ゼロ一攫千金ゲームの宇海零役の俳優は誰?



ドラマ『ゼロ一攫千金ゲーム』の主人公の
宇海零役の俳優は誰なのでしょうか?

『ゼロ一攫千金ゲーム』の原作は、
漫画『カイジ』で知られる
福本伸行さんの人気コミック
『賭博覇王伝 零』です。

若者たちがテーマパークで
一攫千金ゲームを命がけで行う
というストーリーです。

スポンサーリンク



ゼロ一攫千金ゲームの宇海零役の俳優は誰


『ゼロ一攫千金ゲーム』の
宇海零は進学塾で、
中学生に勉強を教えている非正規教員です。


普通の塾講師で普通の出で立ちでしたが、
宇海零は裏の顔がありました。


それは弱者を救う義賊という顔でした。


現代社会は人は皆公平と言いつつも、
強者と弱者が存在し、
時には弱者が虐げられることもあります。


そんな弱いものを救うのが、
彼の裏の顔でした。


この宇海零を演じるのは
加藤シゲアキさんです。


加藤シゲアキ画像

そんな宇海零は、
とあるゲームに参加することになりました。


それは建設中の「ドリームキングダム」
というテーマパークで行われる
秘密のゲームです。


開催するのは、
裏社会に影響を与えていると言われる
通称「金神」こと
在全無量(ざいぜんむりょう)です。


なんと賞金は1000億円で、
参加者は秘密裏に集められた若者たちです。


そこで行われるゲームは、
体力だけでなく知力や心理戦、
運が試されるゲームです。


そして零はこのゲームに参加することで、
なるべく被害者を少なくしつつ、前に進もうとします。


このゲームに集められた若者は、
何かしら問題を抱えているようです。


借金があったり、
身内に重病人がいてお金が必要だったり、
犯罪者で出国のために
お金が必要なものもいるかもしれません。


そんなゲームのメンバーに
なぜ宇海が入っているのかというと、
弱者を救うためなのではないかと思います。


そもそも宇海が義賊になった理由も不明です。


過去に在全無量により
家族が酷い目にあったりしたのかもしれません。


そのため、
同じように在全無量に
苦しめられている人たちを助けることで
復讐の機会を狙っているのかもしれません。


宇海は塾講師ですが、
実は天才的な知能と勝負力を持っています。


サバイバルゲームでは、
裏の裏を読んで
うまく切り抜けるのではないでしょうか。


スポンサーリンク



宇海零役の加藤シゲアキとは


宇海零役の加藤シゲアキさんは、
ジャニーズのアイドルグループ
“NEWS”のメンバーとして活躍しています。


加藤シゲアキさんが演じる
宇海零は天才勝負師です。


心理戦もあるということなので、
細やかな演技が必要なシーンもあると思います。


加藤さんが、
どのように演じるのか楽しみです。


加藤シゲアキさんは、
アイドルとして活動しながら
執筆活動もしており、
2011年に『ピンクとグレー』で、
小説家デビューもしました。


この小説は映画化もされ、
その後も『傘をもたない蟻たちは』
という小説もドラマ化されました。


そして本人は俳優活動もしており、
さまざまな作品に出演しています。


出演作には、
『盲目のヨシノリ先生』、
『嫌われる勇気』
などです。


『盲目のヨシノリ先生』は。
2016年の「24時間テレビ」の
スペシャルドラマで
実在の先生の半生を描いたストーリーでした。


加藤シゲアキさんは、
主人公のヨシノリ先生を演じており、
全盲の役柄を熱演していました。


一度、視力を失うことでやる気が全くなく、
落ち込む先生でしたが、
妻の支えもあり、
全盲ながらもう一度教壇に立つことを決めます。


目が見えないという演技は
頭で考えるだけではうまくできない
と思います。


ですが、
加藤シゲアキさんは、
本当に目が見えないかのようでした。


そして、
2017年放送のドラマ『嫌われる勇気』では、
香里奈さんが演じる
主人公の蘭子のバディをしていました。


独自の捜査をする蘭子に
振り回されてばかりの頼りない刑事でしたが、
最後には単独で犯人を捕まえるなど
刑事としての成長も描かれていました。


加藤シゲアキさんはアイドル活動もし、
作家、俳優もこなすマルチな人物です。


今回のドラマ『ゼロ一攫千金ゲーム』の
主演をどのように担うのか楽しみです。


加藤さんは、
俳優目線と作家目線を持っているので、
役作りも楽しみですね。


どんな風に役作りしたのかも、
教えてもらいたいです。


『ゼロ一攫千金ゲーム』では、
人の良さそうな加藤さんのイメージと違って、
強気な勝負師を演じるようなので、
これまでに見たことのない表情や
演技が見られるのではないかと期待しています。


また、主人公の宇海零は、
サバイバルゲームを繰り広げる中で、
周りも自分も救おうとします。


どのように生き残っていくのか楽しみです。


最後にはスカッとしたいです!


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。