健康で文化的な最低限度の生活の半田明伸役の俳優は誰?


ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』の
半田明伸役の俳優は誰なのでしょうか?

ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』は、
新人ケースワーカーが
生活保護受給者のために
奮闘する姿を描いたストーリーです。

主人公の新人ケースワーカーを
サポートするのが半田明伸です。

スポンサーリンク



健康で文化的な最低限度の生活の半田明伸役の俳優は誰



最近は生活保護受給者について、
ニュース番組で取り上げられることが
多くなりました。


子供が小さくて預ける場所もなく
働きたくても働けない人、
事業に失敗し生活保護を受けないと
生活が成り立たない人、
病気で働けない人など、
事情は人それぞれです。


そんな人々の生活の改善や
自立を促すのがケースワーカーです。


『健康で文化的な最低限どの生活』の
主人公・義経えみるは、
ケースワーカーの1人です。


彼女はケースワーカーになりたくてなった
というわけではありません。


安定を求めて公務員になったところ、
配属された先が、
生活保護受給者のサポート部署でした。


義経えみるは、
生活保護を受ける人々の実態が
当初よくわかりませんでした。


しかし、配属されてすぐに
110世帯の生活保護受給者を担当することになります。


そして最初は戸惑う彼女でしたが、
職場の先輩で教育係の
半田明伸の力を借りて成長していきます。


半田明伸役の俳優は井浦新さんです。


半田明伸役の井浦新画像

半田明伸は穏やかですが、
実は受給者の自立支援に
強い熱意を持っており、
何も知らないえみるに色々と指導してくれます。


半田明伸は、
ケースワーカーとして優秀で
優しい人なのですが、
さらっと嘘をついたり、
冷淡な部分もあり、
ちょっと不思議な人です。


井浦新さんは、
白黒つけられないような役には
ぴったりだと思います。


スポンサーリンク




半田明伸役の井浦新とは



半田明伸役の井浦新さんは、
モデルとしても活躍していました。


ファッション誌はもちろん、
パリコレにも参加したことがあります。


まだファッションデザイナーとしても、
自身のブランドの
「ELNEST CREATIVE ACTIVITY」
を立ち上げ運営されています。


またNHK Eテレ『日曜美術館』で
司会者を務め、
美術に対する造詣の深さを表しました。


俳優としては、
数多くのドラマや映画にも出演し、
出演作には映画『ピンポン』、
『蛇にピアス』、
ドラマ『リッチマン プアウーマン』、
『探偵の探偵』、
『アンナチュラル』
などがあります。


印象的だったのは、
『蛇にピアス』で演じた
彫り師のシバ役でした。


全身に刺青を入れており、
顔にはピアスをしている
独特な見た目でした。


そして、
『リッチマン、プアウーマン』では、
事業で成功した若手社長の右腕の
朝比奈役を演じていました。


おしゃれなスーツにメガネがよく似合い、
さすがモデルという感じでした。


朝比奈は、
インテリ系で優しそうでしたが、
会社の乗っ取りを考えており、
最後に親友を裏切りました。


そんな悪事をした朝比奈でしたが、
結局うまくいかずに全てを失ってしまいます。


穏やかな顔の裏に
腹黒い考えを隠し持っていて、
でもうまくいかない様子は
どこか憎めない役作りをしていました。


2018年1月期のドラマの
『アンナチュラル』では、
口が悪い解剖医の中堂系の役でした。


中堂系は、
恋人を過去に殺されるという
衝撃的な経験をしていました。


そして、
過去の恋人の死の真相を探るために
1人で事実を探していました。


その後主人公のミコトとともに
真犯人を探し出し、
ミコトが犯人を自白を引き出した時に
「よし!」と満足した表情が印象的でした。


また、
あそこまで亡くなった恋人のことを
想っているなんて素敵だなと思いました。


井浦新さんが、
今回『健康で文化的な最低限度の生活』で、
演じるのは、
ベテランケースワーカーです。


どんなケースワーカーなのか、
主人公にどんなアドバイスをするのか
気になります。


現代の社会問題を、
ケースワーカーの目線から描いたドラマが
『健康で文化的な最低限度の生活』です。


知っているようで知らない
生活保護というシステムの実態も
知ることができるのではないかと
楽しみです。


半田明伸がかけている
メガネのブランドはこちらでご確認ください。


関連記事: 健康で文化的な最低限度で井浦新のメガネのブランドや価格は?店は?


関連記事: 健康で文化的な最低限度の生活の義経えみる役の女優は誰?

スポンサーリンク


最新情報をチェックしよう!