半分、青いで助監督の森山涼次役の俳優は誰?


ドラマ『半分、青い。』の【人生・怒涛編】の
映画会社「クールフラット」の助監督の
森山涼次役の俳優は誰なのでしょうか?

2018年度春のNHK連続テレビ小説
『半分、青い。』は、
主人公の楡野鈴愛役を永野芽郁さんが演じ、
上京し出会う人々の1人が、
森山涼次です。

スポンサーリンク



半分、青いの助監督の森山涼次役の俳優は誰


NHK朝の連続テレビ小説
『半分、青い。』の主人公の楡野鈴愛は、
漫画家になるという夢のために、
売れっ子漫画家の秋風羽織を
頼って上京しました。


鈴愛の上京をめぐって、
最初は心配する家族に反対されましたが、
鈴愛はあきらめずに説得し、
上京して秋風の事務所
「オフィス・ティンカーベル」で
働くことになりました。


そして東京で過ごすうちに、
鈴愛は色々な人と出会っていきます。


その1人が森山涼次です。


森山涼次役を演じる俳優は、
間宮祥太朗さんです。


間宮祥太朗画像

森山涼次は映画の助監督です。


森山涼次は、
幼い頃に両親を亡くしており、
叔母に育てられました。


その叔母は、
「100円ショップ大納言」のオーナーの
“三オバ”こと藤村三姉妹です。


叔母たちは涼次を溺愛して育てました。


そのためか、
涼次には人を癒す天性の優しさがあります。


鈴愛とは、
その癒しの優しさのおかげで、
仕事で落ち込んだ鈴愛を
癒して勇気づけてくれるのかもしれません。


しかし、一方で涼次は、
飽きっぽくて何事も続かないという面があります。


もしかしたら最初は鈴愛に興味を持って
接して来るのかもしれませんが、
長続きせずに他の女性に目移りして
鈴愛から離れていくということが
起こるのかもしれません。


もしかして、鈴愛の心を乱す存在になるのかも?

スポンサーリンク



森山涼次役の間宮祥太朗とは


森山涼次役の間宮祥太朗さんは、
最近の注目俳優さんです。


『半分、青い。』では、
主人公の鈴愛の上京時のイケメンパートの
担当で出演するようです。


間宮祥太朗さんは、
中学生時代に雑誌の読者モデルをして、
それから俳優に転向しました。


2017年には、
窪田正孝さん主演のドラマ
『僕たちがやりました』、
またディーン・フジオカさん主演の
『今からあなたを脅迫します』
に出演しています。


また、映画『帝一の國』や『全員死刑』
にも出演しています。


『僕たちがやりました』では、
主人公の親友・伊佐美役を演じました。


ドラマ前半で、
主人公と仲間たちは、
他校を爆破してしまい死者を出してしまいます。


この時の罪悪感から
宇佐美は自殺をしようとしますが、
偶然助かったことで、
生きることへの執着が生まれ、
川栄李奈さんと家庭を持ちました。


そして『今からあなたを脅迫します』では、
ナンパ師のスナオを演じていました。


砂時計を使って女性を口説く様子は
キザすぎるのですが、
間宮祥太朗さんが演じると
普通にみえてしまうのが不思議でした。


スナオは軽いキャラに見えますが、
実は亡くなった姉のことを探るために
ディーン・フジオカさん演じる
千川に近づいていました。


そして、
最終話では千川と協力して
姉の仇である「雨垂れの会」との決着をつけました。


イケメンでただのチャラ男のように見えて、
実はしっかりした考えを持っているという役で、
最初は謎の青年という感じでした。


ですが回を重ねるごとに、
本当は優しい人なんだというのがわかり、
それを間宮祥太朗さんは好演していました。


『半分、青い。』では、
主人公と出会う助監督役で、
人を癒す力がある人物ということなので
鈴愛もその魅力に惹かれるのではないでしょうか。


ドラマ『半分、青い』は、
主人公の楡野鈴愛の成長を描いた作品です。


主人公の鈴愛は、
色々な人と出会うことで変わっていきます。


出会う中の1人が、
間宮祥太朗さんが演じる森山涼次です。


2人がどのような形で出会って、
どのような関係になるのか、
森山涼次の登場が待ち遠しいです。


関連記事: 半分、青いで三オバの藤村光江役の女優は誰?

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。