健康で文化的な最低限度の生活の義経えみる役の女優は誰?

健康で文化的な最低限度の生活の義経えみる役の女優は誰?


ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』の
義経えみる役の女優は誰なのでしょうか?

『健康で文化的な最低限度の生活』は、
新人公務員が生活保護受給者の
ケースワーカーとして奮闘する姿を
描いたストーリーです。

スポンサーリンク



健康で文化的な最低限度の生活の義経えみる役の女優は誰


ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』の
主人公の義経えみるは新社会人です。


安定志向で平穏に仕事をしようと
公務員になりました。


そんな主人公・義経えみるを演じるのは、
吉岡里帆さんです。


義経えみる役の吉岡里帆画像

彼女が配属されたのは、
生活保護支援者をサポートする
ケースワーカーとしての仕事でした。


最初は思っていた仕事内容でなかったため、
戸惑う義経えみるでしたが、
生活保護を受給する人々と接するうちに
徐々に気持ちが変わっていきます。


えみるの仕事は、
生活保護受給者を自立させることです。


彼女が担当するのは、
110世帯の生活保護受給者です。


それぞれにそれぞれの事情があり、
生活保護での生活を余儀なくされました。


家庭によって事情も様々なので、
自立に導くのも簡単ではありません。


しかし、
彼らは普通に生活していただけなのに
どこかで何かが狂い、
元の生活に戻れなくなった人たちです。


元どおりというわけにはいきませんが、
少しでも前に進むために、
義経えみるは彼らの気持ちに寄り添い、
解決策を見出そうと、
仲間と共に奔走します。


義経えみるは、
担当する人たちのために
力を尽くしていきますが、
最初から正義感が強かったわけでは
なかったようです。


ケースワーカーの仕事も、
役所で配属されることになり、
突然決まりました。


当初は新社会人として、
割り当てられた仕事を
無難にこなそうという考えだけだった
ようです。


しかし、とある事件が起きます。


それをキッカケに、
義経えみるは、
生活受給者の自立サポートに
意欲的になります。


彼女は心から生活保護受給者を
「助けたい」と思うようになり、
そしてその熱意に賛同する先輩や
上司に支えられ、
一人前のケースワーカーに成長していきます。

スポンサーリンク



義経えみる役の吉岡美穂とは



義経えみる役の吉岡美穂さんは、
2017年からドラマで見ないシーズンがないほど
人気の女優さんです。


吉岡里帆さんは、
2013年から女優活動を始めました。


生年月日は、
1993年1月15日で25歳です。


最近の女優さんは、
とアイドルから転向したり、
美少女グランプリで受賞したり、
モデル出身だったりする方が多い中、
吉岡里帆さんは、
幼い頃から演技に関心を持ち、
俳優養成所や小劇場を経験してきました。


2016年に放送された
朝の連続テレビ小説『あさが来た』で、
主人公の娘が入った寮の同室の同級生の役で、
一躍人気者になりました。


その後立て続けに連続ドラマに
出演するようになりました。


出演作には、
『ゆとりですがなにか』、
『メディカルチームレディ・ダ・ヴィンチの診断』、
『カルテット』、
『ごめん、愛してる』、
『きみが心に棲みついた』
などがあります。


印象的だったのは、
『メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断』で
吉岡美穂さんが演じた
研修医の田丸役でした。


主人公の志帆に患者の診断のために
雑用を色々頼まれると、
愚痴を言いつつも従っていました。


それでも患者さんが治ると
満足そうだったので、
それは医者としての顔だなと思いました。


その次に出演したドラマ『カルテット』では、
魔性の女を演じていました。


最初はレストランのウェイトレスとして
登場しました。


その後高橋一生さんが演じる
家森の誘いを楽しむように受け流し、
お金欲しさに松たか子さんが演じる
真紀の正体を探ろうと盗聴しようとしたり、
真紀のバイオリンを盗もうとまでする
女の子を演じていました。


いつも笑顔なのに
目だけが笑っていない感じで、
計算高い魔性の女でした。


最終回では、
本当にお金持ちの外人に嫁いだようで
「人生ちょろかった」
と豪語していたのが印象的でした。


このドラマでは、
罪悪感もないようにニコニコしながら、
自分の欲望のためだけに生きる様子が
目を引きました。


個人的には、
地獄に落ちて欲しかったです。


一方、『きみが心に棲みついた』では、
小心者でいつもビクビクしている
キョドコを演じていました。


大学時代に好きだった先輩に振り回され、
いつも脅されてビクビクしていて、
『カルテット』の有朱とは
正反対でした。


見ているとちょっとイラッとする小心者の役でした。


吉岡里帆さんは、
若手ながらも演技力の高いと
評価されている女優です。


『きみが心に棲みついた』に引き続き、
今回のドラマでも主人公を演じるので、
どんな演技が見られるのか楽しみです。


ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』は、
ひとりの新米ケースワーカーの奮闘を
描いたストーリーです。


主人公の新人ケースワーカーの
義経えみるを演じるのは、
注目女優の吉岡里帆さんです。


等身大女子が、
生活保護受給者と触れ合うことで、
成長していく様子をどう演じるのか楽しみです。


原作漫画の試し読みもできます。


関連記事: 健康で文化的な最低限度の生活の試し読み!吉岡里帆ドラマ原作漫画

関連記事: 健康で文化的な最低限度の生活で同期の栗橋千奈役の女優は誰?

スポンサーリンク


健康で文化的な最低限度の生活カテゴリの最新記事