが三橋を殴ろうとした時に
伊藤が現れます、


助っ人に来てくれた伊藤に対して、
三橋は
「どうして来た?」
と文句を言います。


そこで元々のクラスメイトのツッパリを
そっちのけで、
2人の喧嘩になってしまいます。


クラスメイトが引くほどの大げんかになりました、


ここから三橋と伊藤のライバルであり、
友人(微妙な)関係がスタートします。



伊藤が驚いたのはm
三橋の底知れぬ卑怯さです、


伊藤は三橋をよく知るにつれ、
敵に回したくないと考えると思います、


三橋は本気で喧嘩が強く、
さらに自分が勝つためなら
どんな卑怯な手段も平気で使うからです。


要するに常識の通用しない相手です、


誰でもやばいと感じるはずです、


スポンサーリンク




伊藤真司役の健太郎とは



伊藤真司役の健太郎さんは、
最近あちこちのドラマで見かける若手俳優です。


健太郎さんが『今日から俺は』で演じるのは、
主人公のライバルで親友という重要な役柄です。


ドラマの舞台は、健太郎さん本人が、
まだ生まれていない80年代なので、
当時のツッパリをどう再現するのか気になります。


健太郎さんは、
1997年6月30日生まれの
20歳の若手俳優です。



とても注目されている俳優で、
出演作には、
『昼顔』、
『私結婚できないんじゃなくて、しないんです』、
『レンタルの恋』、
『アシガール』、
『BG』などがあります。


『昼顔』では、斎藤工さんが演じる
高校教師の北野の教え子でした、


家に両親がいないことから、
やさぐれた高校生役として出演していました。


『私結婚できないんじゃなくて、
しないんです』では、
硬派な爽やかイケメン役として出演していました。


主人公の初恋相手で回想シーンで出てくる
昔の好きな男の子・桜井くん役でした。


いたって真面目な青年という感じで、
こんな子がいればモテるのは間違いない
という感じでした。


そして木村拓哉さん主演のドラマ『BG』では、
最終話で主人公達の後輩役として出演していました。


NHKで放送された『アシガール』では、
戦国時代の若い殿様の役で、
現代からやって来た女子高校生に
惚れられるイケメン城主の役でした。


家督争いや隣国との戦など
様々な困難に戸惑いながらも
立ち向かう健気な若者でした。


最後に現代から来たJKとの恋が成就する
ところも物語としてよかったです、


やっぱりハッピーエンドがうれしい。



さて、
今回『今日から俺は!』で、
健太郎さんが演じることになったのが、
ツッパリ男子高校生役です。


漫画の実写化で、
原作ではトンガリ頭をしています。


それをどこまで再現するのか楽しみです。



きっと福田雄一さんが演出なので、
再現性が高いと思います。


楽しみです。


80年代のツッパリの世界を描いた
『今日から俺は!』には、
その時代を全く知らないメンバーが
大勢出演します。


80年代でもさすがに漫画のような日常が
会った人は少ない(たぶん)と思うので、
実感として共感できる人はそれほどいない
のではないかと思います。


『斉木楠雄の災難』のような
ファンタジーにはならないとはずですが、
どう料理するんだろう。


そして健太郎さんは、
どう料理されるんだろう。


楽しみです!


関連記事: 今日から俺は(実写)で主人公の三橋貴志役を演じる俳優は誰?

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。